スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「月の上の観覧車」 荻原浩
2013 / 03 / 13 ( Wed ) 12:09:33
短編集はさっさと感想書かないと,きれいさっぱり忘れるんだよ。
…と,自分に言い聞かせ中。

あーあ。また読んだはずなのに何も思い出せない本が。

守れるはずもないことを、いくつ約束したのだろう。逃げ出した故郷、家族に押しつけた身勝手な夢。いつだってその残酷さに、気付かぬわけでは決してなかった―。月光の差し込む観覧車の中で、愛する人々と束の間の再会を遂げる男を描いた表題作ほか、繰り返せない時間の哀歓を描く著者最高の傑作短篇集。 (Amazonより)



これ,どんな作品でした?
(と,人に聞いてど~する^^;)


スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

荻原浩 TB:0 CM:2 admin page top↑
「ちょいな人々」 荻原浩
2012 / 10 / 21 ( Sun ) 21:54:41
夜寝る前に1話ずつ。
ほどよい長さでありました。

★★★☆☆

隣の庭木を憎む主婦、脱サラした占い師、いじめられっ子と一緒に復讐する相談員など、ちょっと変でちょっと可哀そうな人達のお話
社内女性のほめ言葉に有頂天になる中年課長はじめ、おっちょこちょいだけど愛すべき人たちの破天荒なユーモアワールド(Amazonより)




ちょっとビターな短編集。
「感動」とか「爽やか」みたいな
フレッシュな感じではないけれど,
それがまた,何というか落ち着ける。

そんな感じのお話でした。

この作風,やっぱり奥田英明と似ているなぁなんて思ったけれど,
奥田英明だったらもうちょっと突き抜けるかも。
このバランス感覚は荻原浩なんだろうなぁなんて,
勝手に納得したのでした。


テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

荻原浩 TB:0 CM:0 admin page top↑
「オイアウエ漂流記」 荻原浩
2012 / 04 / 23 ( Mon ) 14:45:40
人物に共感できず,ドタバタの三文芝居を見ている気分になりました。

★★☆☆☆

南太平洋の上空で小型旅客機が遭難、流されたのは……無人島! 生存者は視察旅行中のサラリーマンと接待先の御曹司、成田離婚直前の新婚夫婦、ボケかけのお祖父ちゃんと孫の少年、そして身元不明の外国人。てんでバラバラな10人に共通しているのはただひとつ、「生きたい!」という気持ち。絶対絶命の中でこそ湧き上がる、人間のガッツとユーモアに感涙する、サバイバル小説の大傑作。(Amazonより)




正直,あまりおもしろくありませんでした。

続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

荻原浩 TB:0 CM:0 admin page top↑
「ひまわり事件」 荻原浩
2010 / 08 / 11 ( Wed ) 11:34:47
こちらも1ヵ月前に読んだ本。

なかなかおもしろかった…と思います(汗)

★★★★☆

実行犯は、ジジババと幼稚園児?隣接する有料老人ホーム「ひまわり苑」と「ひまわり幼稚園」。老人とガキどもの不思議な交流、やがて起こるカゲキな「事件」とは?荻原浩渾身の熱血幼老小説!―。 (Amazonより)




主人公の子供が何とも自然体。
こんなふうにうまく言えなかったり,
ぼんやりとしか理解できなかったり。
5歳児ってこんな感じなんだろうね~と思ったのでした。

タイトルにある「事件」はなかなか起きないし,
結構分厚い本だけれども,
さくさく楽しく,そしてちょっとほろ苦く読んだのでした。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

荻原浩 TB:0 CM:0 admin page top↑
「愛しの座敷わらし」荻原浩
2008 / 07 / 24 ( Thu ) 17:41:12
朝日新聞に連載中,チラ見していた作品です。
それで十分だったかも(笑)

★★★☆☆

お父さんが転勤。
田舎暮らしを始めることで,バラバラだった家族が次第に再生する。
その中心にいたのは,座敷わらしだった



【こちらの記事も♪】
粋な提案
soramove
苗坊の徒然日記
デコ親父はいつも減量中




続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

荻原浩 TB:4 CM:10 admin page top↑
「さよなら、そしてこんにちは」荻原浩
2007 / 12 / 11 ( Tue ) 09:57:04
一生懸命だけどおかしくて、哀愁を帯びているけど希望がある。
そんな短編集。

★★★☆☆

『さよなら、そしてこんにちは』 葬儀屋に勤める陽介。彼には初めての子供が生まれようとしていた。
『ビューティフルライフ』突然田舎に引っ越すことになった親子4人。
『スーパーマンの憂鬱』日々放映される健康情報。翻弄されるスーパー店舗責任者。
『美獣戦隊ナイトレンジャー』由美子ママは、ナイトレンジャーの隊員に一目惚れ。
『寿し辰の一番長い日』この店にマスコミが?無愛想な店主、辰五郎は右往左往。
『スローライフ』ひょんなことから「スローライフ評論家」になってしまった美也子の、目の回る1日。
『長福寺のメリークリスマス』若い奥さんと子供のため、信仰に背こうとする(?)和尚さんのお話。

物語の主人公は、みんな現実世界に生きています。
そのせいか、こういう人、いるかも…と思えるような「確かさ」があります。
そんな人たちが主人公のお話ですから、ストーリーも想定範囲内といいますか、ああ、それもありだよな、みたいな納得できる展開です。
まぁ、ひねりがないというか、何でそうなっちゃうのといった驚きはないのですが、
その分、さらっと、安心して楽しめました。
なんかね、隣の人が愛おしくなってくる、そんな感じ。

