スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「孤虫症」 真梨幸子
2013 / 05 / 17 ( Fri ) 22:53:44
ニョロニョロ系が苦手な方は,
読まないほうがいいと思います。
結構グロい。

★★★☆☆

第32回メフィスト賞受賞のホラーミステリ。幸せな家庭の主婦には妹にも言えない秘密があった。新興住宅地で全身に紫色の瘤が出来て死亡する奇病が発生する! 失踪した主婦の行方は? (Amazonより)



結局これ,「幸せな家庭の主婦」である主人公麻美の「本当の姿」が
描かれていません。
それがすごい!と思いました。
真梨幸子さん。
この方の作品って,読んでいるときも,読んだ後も,
何だか全然スッキリしません。
どの登場人物にも共感できないし。
なのに読んじゃうんだよね~。不思議。


スポンサーサイト
真梨幸子 TB:0 CM:0 admin page top↑
「更年期少女」
2010 / 09 / 30 ( Thu ) 13:23:57
この本,表紙が結構恥ずかしいです(笑)

★★★☆☆

池袋のフレンチレストランに集まったのは、往年の人気少女漫画「青い瞳のジャンヌ」をこよなく愛する「青い六人会」。無様に飾り立てた中年女性たちが、互いを怪しい名前で呼び合い少女漫画話と噂話をするだけの定例会だったはずが…。いつのまにやらメンバーの度重なる失踪、事故死、腐乱死体発見!ヒロインになりたい女たちの、暴走ミステリ。 (Amazonより)



だれにも共感できないまま,あれよあれよという間にいろんなことが起こり,
あれよあれよという間に物語が終わります。
そういう意味では,とても読みやすい文章だったと思います。

【こちらの記事も♪】
新・たこの感想文
続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

真梨幸子 TB:1 CM:2 admin page top↑
「ふたり狂い」 真梨幸子
2010 / 09 / 11 ( Sat ) 12:07:36
お初の作家さんです。
(まりゆきこ)さんとお読みするそうで。
(まなしさちこ)さんかと思ったよ。どちらも外した(^^;)

★★★★☆

この小説は自分のことを書いていると思いつめた男の危険な行動(「エロトマニア」)、マンションの惨劇がフラッシュバックして襲いかかる女の苦脳(「デジャヴュ」)、何者かが人の記憶操作をしていると勘繰った女の疑念(「ゴールデンアップル」)―正常な日常が歪んだ世界へ徐々にずれてゆき、狂気が複雑に絡み合う。人が壊れゆくその瞬間をじわりとあぶり出し、どろりとえぐり出す、渾身の連作短篇。 (Amazonより)



「じわりとあぶり出し,どろりとえぐり出す」ですかぁ。
…なかなか上手いことを言うなぁ。

バジルさんのオススメ本です。
バジルさん,ありがと~\(^o^)/



続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

真梨幸子 TB:0 CM:2 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。