スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「訪問者」 恩田陸
2013 / 03 / 16 ( Sat ) 02:58:08
ええ,最初のシーンで,
「これ,読んだことある」と気づきました。
気がつきましたとも。
でもストーリーは最後までちーっとも思い出せなくて。
だから最後までおもしろく読みました


今見たら,ちゃんと感想書いてますね~。
そうか。以前もちゃんと読み切ったんだ('◇')ゞ

「舞台みたいだな」と感じたのは,以前も同じことを思ったのね(^^;)

でも以前に読んだときには,「もっと空間的な広がりのあるものを読みたかった」と書いていますが,
今回はそんなふうには思わなかったなぁ。

むしろ閉じた空間だからこその濃密感を堪能しました。

恩田さんの作品は,映像として記憶に残るんですねぇ。
女の子が飛び出してくるシーン。
ボートに揺られて一人の女性が佇むシーン。
湖畔に女性が立っているシーン。
大雨の中,窓から侵入者が入ってくるシーン。

あちらこちらに,「あ,これ見たことある」というシーンが散らばっていました。
これってすごいことなんじゃないかしらん。
恩田さんの筆力の高さに改めて気づかされました。

けど。。。。
登場人物がややこしかったなぁ。
特にじいちゃん3人は兄弟なので名前も似ていて,
どうしてもうまく人物像が作れませんでした。
…これ,いっそのこと本当にテレビドラマで演じてもらったほうがわかりやすいかもしれない…なんて思いました。

最初に出てきた記者さんは,「何か裏があったはず」なんて曖昧な記憶をもとに読んでいたものだから,最後まで疑いの目を向けていました。
…なーんだ。大した裏じゃなかったんだ。と思いました。

何だかこの本,やっぱりストーリーは記憶の泥沼の中にズブズブと埋もれてしまいそうだけど(^^;)
うん。でも,それでもいいんだろうな。
また,同じ本で楽しめるし。

読んでいる間の異空間に漂う感じも,
かけがいのない読書の楽しみの一つなんだな,
と再認識したのでした。


スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

恩田陸 TB:0 CM:0 admin page top↑
「訪問者」 恩田陸
2011 / 11 / 09 ( Wed ) 19:45:45
どこに行き着くか分からない。。。
そういう小説書かせたら,恩田さんはうまいですね~。

★★★☆☆

☆舞台を見るような会話とドラマが静かに謎を運ぶ!
山中にひっそりとたたずむ古い洋館――。三年前、近くの湖で不審死を遂げた実業家朝霞千沙子が建てたその館に、朝霞家の一族が集まっていた。千沙子に育てられた映画監督峠昌彦が急死したためであった。晩餐の席で昌彦の遺言が公開される。「父親が名乗り出たら、著作権継承者とする」孤児だったはずの昌彦の実父がこの中にいる? 一同に疑惑が芽生える中、闇を切り裂く悲鳴が! 冬雷の鳴る屋外で見知らぬ男の死体が発見される。数日前、館には「訪問者に気を付けろ」という不気味な警告文が届いていた……。果たして「訪問者」とは誰か? 千沙子と昌彦の死の謎とは? そして、長く不安な一夜が始まるが、その時、来客を告げるベルが鳴った――。嵐に閉ざされた山荘を舞台に、至高のストーリー・テラーが贈る傑作ミステリー! (Amazonより)



これ,脚本を小説化したものなんじゃないの?
って感じの作品でした。
それが悪いってわけじゃないけれど,
小さくまとまっている感は否めなかったかなぁ。
続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

恩田陸 TB:0 CM:0 admin page top↑
「私の家では何も起こらない」 恩田陸
2011 / 10 / 25 ( Tue ) 21:25:47
分かったようで何も分からない。
そのもやもや~っとした感じが好き♪

★★★☆☆

この家、あたししかいないのに、人がいっぱいいるような気がする・・・・・・
ようこそ、丘の上の幽霊屋敷へ。恩田陸が描く、美しく不穏なゴーストストーリー。
小さな丘の上に建つ二階建ての古い家。この家は、時がゆっくり流れている。幽霊屋敷と噂されるその家にすむ女流作家は居心地のよいこの家を愛している。
血の海となった台所、床下の収納庫のマリネにされた子どもたち・・・・・・いったいこの家にはどんな記憶が潜んでいるのだろう。幽霊屋敷に魅了された人々の美しくて優雅なゴーストストーリー。恩田陸が描く幽霊屋敷の物語。ラストには驚愕の書き下ろし短編が! (Amazonより)



同じ家を舞台にした,連作短編集です。
この幽霊屋敷,すご~く「嵐が丘」を彷彿とさせます。
読んでいて映像が浮かびます。

ただ,短編であるが故に,何だかブツブツ切られてしまって,
そこがちょっと物足りなかったかな。
恩田さんの長編ホラー小説を,また読みたいと思ったのでした。


【こちらの記事も♪】
苗坊の徒然日記


テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

恩田陸 TB:1 CM:2 admin page top↑
「隅の風景」 恩田陸
2011 / 06 / 21 ( Tue ) 16:33:36
恩田陸のエッセイ。
私,この方のエッセイを読むのは初めてかも。

★★☆☆☆

プラハで飲む黄金のビール、高所恐怖症の韓国登山、スモッグの向こうに霞む北京の太陽。出会えるかもしれない物語のかけらを求めて、今日も作家は旅に出る。身体の隅に今も残る旅のイメージをくっきりと映し出す紀行集。 (Amazonより)



