スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「宇宙兄弟」第1巻~24巻
2014 / 11 / 25 ( Tue ) 18:50:50
ひっさびさの感想文。
がマンガです(^^;)

次女のダンナさんからのレンタル本。
「読みたい」と言ったら次の週に持ってきてくれた。いいやつだ(*^_^*)

で、「宇宙兄弟」

それぞれに濃いキャラクター。
登場人物たちの宇宙にかける熱い思い。
一筋縄ではいかないストーリー展開。

何より主人公六太の人間臭さが秀逸です。
彼はとても繊細で、そしてとんでもなく優秀な人なのに、
なぜか身近に感じます。
弟に先を越されて凹んだり、凹んだ自分に嫌気が差したり。
落ち込んだり浮き上がったりの感情の波を丁寧に描いているので、
読者も主人公に共振しやすいように思います。

脇役さんたちにもきちんとストーリーが用意されていて、
ただ単に敵役という「役割」だけの人は登場しません。
物語の奥行きは、そういうところから生まれるんだろうなと思いました。

笑いのツボも私好み。
すごく単純なんだけどね。
「シャンプーが泡立つ」とか「ホコリ」とか、
なんか好き♪

1巻~24巻までの一つの山場、9巻は、
私、泣きました。

うん。いろんな意味でよかったよぉ~。

さて。
ど~でもいいことを2つほど。

その1。
このマンガ、設定が近未来。
なのに登場人物は、皆さんガラ携を使っています。
その辺に、IT機器のここ数年の進歩の速さを感じます。
マンガ描くのも並大抵じゃないだろうなと思います。
ガラ携一つで、何だか「古い漫画」っぽく見えてしまうんだものね~。
いっそのこと今現在(連載当時)の設定で、「全部フィクションだよん」と謳ったほうが潔かったかもしれないね。
若田さんの話とか、旬の話を盛り込むことが出来たかもしれないし。

そんなこともちらっと思ったり思わなかったり(^_^;)

その2。

六太と日々人の兄弟が共に月面に降り立つ。
多分ここが着地点になるんだろうけど、
まだまだ先が長いなぁ~。
私がマンガを読めるうちに、完結してほしいなぁと切に希望いたしますです。
(いや。。。今でもちょっと厳しいのよ。目がしょぼしょぼしてしまう^^;)



スポンサーサイト
マンガ TB:0 CM:2 admin page top↑
「うさたまのオバ化注意報」 中村うさぎ・倉田真由美
2013 / 04 / 26 ( Fri ) 20:42:42
まぁ,,,,,
さらっと読める本でした。
特に感想らしい感想も抱かず(^^;)


「女性セブン」で'03年10月から'04年8月まで連載して好評を博した中村うさぎのエッセイと倉田真由美の漫画のコラボレーション。ショッピング中毒からホストクラブ通い、そしてホストに出会ったことで若さと美貌を振り返ることになり、美容整形へ…とハマっていった中村うさぎ。しかし、外見の老化を防止、修正することができても、内面的なオバサン度はまた別の問題と感じ、真のオバサンとはどんな存在なのか、オバサン化をくいとめるためにはどうしたらよいのかを追及します。また、オバサン度の高さを自認する倉田真由美も年齢を超えた"オバ化"について考え、漫画で表現していきます。彼女たちが定義するオバサンとは憎むべきもの、否定するものでなく、ときに愛しく哀しい存在です。 (Amazonより)



…んで?(^^;)

マンガ TB:0 CM:0 admin page top↑
「七夕の国」 岩明均
2013 / 04 / 17 ( Wed ) 22:14:15
nagayume文庫よりお借りしたマンガ。
全4冊。
この作品「最後が今イチ。だけどその前まではおもしろい!」
というご紹介を受けてお借りしたのでした。
いや。。。。恩田陸さんを読み慣れている方であれば,
「よくオチをつけた」と感心すると思うよ(=^▽^=)