こういうお話を荻原さんが書くと、主人公がかわいく思えてしまうのはなぜ?
これぞ荻原節♪

特に長福寺の和尚さんがかわいかった。
クリスマスのお話って、心温まるお話が多いですねぇ。
「クリスマス」というだけで、そういう雰囲気が醸し出されるのかな。

【こちらの記事も♪】
My Favorite Books
粋な提案
それでも本を読む
苗坊の読書日記
higeruの大活字読書録
読書感想文とブツブツバナシ
新・たこの感想文
デコ親父はいつも減量中
itchy1976の日記




テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

荻原浩 TB:7 CM:13 admin page top↑
「愛しの座敷わらし」荻原浩~最終回~
2007 / 11 / 19 ( Mon ) 17:24:50
今日、朝日新聞夕刊に連載していた新聞小説『愛しの座敷わらし』が最終回を迎えました。
気持ちがほっこりと温かくなる終わり方でした。

あのかわいらしい座敷わらしに会えなくなるのかと思うと、さみしいなぁ。。。。

荻原浩 TB:0 CM:0 admin page top↑
「サニーサイドエッグ」荻原浩
2007 / 10 / 31 ( Wed ) 22:16:32
『ハードボイルド・エッグ』の続編です。
う~ん。。。。
期待しすぎたかな?

★★★☆☆

最上俊平。ハードボイルドをこよなく愛する探偵。
今日も今日とてペットを探す?



『SPEED』を読んだ後だからでしょうか。
この作品の特徴である「まだるっこしさ」に、ちょっとイライラっときました。
まぁ、そこは長編。だんだんなじんできましたけど。

やっぱり二番煎じだなぁというのが第一印象。
最上の思考が読めてしまって、「くすっ」と笑えなかったかも。

前作で登場した綾さんのことを、最上が「思い出したくもない」と一蹴したのが、なんだか悲しかった。
カッコつけてるのは分かってるけど、
カッコつけてるけど、でもやっぱり心が残ってる…みたいな描写があったら、うれしかったのになぁと思う私。

私、綾さん好きだったんだよね~。

秘書見習い(?)の女の子の設定が、何だかなぁ。
すごく上滑りな感じがした。
一時期、流行っていたけれど、今さら何で?とも思った。

あ、でも、猫のことは結構詳しくなったかも♪

【こちらの記事も♪】
粋な提案
My Favorite Books
higeruの大活字読書録
AOCHAN-Blog
新・たこの感想文
荻原浩 TB:3 CM:6 admin page top↑
「千年樹」荻原浩
2007 / 09 / 11 ( Tue ) 12:44:42
どうした荻原浩?!
重たく、邪悪な気すら感じるお話でした。

★★★☆☆

短編集のような、長編のようなお話です。
こういうの、連作短編集っていうんでしょうかね。

1つの木を中心にして、時代も人も交錯します。
1つ前の短編で、主人公の友人として登場していた少年が、
大人の姿になって登場したり、
1つの短編の中で現代と過去が同時並行で語られたり。

その中で、ヒトの愚かさ、醜さ、そして小ささなど、ヒトのマイナス面が、冷徹な視線で描かれます。
意欲作なんだろうなぁと思います。
こんなにぐちゃぐちゃな人と時間をきっちり描ける作家さんの力量も感じます。

けれども。
救いのなさがやり切れなくて。
どうしようもないヤツは最後までどうしようもないヤツなのが悲しくて。
だけどそんなの、木から見ればちっぽけなことなんだという諦観にうなずけなくて。

どんよりとした気分で本を閉じたのでした。

【こちらの記事も♪】
My Favorite Books
粋な提案
読書感想文とブツブツバナシ

荻原浩 TB:3 CM:7 admin page top↑
「押入れのちよ」荻原浩
2007 / 07 / 26 ( Thu ) 09:28:32
ホラータッチの短編集。

読むのに日数かかりました。
途中で飽きちゃったんだよね(^^;)

★★★☆☆

『お母さまのロシアのスープ』叙述が冴えてるぞわり系。

『コール』冴えすぎて、混乱する幽霊話。

『押入れのちよ』ハートウォーミングな幽霊もの。

『老猫』不気味な妖怪(?)もの。

『殺意のレシピ』何が怖いって、人間が一番怖いよね編。でもちゃんとオチがついています。

『介護の鬼』何が醜いって、人間が一番醜いよね編。気分よくないお話。

『予期せぬ訪問者』突発事態を回避せよ編。笑うシチュエーションではないのだけれど、あまりにバカバカしくておかしいお話。

『木下闇』何が怖いって、人間が一番怖いよね編パート2。主人公の女の子、よく鍛えておいでです。

『しんちゃんの自転車』切ない系の幽霊もの。言葉の逆転で世界が逆転。鮮やか。

と、盛りだくさん。
『しんちゃん…』や『お母さま…』のように、物語世界が一変するお話って、私好きです。
『押入れ…』みたいなお話も好き。ありがち、だけどね。

【こちらの記事も♪】
たこの感想文
My Favorite Books
読書感想文とブツブツバナシ
AOCHAN-Blog
31ct.読書部屋
デコ親父はいつも減量中



生きることにも心急き,感ずることも急がるる

荻原浩 TB:4 CM:4 admin page top↑
* HOME * next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。