スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「きもの読本」 中原淳一
2012 / 11 / 29 ( Thu ) 22:02:58
「中原淳一」って,戦前に流行っていた(らしい)少女小説の匂いがします。

お洒落でかわいい「きもの乙女」の絵が満載された、淳一ファン待望の一冊! 美しい着つけのためのアドバイスや髪型のアレンジの仕方、きものの文様の解説などのエッセイを収録。(Amazonより)


私,レトロな着物が好き…ということもないので,
ふんだんな挿絵には,「ふーん」くらいの印象ですが。

着物のよさに始まって,
ヘアメイクの仕方から,着付けの極意(?)まで,
懇切丁寧に書かれていて,
なかなか充実していました。

実は私,このエッセイを読んでいて,軽く動揺したことが。

本文中,ぐだぐだに着物を着付けてきた女性の着付けを直してあげたというくだりがありまして。
しかも肌着から!

奥さんでも恋人でもなさそうな,
着付けをイチからやり直してもらった女性。
「私のところによく訪ねてくる,働く若い女性のグループ」の1人だとか。

…えっ!中原淳一って女性だったの?と思ってしまった私。
どうやられっきとした男性らしい(^^;)

中原淳一ってどんな方だったのかしらん。

今で言うとIKKOさんみたいな感じ?
それでも肌着からはナシだよなぁ。。。。

なんて,ヘンな方向に妄想が膨らんだのでした。

その後の
「とにかくきものは,ピチッと,そしてきっちり着てやろうと心得てください。そして何度も何度も自分で着ているうちに,自分にどんな着付けが似合うかを自然に覚えてしまうのです」
が霞んでしまったのでした。…あはは!



スポンサーサイト
着物関連 TB:0 CM:2 admin page top↑
「着物いろはがるた」 近藤ようこ
2012 / 10 / 10 ( Wed ) 22:54:37
最近,スクーターで30分のところに大きな本屋さんができました。
本屋さんの隣にはコーヒー屋さん。
でもって,未購入の本をコーヒー屋さんに持ち込み可能。
ブックカフェ…ってやつですね。

アイスコーヒー1杯で,
本2冊読んできました。

その1冊目。

着物のお話、あれやこれやいたしましょう。初体験から20年、着物放浪を続ける著者が集めた気になる話、集大成!楽しく読んでためになる、書下ろし漫画エッセイ。 (Amazonより)



うん。読んだんだよ。確かに。

ちゃんと読んだはずなのに。

…なんかすっかり抜けてます(^^;)

一番最後に着物スタイリストの大久保信子さんのことが書いてあって,
あー,私もこの方の着付け本持ってる♪と思った…のは覚えています。

はい,それだけです。

私の記憶力って一体。。。。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

着物関連 TB:0 CM:0 admin page top↑
着物関連いろいろ
2011 / 06 / 23 ( Thu ) 15:28:53
またまた図書館で借りた着物本。
結構充実してるってことを最近知りました(*^_^*)

【七緒 vol.6】 2006年5月発売
特集 ゆかた塾

【七緒 vol.10】 2007年5月発売
特集 ゆかた上級生
 

最近,【七緒 vol.26】が出たらしい。
ペラペラッと立ち読みしたら,何だか浴衣カタログみたいだった。
買うのはやめて,代わりに図書館で以前の夏号を借りてみた。
手作り感あふれていて,なかなか楽しかった。
ステテコの型紙が載っていたのでコピーした。
作るかどうか,わかんないけど。


【きものの仕立て方・頼み方】

「自分の正しい寸法を知る」の章目当てで借りてみたけど,
最後の「仕立てのいろはQ&A」の「寸法どおりに仕立てても大きいのはなぜ」
が興味深かった。
前回借りた【やさしい縫い方】は,私みたいに腕が長くて胸が小さい人向きなのかもしれん(とは書いてなかったけど)と思った。
まぁ,そのうち作ってみましょう♪



テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

着物関連 TB:0 CM:4 admin page top↑
着物関連いろいろ
2011 / 06 / 03 ( Fri ) 14:24:26
エイラの続編,『野生馬の谷』の上下巻を借りていましたが,
上巻100頁弱読んだところで2週間が過ぎてしまいました。

…クロマニヨン人が怖くてたまりません。。。。

ということで,何か読む気になれないまま,
ほかの図書館本を眺めていたことが多かったかな。

はい,着物関連本です。

【村松益子】美しいきもの姿のために
  にゃるほどね~。

【ほどかず,生かす 和服そのまんまリフォーム】
  着物をいったん布に戻してリフォーム
  というのはよく見るけれど,
  この本は着物をバラバラにしないで
  作り直します。
  羽織→道中着,着物→コートなどを見て,
  本には載ってなかった着物→道中着も
  結構簡単にできそうだなと思ったりして。
  膝に大きな染みのある着物があるので,
  ちょっと作ってみようかな。  

【きもの百科5 やさしく縫えるきもの】
  去年浴衣を縫ったとき,
  妙にしわが寄ってしまった「剣先」がありません。
  ぶきっちょな私には,こんな「なんちゃって和裁」
  が合ってるかも。
  この本,「羽織も着ているように見えるきもの」や
  「貝の口にもお太鼓にもなる二部式帯」,
  「妊婦さんのきもの」なんかも載っていて,
  どうやって作るんだ?と思わず頭の中で
  シミュレーション。おもしろかったです。
  襦袢や裾よけ,ブラの作り方まで載っていて,
  昔っぽい匂いがぷんぷんしているところも
  眺めて楽しい本でした。
  …で,作るのか?いや,ど~だろう?

