FC2ブログ
「心は孤独な数学者」 藤原正彦
2011 / 08 / 29 ( Mon ) 15:48:42
数学者のお話ですが,小難しい数式は出てきません。

ほんまもんの天才の育った土地を訪れた
秀才の描いた天才像…という印象。

作者さんが秀才なのかどうなのか,
私はよく知らないのですが。


★★★★☆

天才中の天才ニュートン。ニュートンの「プリンキピア」を12歳で読破した早熟の天才ハミルトン。ヒンドゥーの女神のお告げを受け、新定理を量産した神がかり的天才ラマヌジャン。天才はなぜ天才なのか。才能ゆえの栄光、が、それと同じ深さの懊悩を彼らは抱えこんでいたのではなかったか。憧れ続けた3人の天才数学者の人間としての足跡を、同業こその理解と愛情で熱く辿った評伝紀行。 (Amazonより)



続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

藤原正彦 TB:0 CM:4 admin page top↑
* HOME *