▼第1話/カササギの旗▼第2話/超能力者▼第3話/穴▼第4話/40万円の模型▼第5話/ガッピーン▼第6話/若殿様▼第7話/応答●登場人物/南丸洋二(超能力を持つ大学生で、超能力一族・丸神家の末裔。通称ナンマル)、幸子(超能力者の兄を持つ、丸川町に住むフリーター)、江見小百合(洋二が通っている大学の講師)●あらすじ/戦国時代の旧暦4月、島寺家では当主・島寺通康と家臣らが、戦会議を開いていた。敵である最上氏との打ち合いを有利にするためには、「丸神の里」に城を建てた方がいいという結論に達した。そこで島寺は、「丸神の里」出身である南丸忠頼に城建設を命じたが、忠頼は「もうじき里の者にとって重要な祭りが始まる」と、島寺に城建設の考えを改めるよう懇願した。だがその願いは受け入れられず、忠頼は首を斬られてしまう(第1話)。▼戦国時代から時はたち、舞台は現代に移る。ある大学に通う南丸洋二は超能力を持っていた。だがそれは微々たるものであった。ある日、洋二は丸神教授に呼び出される。教授が自分の能力の研究のために呼び出したと思い込み、研究室に出向く洋二。だがそこには教授はおらず、代わりに講師の江見の質問を受ける。一族に関することを聞き出す江見であったが、洋二には質問の意図が全くくみ取れない(第2話)。●本巻の特徴/第1巻で、洋二は自身のルーツを知る。また、自分のルーツを探っていた丸神教授が行方不明になり、ちょうどその時、丸川町では奇妙な殺人事件が発生するこれはどうやら丸神教授失踪と何らかの関係があるようだが……●その他の登場キャラクター/洋二の後輩・亜紀(第2~4話)、多賀谷守(第2~7話)、桜木知子(第3~7話)、川手正行(第4~7話)、幸子の兄・高志(第7話)
出版社からのコメント(Amazonより)



紹介文,長っ!

最初に恩田陸さんの名前を挙げましたが。
不穏な空気。
土着的な雰囲気。
閉塞感。
最初は,とっても恩田陸さんを彷彿とさせます。

そのうち少しずつ違う感じになっていくのだけれども。
それが「イヤ」って感じでもなく。
主人公ナンマル君のぬぼーっとした感じが
結構好きでした。

この作品,盛り込みすぎたんじゃないかなぁと思います。
テロとかね。

もしくは。
もっと描き込みたかったんじゃないかなぁと思います。
ナンマル君が,己の力を社会貢献に役立てるところとかね。
…今なら,「放射性物質を含んだ汚染水」の処理とか,がれきの処理とか,
…結構お役立ちだと思う。

これ。もしかしたら途中で連載中止を告げられたパターンかなぁとも思ったりして。
マンガ界ではよくあることだと聞いているし。。。。

なので(かどうか分からないけれど),
最後のほうになると風呂敷を畳むことに忙しくなります。

けれどもそのオチは,まぁ,,,,その辺が妥当だろうなって感じもあったりして。

よく畳みきったと僭越ながら思いました。
最初のほうの民俗学的なアプローチがゾクゾクおもしろかったです。

マンガ TB:0 CM:0 admin page top↑
「日本人のしらない日本語 2」
2012 / 12 / 16 ( Sun ) 19:11:35
またまた間が空いてしまいましたが,
その間,読んだ本はこれだけ(^^;)

お待たせしました!!大ベストセラー『日本人の知らない日本語』第二弾が登場です。
ファンも多かったルイ君(オタクのフランス人)、ジャックさん(日本語堪能)をはじめ、新キャラクターが大活躍。学生さんたちもパワーアップして、凪子先生も大忙し・・・。今日も日本語に関する珍問奇問に答えます!!思わず爆笑、そしてためになる日本語コミックエッセイです。 (Amazonより)



「1」と同じ雰囲気です。
で,やっぱりおもしろい♪

ら抜きの日本語はそれなりに理由があるって話が一番おもしろかったかな。
なるほどね~。

気軽に読める,ちょっとした蘊蓄本。

「3」も読みたいなと思ったのでした。

マンガ TB:0 CM:8 admin page top↑
「日本人の知らない日本語」 
2012 / 11 / 28 ( Wed ) 21:18:40
naoさんオススメのマンガです。
ブックオフで見つけました。105円。
「舟を編む」で日本語がちょっとおもしろくなってきたところだった
このタイミング♪
本が私を呼んでいるわ~(*^_^*)

日本語学校に通う生徒(外国人)と先生(日本人)の「カオスな日常」を描いている…とか。

任侠映画で日本語を学んできたフランス人マダムが
ヤクザ言葉を使ったり,
中国人が手紙を書くとき,美文調になったりと,
なかなか笑えることも多いのですが,
「へぇ~知らなかった」と思うこともたくさん。

蛇は一匹。手袋は一双。
一双なんて知らなかった('◇')ゞ

最近のバイト言葉(という言い方があるんだろうか^^;)
敬語が気持ち悪いと思っていたら,
やっぱり教えるほうも大変なんだと同情したり。

日本はビルに穴が開いていない
自動販売機が人気のないところにあってもだれも盗らない。
…そうか。日本は平和な国なんだと改めて感じたり。

おもしろくも読み応えのあるマンガでした。

全然関係ないのだけれど,
最近気になっている言葉に「幼少」というのがあります。
とある芸能人がテレビで自分の小さい頃を「幼少のころ」と言っていて。
「幼少」というのは,「幼いの改まった言い方」なので,間違ってはいないのだろうけれど,
何となく違和感が。
…「幼少」って,自分に使うものなのかなぁ。
…あ。でも,「幼少の時分」とか,書き言葉として見たことはあるけどなぁ。
と,妙に座り心地の悪い思いをしたのでした。

