スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「食堂かたつむり」 小川糸
2010 / 07 / 31 ( Sat ) 16:09:28
うーーーーん。
素材がゴロンゴロンと生煮えのスープ…って感じ?

素材がゴロンと転がっているので,
逆に言えば,「夏休み読書感想文」にもってこいの作品かも。
ところどころえげつない言葉も出てくるので,
中学生以上対象…かな。

★★☆☆☆

トルコ料理店でのアルバイトを終えて家に戻ると、部屋の中が空っぽになっていた。突然、同棲していた恋人に何もかもを持ち去られ、恋と同時にあまりに多くのものを失った衝撃から、主人公の倫子はさらに声をも失う。たったひとつ手元に残ったのは、祖母から譲り受けたぬか床だけ。山あいのふるさとに戻った倫子は、小さな小さな食堂を始める。一日一組のお客様だけをもてなす、決まったメニューのない食堂。次第に食堂は評判になるが――五感をくすぐる瑞々しく繊細な描写と、力強い物語運びで話題を呼んだデビュー作。(Amazonより)



ついでに小川糸さんについて

小川 糸
1973年生まれ。作詞家・春嵐として音楽制作チームFairlifeに参加(Amazonより)



なるほど~。作詞家さんですか。
ときどき綺麗な文章が出てきます。

【こちらの記事も♪】

苗坊の徒然日記
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

小川糸 TB:1 CM:4 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。