スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
2008年,今年のベスト!
2008 / 12 / 31 ( Wed ) 18:26:16
いきなりですが,私,前の記事,てきとーに書いてました。

>あれもいいし,これもいい。
1人でわくわくしています(*^_^*)

これね,よくよく見たら,「あれ」も「これ」も,全部去年読んだ作品だった(>_<)
去年と今年の区別がつかなくなっている私。。。。

んでもって,気を取り直して。

今年は60冊前後しか読んでません。
そして,☆が5つという作品は1つもありません。
何だか低空飛行な読書ライフだったようで。
ま,そんなときもあるよね。

でもでもそんな中で,今年印象深かったのは…

【上橋菜穂子】闇の守り人
【吉田修一】パレード
【トム・ロブ・スミス】チャイルド44

の3作品!
おめでと~\(^o^)/

次点は,

【伊坂幸太郎】ゴールデンスランバー
【藤原伊織】テロリストのパラソル

の2作品♪
がんばりました\(^o^)/

…って,ちょっとエラそう(*^_^*)

来年は,もうちょっとたくさん本が読めればいいなぁ。

今まで私,「そのうち読めばいいや」とのんびり構えていたところがあったのですが,
何だか最近,読みたいと思った本はすぐに読みたい!という気になってます。
明日,何があるか分からないしねっ☆
むふふ。来年は新刊本でも読みたい本は買っちゃうぞ♪
それくらいの贅沢,いいよね?(いいのか?^^)

ということで,来年が楽しみ楽しみ(*^_^*)

今年一年,こんなにまったりとしたブログにお出でくださり,本当にありがとうございました。
なかなか更新できなくて,私自身,ちょっと気持ち離れたときもありましたが。
お久しぶりの方にお会いできると心が弾んで。
初めましての方にお会いできるとありがたくて。
そして,いつも来てくださる方のお顔を拝見すると,気持ち和んで,うれしくて。
振り返ってみると,やっぱり楽しいことしか思い浮かばないブログ生活だったと思います。

言葉では言い尽くせない感謝を込めて,遊びに来てくださった方々にを♪




















皆様のご健勝を心よりお祈りいたします。

来年も,おつき合いいただけたら幸いです。

                        ☆そら☆彡
スポンサーサイト

テーマ:お気に入りの本 - ジャンル:本・雑誌

ブックランキング TB:1 CM:8 admin page top↑
んでもって、今年のベスト!
2007 / 12 / 31 ( Mon ) 23:28:11
全123冊中、今年一番印象深かったのは、何と言っても五條瑛と金城一紀♪

五條さんの作品は、どんどんのめり込みました。あ、今も『夢の中の魚』を読んでいるところだ。
なんか、五條さんに始まり、五條さんに終わった年だったような気がします。

そんな中、鮮烈な印象を残したのが金城一紀さん。
『映画篇』ですっかりはまり、ゾンビシリーズや『対話篇』にも手を出しました。
全作品を読んでみて、やっぱり『映画篇』が秀逸だったと思う私。
忘れられない作品になりそうです。

ということで、今年のベスト3!

【五條瑛】スリー・アゲーツ
【金城一紀】映画篇
【浅田次郎】蒼穹の昴

五條瑛は革命シリーズにしようかどうしようか迷いましたが、「まだまだこれから」な革命シリーズに比べて、完成度が高かったスリー・アゲーツを挙げてみました。

次点は、

【今野敏】隠蔽捜査
【吉田修一】悪人
【垣根涼介】サウダージ

かな。
どれもこれも、ちょっとクセのある、印象深い本でした。

今年は、いつも以上にスピード感を求めていたような気がします。
なので、ちょっとしっとり系は、そういえばここにはないなぁ(^^;)
人も本も一期一会。
来年は、どんな本と出会えるでしょう。
すごく楽しみ\(^o^)/

