スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「あちん」 雀野日名子
2010 / 04 / 01 ( Thu ) 14:52:20
優しい読後感の幽霊譚。
幽霊って,ホントはいい人たちなのよね~なんて思います。

★★★★☆

第2回「幽」怪談文学賞、大賞受賞作がいよいよ刊行。
第2回「幽」怪談文学賞短編部門大賞受賞作「あちん」を含む全5編収録
実話と小説の狭間を自在に行きかい、平凡な暮らしに滲み出す怪異を端正に描く。
暗い雨の日には、お城あとのお堀ばたに近寄ってはいけない。オホリノテが這い出すから――現代の福井を舞台に、平凡な公務員・奈津美が出会う怪異を、端正な筆致で描き出す怪談文芸。雨の日に這い出す藻草、タブノキの下に埋まっているもの、午前2時19分に鳴る公衆電話、島に流れ着く霊……実話と物語が、不穏に交錯する。(Amazonより)



実話と物語の交錯…っていうより,
都市伝説(?)を巡る悲しいお話…でした。

続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

雀野日名子 TB:0 CM:0 admin page top↑
「トンコ」 雀野日名子
2009 / 02 / 18 ( Wed ) 09:38:55
長女が友達から借りてきた本です。
雀野さんというお名前も,失礼ながら初めて聞きます。
ちょっとね,グッときました。


★★★★☆

高速道路で運搬トラックが横転し、一匹の豚、トンコが脱走した。先に運び出された兄弟たちの匂いに導かれてさまようが、なぜか会うことはできない。彼らとの楽しい思い出を胸に、トンコはさまよい続ける…。日本ホラー小説大賞短編賞を受賞した表題作をはじめ、親の愛情に飢えた少女の物語「ぞんび団地」、究極の兄妹愛を描いた「黙契」を収録。人間の心の底の闇と哀しみを描くホラーの新旗手誕生。(Amazonより)



帯には,「『幽』怪談文学賞短編部門大賞も受賞の注目の新鋭が描く,哀しみのホラー!」とあります。
哀しみのホラー。。。うん,そうだね。


【こちらの記事も♪】
ポコアポコヤ


続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

雀野日名子 TB:1 CM:8 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。