スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「七人の敵がいる」 加納朋子
2011 / 01 / 16 ( Sun ) 21:32:24
約一ヵ月前に読んだ作品です(^^;)

PTA小説…って,新しい分野じゃないの?
と思う私。
分かる分かる!という部分もあり,
違うんじゃないかなぁと思う部分もあり。

★★★☆☆

ワーキングマザーのPTA奮闘小説

育児と仕事を何とか両立してきた、ワーキングマザーの陽子。息子の小学校入学で少しはラクになるかと思いきや、PTA・学童父母会・地域子供会などに悲鳴を上げる、想像以上に大変な日々が幕を開けた……。
●入学早々、初の保護者会はPTA役員決めの修羅場に。空気を読めない陽子は、早速敵を作ってしまう。ああ、永遠に埋まらぬ専業主婦と兼業主婦の溝…「女は女の敵である」
●仕事と子育ての両立に不可欠な、義母のサポート。“孫のためなら”の影に押しやられた本音は不満だらけ!?「義母義家族は敵である」
●夫は結局、家事も育児も“他人事”。保護者会も母親の姿ばかり。働く母親にできて働く父親にできないことなんて、ないはずなのに…「当然夫も敵である」
その他、わが子や先生、さらにはPTA会長に戦いを挑む!?笑いあり、涙あり、前代未聞の痛快ノンストップ・エンターテインメント! (Amazonより)




【こちらの記事も♪】
新・たこの感想文
苗坊の徒然日記


続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

加納朋子 TB:2 CM:4 admin page top↑
「ガラスの麒麟」 加納朋子
2010 / 08 / 08 ( Sun ) 13:41:08
私がもう少し若い頃に読みたかったかも。


★★★★☆


「あたし殺されたの。もっと生きていたかったのに」。通り魔に襲われた17歳の女子高生安藤麻衣子。美しく、聡明で、幸せそうに見えた彼女の内面に隠されていた心の闇から紡ぎ出される6つの物語。少女たちの危ういまでに繊細な心のふるえを温かな視線で描く、感動の連作ミステリ。日本推理作家協会賞受賞作。(Amazonより)



ガラスの麒麟
三月の兎
ダックスフントの憂鬱
鏡の国のペンギン
暗闇の鴉お終いのネメゲトサウルス

からなる連作短編集。
「連作」の妙が冴えています。

養護教諭の神野先生は,めちゃくちゃ頭のいい探偵さんでした(笑)
罪悪感って,優しい人ほど強いんだろうなぁなんて思ったような。

この中では,「ダックスフントの憂鬱」が好きだったかな。
…何せ1ヵ月前に読んだもので,あまりよく覚えてません(汗)
ガラスの麒麟の絵って難しそうと思っていたけど,
文庫の表紙はガラスの麒麟のイラストでしたね。
プロってすごい!

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

加納朋子 TB:1 CM:4 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。