【和のある暮らしを愉しむ 着物いろは vol.2】
  2007年の本。
  「七緒」という雑誌がありますが。
  それにとてもよく似た雰囲気の雑誌でした。
  「七緒」もいい加減ネタ切れ感があるけれど,
  毎年トレンドが変わるわけでもないからね。
  編集者も大変だろうな。

さて,これで図書館で借りてきた本が全部書けたかな。
これから返してきま~す♪


  

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

着物関連 TB:0 CM:4 admin page top↑
「きくちいま流着物生活48のワザ」 きくちいま
2010 / 06 / 22 ( Tue ) 12:16:13

ふだん着物のカリスマ・きくちいまさんと全国の着物愛好家で考えた知恵とワザ!!大人気ホームページ「いまっぺーじ」に集まった着物ラブわたしたちの着物・新ルールはコレ。 (Amazonより)



だそうです。

続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

着物関連 TB:0 CM:0 admin page top↑
「きもの365日」 群ようこ
2010 / 06 / 01 ( Tue ) 13:04:28
なんかお疲れさま。って感じのエッセイでした。

失敗、発見、ナットク! の365日「きものマラソン」大好きだけど、あくまでも着物は“非日常着”だった著者が、365日着物で暮らすという大胆な試みに挑戦! 日記形式でその顛末をつづった傑作書き下ろしエッセイ。写真・イラスト多数。オールカラー。(Amazonより)




続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

着物関連 TB:0 CM:0 admin page top↑
「キモノを着こなすコツ」 笹島寿美
2010 / 05 / 27 ( Thu ) 22:07:21
図書館の書棚に並んでいたので,借りてきました。
笹島さんって,結構理系な方な気がする(*^_^*)

★★★☆☆

「きものは骨格なり」という著者が、着つけと着こなしのコツを根本から解いた納得の一冊。「一応、着ることができても、この部分が…」といった153の質問に、図解を多く取り入れて、わかりやすく答えます。(Amazonより)



まぁ。。。。
この方のおっしゃることを一言一句そのままに着付けたら,
きっとビシッとするんだろーなー。

…細かすぎてムリがあるけど(*^_^*)

ただ,何となく。
説得力がある気がしました。
何となくだけどね(^^;)

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

着物関連 TB:0 CM:0 admin page top↑
「きものであそぼ」 遠藤瓔子
2009 / 09 / 07 ( Mon ) 11:17:15
平成14年初版のムック(というのでしょうか)。
文章がスパスパと活きがよいです。

TPO別着回しコーディネイト、究極の低予算コーディネイト、「着物のお手入れ」基本講座、オススメの着物ショップ・全国古物市情報など、楽しく着物を着るための情報を満載。ビギナーも、この一冊で着物美人! (Amazonより)



続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

着物関連 TB:0 CM:0 admin page top↑
「天使突抜一丁目」 通崎睦美
2009 / 09 / 01 ( Tue ) 12:53:42
とうとう作ってしまいました。
「着物関連」カテゴリー(^^;)

アンティーク着物の着こなしで人気のマリンバ奏者・通崎睦美。斬新な音のアーティストがつづる、「普段の京都」の美的生活エッセイ集。 (Amazonより)



着物着て,帽子かぶって,自転車乗ってる表紙がなかなかユニークです。

天使突抜(てんしつきぬけ)というのは京都に本当にある地名だそうで,
そこで育った作者さんの着物や京都やあれやこれやのエッセイです。

着物で自転車に乗って,裾,はだけないのかね~と思っていたら,本の中程にしっかりはだけた写真も載ってました。
これぞ突き抜け。かわいいなぁと,ちょっと微笑ましかったです。

マリンバって,あのプルプル震える楽器だね…と思っていたら,
それはマンドリン。
マリンバは,ホロホロ震える木琴のでっかいやつでした。
ああいう楽器も小さい頃から習っている子がいるんですねぇ。
ピアノを習わせるより,モノになる率が高いかも?

好きなものを好きと言っている,ただそれだけのエッセイです。
だからみんなも…とか,
あちらさんは大変よね~とか,
あちらもいいけど,こちらもよいよ~とか,
そんなこと言っていないエッセイです。
読んでいて,気持ちがよかったです。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

着物関連 TB:0 CM:0 admin page top↑
「浴衣の次に着るきもの」鳥羽亜弓
2009 / 05 / 14 ( Thu ) 16:25:02
これも図書館で読んだ本。
私,何時間図書館にいたんでしょう?(笑)

★★★☆☆

浴衣を脱いだら来年の夏まで着物にさよなら…じゃなくて、気楽な街着きものを着て過ごしてはいかがでしょう? 着物で暮らす日常生活を発信して好評のホームページを書籍化。01年刊を加筆訂正し、カラー頁を追加した新版。 (Amazonより)




続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

着物関連 TB:0 CM:0 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。