スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「ジウ Ⅱ」「ジウ Ⅲ」 誉田哲也
2013 / 03 / 15 ( Fri ) 19:40:00
ジウⅠ」を読んで,
「続編は読まないだろうな」と思ったけれど,
たまたま夫が持っていたので読みました。

まぁ,,,,時間つぶしにはなったかな。


連続児童誘拐事件の黒幕・ジウを威信にかけて追う警視庁。実行犯の取り調べを続ける東警部補と門倉巡査は、“新世界秩序”という巨大な闇の存在に気づき、更なる事件の予兆に戦慄する。一方、特進を果たした伊崎巡査部長は特殊急襲部隊を離れ、所轄に異動したが、そこにも不気味な影が迫っていた。 (ジウⅡ Amazonより)

新宿東口で街頭演説中の総理大臣を標的としたテロが発生。大混乱の中、伊崎基子らSAT隊員が総理の身柄を確保し、警察上層部は安堵する。だがそれは、さらなる悪夢の始まりに過ぎなかった。“新世界秩序”を唱えるミヤジと象徴の如く佇むジウ。彼らの狙いは何なのか?そして美咲と基子は―!?シリーズ完結篇。 (ジウⅢ Amazonより)



評判通り(?)おもしろくありませんでした。
…行動原理が浅いんだよね。
でも最後まで読めたので,
そこはやはり誉田さんの筆力かと思います。
視覚に訴えてくるような映像的な文章と,
テンポの早い展開は,
ちょっと魅力的でもあります。

次,期待します。

スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

誉田哲也 TB:0 CM:0 admin page top↑
「武士道シックスティーン」 誉田哲也
2010 / 03 / 29 ( Mon ) 13:22:40
爽やか系の青春小説。
誉田さん好みの肉食系女子が出てきます(笑)

★★★☆☆

「ようするにチャンバラダンスなんだよ、お前の剣道は」剣道エリート、剛の香織。「兵法がどうたらこうたら。時代錯誤もいいとこだっつーの」日舞から転身、柔の早苗。相反するふたりが出会った?。さあ、始めよう。わたしたちの戦いを。わたしたちの時代を。新進気鋭が放つ痛快・青春エンターテインメント、正面打ち一本。(Amazonより)



作者プロフィールに,「本書は著者初の,人が一人も死なない青春エンターテインメントである」とあるのが,
妙におかしかったです。
あっさりと読みやすい作品でした。




続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

誉田哲也 TB:0 CM:2 admin page top↑
「ストロベリーナイト」 誉田哲也
2010 / 02 / 15 ( Mon ) 21:30:50
あと10年以内には,スマッシュヒットが来そうな作家さんでもあるけど。
誉田さん,それまでバイバイ♪

★★☆☆☆


溜め池近くの植え込みから、ビニールシートに包まれた男の惨殺死体が発見された。警視庁捜査一課の警部補・姫川玲子は、これが単独の殺人事件で終わらないことに気づく。捜査で浮上した謎の言葉「ストロベリーナイト」が意味するものは?クセ者揃いの刑事たちとともに悪戦苦闘の末、辿り着いたのは、あまりにも衝撃的な事実だった。人気シリーズ、待望の文庫化始動。(Amazonより)



『ジウ』でも感じたのですが,この方の作品って,かなり劇画的。
いっそのこと,マンガにすればいいんじゃない?…と思ったけど,
グロい絵のオンパレードになってしまって,通勤電車の中で読むにはちとつらいものが出来上がりそうだ('◇')ゞ


【こちらの記事も♪】
新・たこの感想文
書評:まねき猫の読書日記


続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

誉田哲也 TB:2 CM:2 admin page top↑
「ジウⅠ 警視庁特殊犯捜査係」 誉田哲也
2010 / 01 / 04 ( Mon ) 19:23:31
これって,続き物だったのね('◇')ゞ

★★★☆☆

都内の住宅地で人質篭城事件が発生した。所轄署や機動隊とともに警視庁捜査一課特殊犯捜査係が出動し、門倉美咲巡査は差し入れ役として犯人のもとへ向かうが―!?篭城事件と未解決の児童誘拐事件を結ぶ少年、その背後で蠢動する巨大な事件とは?ハイスピード、未會有のスケールで描く新・警察小説。 (Amazonより)



帯に「警察小説に新たなWヒロイン誕生!!」とあるから,
てっきり門倉美咲と伊崎基子の物語かと思ったら,
どうやらそうではないみたいです。

ⅡとⅢを読んでみないと,おもしろいかおもしろくないかもわかんないなぁという感じ(^^;)


【こちらの記事も♪】
新・たこの感想文
気楽に♪気ままに♪のんびりと♪



続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

誉田哲也 TB:2 CM:4 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。