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

ブックランキング TB:0 CM:4 admin page top↑
今年のベスト!
2006 / 12 / 30 ( Sat ) 21:18:35
今年読んだ本は全部で104冊。
今年もたくさんの本との出会いがありました。
新聞小説『メタボラ』を無事読了できたことも、
今年の大きな出来事でした。

ブログを通して、たくさんの方と本のお話ができたこと。
いろんなお話ができたこと。
とても幸せな一年でした。
今年もお世話になりました。
ホントにありがとうございました\(^o^)/

今年、私が☆を5つつけた作品は、5冊です。
梨木香歩『裏庭』
高村薫『黄金を抱いて翔べ』『リヴィエラを撃て』『照柿』
矢崎存美『ぶたぶたの休日』

…そのときの気分ですからね。今思うと、『黄金を抱いて翔べ』や『照柿』は、それほどでも…って気もするんですけど(^^;)
だけど、梨木さんと高村さんは、私の中では特別です。
お2人とも、私がいつもは心の奥にしまっている「何か」に触れてくる、そんな感じがしています。

う~ん、順番をつけるのはとても難しいのだけれど。

今年のベストはこれ!

1,高村薫『リヴィエラを撃て』
2,梨木香歩『裏庭』
3,矢崎存美『ぶたぶたの休日』

以下、順不同
  恩田陸『蒲公英草紙』
  梨木香歩『家守綺譚』  
  乙一『しあわせは子猫のかたち』
  垣根涼介『ワイルド・ソウル』
  真保裕一『ホワイトアウト』
  森絵都『DIVE!!』
  伊坂幸太郎『チルドレン』
  
そのほかにも、恩田陸の『三月は深き紅の淵を』シリーズも魅了されましたし、荻原浩の作品も楽しませていただきました。
伊坂幸太郎の『陽気なギャング…』もすごく好きでした。

ホントに素敵な本に恵まれた1年でした。

来年も、楽しい読書ができますように♪

皆様にとって素敵な一年となりますように♪

そして、また来年もおつき合いいただけますように♪

よいお年をお迎えください。
ブックランキング TB:0 CM:12 admin page top↑
2005年、今年のベスト♪
2005 / 12 / 29 ( Thu ) 20:55:46
さて、やっと大掃除も終わったことだし、ゆっくり今年のベスト本などを考えてみようかな

ブログを始めてからお知り合いになり、毎日のようにお邪魔しているアトマツさんちのブログがおもしろそうだったので、マネッコしてみます。

パンパカパーン

最優秀作品賞      : マークスの山(ハードカバー版)

最優秀主演男優賞    : 博士、吉村貫一郎                         (博士の愛した数式、壬生義士伝)

最優秀主演女優賞    : 緑子(月神の浅き夢)

最優秀主演子役賞    : トシオ(虹の谷の五月)

最優秀ぬいぐるみ賞   : 山崎ぶたぶた(ぶたぶた)

最優秀助演男優賞    : 李歐(李歐)

最優秀助演女優賞    : イチゴちゃん(下妻物語)

今年注目しましたで賞  : 高村薫、奥田英朗、高野和明
      
皆さん、おめでと~

今年はいい作品にたくさん出会えたと思います。
高野さんも奥田さんも、今年初めて出会った作家さんなのよね。
もうすっかり私の中の常連さんです。
高野さんはこれからも注目したい作家さんだし、
奥田さんはとても好き♪
高村さんは、ず~っと読むのを避けていたのがもったいなかったと思うぐらい、高村ワールドに魅了されました。ハイ。

うっ。ここに挙げた作品のことを話し出すと止まらなくなりそうなので、この辺で

来年もいい出会いがありますように♪
ブックランキング TB:1 CM:12 admin page top↑
東野圭吾 マイベスト
2005 / 10 / 15 ( Sat ) 14:35:45
トラキチさんのMy Best Books!
今回は東野圭吾さんに参加させていただきます。

投票期限が今日までなんですって。
そんなのを知ったら、何だか急に投票したくなってきた(笑)