日本語学校の先生に聞いてみたい(*^_^*)



テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

マンガ TB:0 CM:7 admin page top↑
「ブタのふところ」 小泉吉宏
2011 / 06 / 30 ( Thu ) 19:21:57
マンガです。
なんか深いことが書かれているっぽい気もするけれど,
すごーく当たり前のことを言ってるような気もする私(^^;)

★★☆☆☆

あたりまえのことを、あたりまえと思うにも覚悟がいる。―まだまだ悩めるブタ、シッタカブッタは、ものの見方や心のクセをていねいに笑いながら見ていくことにしました。「欲望」「心配」「根本を忘れる」など、25の項目についてながめていきます。「心」を語るベストセラーマンガ『ブッタとシッタカブッタ』の姉妹編第2作。(Amazonより)



あと10年早く読んでりゃ,
もうちょっと心に響いた…かな(^^;)

私,純粋じゃないからね~と言ったら,
求めてるかどうかなんじゃないかと言われました。
ふみゅ。確かに私,今,「わかりやすい言葉」を求めてはいないのかもしれないなぁと思ったのでした。
続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

マンガ TB:0 CM:2 admin page top↑
「よつばと!」1~10 あずま きよひこ
2011 / 04 / 22 ( Fri ) 20:09:36
10冊まとめ読みです(*^_^*)

★★★★☆

いつでも今日が,いちばん楽しい日

■ちょっとかわった女の子「よつば」と、とーちゃんと、まわりの人たちとのなにげない日常を描いたマンガです。だいたい1日1話のペースで物語はゆっくりと進んでいきます。
■セミをとったり、プールに行ったり、花火をしたり、寝たり、泣いたり、笑ったり。よつばの新鮮な毎日を、ご一緒にお楽しみください。
■夏休み初日から始まった物語も、5巻でようやく夏が終わりました。6巻目からは新しい季節のお話になります。まだまだ先は長いです。
                 (多分公式HP…より)



よつばもかわいいけど,
とーちゃんがとってもいい!

「お茶碗割ったのは別にいい。
窓ガラス割ったのも
コーヒーこぼしたのも
別にいい」

「…またおさらわっちゃっても?」

「別にいい。
失敗するのはよつばの仕事だ」

「ぱそこんこわしても?」

「…パソコンはかんべんしてくれ。
でも,嘘はつくな。な?」



とーちゃんは,3回目で怒鳴ることなくしっかり叱る。
いいな。



マンガ TB:0 CM:0 admin page top↑
「DEATH NOTE」#11,#12,#3~#5  大場つぐみ 小畑健
2009 / 08 / 19 ( Wed ) 16:36:25
何だかめちゃくちゃな読み方をしましたが(^^;)
ふむ。こういうふうに終わったのねと思ったのでした。

★★★☆☆





続きを読む
マンガ TB:0 CM:0 admin page top↑
「DEATH NOTE」#6~#10 大場つぐみ 小畑健
2009 / 08 / 11 ( Tue ) 22:51:22
今さらデスノートです。
しかも6巻から読み始めてしまいました。
字が細かい!
1巻につき1時間くらいかかります。
ヒマつぶしには最適♪

★★★☆☆

続きを読む
マンガ TB:0 CM:0 admin page top↑
「新凍りついた瞳」ささやななえ・椎名篤子
2009 / 05 / 12 ( Tue ) 18:04:50
マンガです。
声高に主張するのではなく,むしろ淡々としたタッチで描いています。
…だから余計にドヨーンと来るなぁ。。。。

★★★☆☆

児童虐待の事実をいち早く取り上げ、社会的大反響を巻き起こした前作『凍りついた瞳』から8年。あれから何が変わり、何が変わらぬままなのか!? 虐待の実情を描いた異色ドキュメンタリーコミック。
2000年の児童虐待防止法施行以後も年々増え続ける子ども虐待の件数。「子ども虐待」の現実は今!? 虐待を受ける子ども達の悲惨な現状と、彼らを取り巻く環境の問題点をリアルに漫画化。 (Amazonより)




【こちらの記事も♪】
Social Good News

続きを読む

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

マンガ TB:1 CM:0 admin page top↑
* HOME * next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。