あまり読書の気分でなかった時期だったとはいえ。
読むのに2週間かかってしまいました。
要するに,あまり興味が沸かなかった…らしい(^^;)

……(中略)……とひととき妄想に耽ることができたのも,
忘れがたいひとときとなった。



恩田さんでもこういう文章書くんだなぁと,
ヘンなところでうなってしまいました。
エッセイって作家さんも気楽に書くから,
これからの作品のネタの宝庫なのかもね。
そういう視点で読んでみたら,
結構楽しいのかもしれないなと思ったのでした。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

恩田陸 TB:1 CM:2 admin page top↑
「上と外」 上・下 恩田陸
2009 / 11 / 28 ( Sat ) 14:02:38
すんごくおもしろかった\(^o^)/

★★★★☆

両親の離婚で、別れて暮らす元家族が年に一度、集う夏休み。中学生の楢崎練は小学生の妹、母とともに、考古学者の父がいる中央アメリカのG国までやってきた。ジャングルと遺跡と軍事政権の国。そこで四人を待っていたのは「軍事クーデター」だった。離れ離れになる親子、二度と会えないかもしれない兄と妹!密林の中の謎の遺跡と神秘の儀式。絶え間なく二人を襲う絶体絶命のピンチ。ノンストップの面白さで息もつかせぬ1350枚。(Amazonより)



最初はたらたらしていたけれど、
4分の1を過ぎたあたりから、ホントにノンストップ。
最初からノンストップだったら、
挫折する人が少ないだろうなぁということで、4つ(*^_^*)




続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

恩田陸 TB:0 CM:2 admin page top↑
「六月の夜と昼のあわいに」 恩田陸
2009 / 10 / 20 ( Tue ) 20:23:29
私の読解力、壊れてるかも。


★★☆☆☆

よび覚まされる記憶、あふれ出る感情、たち上がる論理。言葉によって喚起される、人間のいとなみ。ミステリー、SF、私小説、ファンタジー、ルポルタージュ…あらゆる小説の形式と、恩田作品のエッセンスが味わえる「夢十夜」的小説集。フランス文学者・杉本秀太郎による詩、俳句、短歌に秘められた謎と、希代の新鋭画家による十のイメージに誘われた、摩訶不思議な十の作品世界。(Amazonより)



「何が言いたいのかわからない」って本は多いけど、
「何を言っているのかわからない」って本でした。

意味不明。
恩田さんの頭の中を覗いたら、こんな感じなのかなぁと思いました。
才能あふれてる感じは、何となーくわかる気がするんですけど。。。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

恩田陸 TB:1 CM:0 admin page top↑
「ブラザー・サン シスター・ムーン」 恩田陸
2009 / 05 / 16 ( Sat ) 13:58:01
ほほー。恩田さんって1歳しか違わないんだ。
どうりで大学の雰囲気に既視感があったのね。

★★☆☆☆

ねえ、覚えてる? 空から蛇が落ちてきたあの夏の日のことを――
本と映画と音楽……それさえあれば幸せだった奇蹟のような時間。
『夜のピクニック』から4年、恩田陸が贈る、青春小説の新たなスタンダードナンバー誕生!
(Amazonより)



Amazonでは高評価です。
とつけ加えておこう(*^_^*)


【こちらの記事も♪】
苗坊の徒然日記

続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

恩田陸 TB:2 CM:8 admin page top↑
「中庭の出来事」 恩田陸
2009 / 03 / 30 ( Mon ) 19:56:04
何だか最近,更新が滞っております。
本はチョチョロ読んではいるんですけどね~。。。(^^;)

読むのに,とっても時間がかかりました。
恩田さん,久々に外しました。。。

★★☆☆☆

瀟洒なホテルの中庭。こぢんまりとしたパーティの席上で、気鋭の脚本家が不可解な死を遂げた。周りにいたのは、次の芝居のヒロイン候補たち。芝居とミステリが融合し、まったく新しい恩田ミステリの幕が開く―。(Amazonより)



【こちらの記事も♪】
ぱんどらの本箱
新・たこの感想文



続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

恩田陸 TB:2 CM:2 admin page top↑
「きのうの世界」 恩田陸
2009 / 02 / 26 ( Thu ) 09:54:17
恩田さんの世界,堪能させていただきました\(^o^)/
満足♪

★★★★☆

塔と水路がある町のはずれ、「水無月橋」で見つかった死体。一年前に失踪したはずの男は、なぜここで殺されたのか?誰も予想できない結末が待っている!!恩田陸が紡ぐ、静かで驚きに満ちた世界。(Amazonより)



今年の直木賞にノミネートされていた作品です。
これで直木賞をとったら,結構ブーイングだったかも(笑)

【こちらの記事も♪】
苗坊の徒然日記
ぱんどらの本箱
デコ親父はいつも減量中
新・たこの感想文
soramove




続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

恩田陸 TB:6 CM:8 admin page top↑
「MAZE」恩田陸
2008 / 06 / 17 ( Tue ) 08:25:48
これよ!これ!これが恩田さんの世界だわ~(*^_^*)

★★★★☆

アジアの西の果て、白い荒野に立つ矩形の建物。いったん中に入ると、戻ってこない人間が数多くいると伝えられている。その「人間消失のルール」とは?謎を解き明かすためにやってきた4人の男たちは、果たして真相を掴むことができるのか?異国の迷宮を舞台に描かれる、幻想的な長編ミステリー。(Amazonより)




【こちらの記事も♪】
苗坊の読書日記




続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

恩田陸 TB:1 CM:10 admin page top↑
* HOME * next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。