東野さんは多作の作家さんですから、まだまだ読んでいない本も多いのですが、私の好きなのはこんな感じ。

1.秘密
2.手紙
3.トキオ


「秘密」は心理描写が自然であったと思います。とても心に響きました。東野さん、いいかもと思った作品でした。

「手紙」は考えさせられるテーマであり、また答えのない分、自分はどうする?と自問する物語であったと思います。社会の安心と個人の幸せと。「相反するベクトルが引き裂かれることなく豊かに調和する」(by 梨木香歩)ことの難しさを思った作品でした。

「トキオ」はね。読んだときはそれほどいいとは思いませんでした。拓実に随分イライラさせられたし。だけどもやはり、構成の美しさとトキオのいじらしさに1票♪

ほかには、「白夜行」「幻夜」「悪意」「宿命」「変身」を読んでいます。
まだまだこれから読んでいくと思います。
楽しみです。
ブックランキング TB:1 CM:7 admin page top↑
奥田英朗 マイベスト3
2005 / 10 / 07 ( Fri ) 14:45:44
トラチキさんのMy Best Books!に参加させていただきます。

奥田さんの作品は、「イン・ザ・プール」が初めてでした。
本屋さんで立ち読みしていたのですが、おもしろくて、ついつい衝動買い。単行本の新刊を衝動買いするなんて、私にはなかなか(というか、ほとんど)ないことです。
ということで、1位はやっぱり「イン・ザ・プール」。

1.イン・ザ・プール

2.最悪

3.空中ブランコ

の順番で。

「空中ブランコ」と「イン・ザ・プール」、どちらも甲乙つけがたいのですが、最初に読んだ「イン・ザ・プール」の衝撃度が大きかったです。
「最悪」は、これまた違った意味のおもしろさでした。最悪なお話のはずなのになぜか後味のいい作品でした。ほかでは味わえない読後感だと思います。

上記のほかに、「マドンナ」と「邪魔」を読んでいます。
「邪魔」は主婦及川恭子がびっくりでした。
「マドンナ」は全編作者の目が温かく、読後感がよかったです。
うわさの(!)「サウスバウンド」はまだ読んでいません。
読んだら順位も変わってくるかもしれませんが、
いつ読めるか分からないので、これで投票♪です。
ブックランキング TB:1 CM:10 admin page top↑
横山秀夫ベスト3
2005 / 07 / 08 ( Fri ) 17:54:55
という企画ものがありました。
トラキチさんという方のMy Best Booksというブログです。

同じ作家さんの本を3冊読んでいれば参加オーケーということなので、
お言葉に甘えてちょっと参加させてもらおうかな~。

ちなみに私は今まで「半落ち」「第三の時効」「顔」「影踏み」を読んでいます。
(あらま~、本当にギリギリ)

で、少ない中で順番つけると、
①半落ち、
②第三の時効、
③顔
かしらね。さくっと決定。

これ、読んだ順でした。今まで気づいてなかったけど。
だんだんテンションが下がってしまったのだなぁ~と改めて納得。

当該ブログでは「クライマーズ・ハイ」がおもしろそうなので、
手に取ってみようかな~と思ったのでした。
ブックランキング TB:5 CM:4 admin page top↑
上半期ベスト5
2005 / 06 / 26 ( Sun ) 21:04:55
今年も半年過ぎました(早っ!)

私が半年間で読んだ本の中から、ベスト5を選んでみました。
ちなみに、半年間で53冊読んでます。

①「虹の谷の五月」船戸与一
②「博士の愛した数式」小川洋子
③「手紙」東野圭吾
④「下妻物語」嶽本野ばら
⑤「ダ・ヴィンチ・コード」ダン・ブラウン


まだほかにもあれもこれも印象的だった本はあるのだけれど、
今の気分だとこんな感じ。
①②はダントツ。
③④⑤は、実は順番なんてないようなものです。どっちが上なんて決められない。

今読んでいる「模倣犯」は長~いお話なので、
これを読み終わるまでに、5冊とも紹介できればいいな~なんて思っています。
ブックランキング TB:0 CM:8 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。