スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「ジェニーの肖像」ロバート・ネイサン
2007 / 03 / 25 ( Sun ) 14:42:26
偕成社文庫。山室静訳。1977年出版。
すご~く懐かしい匂いがしました。
この言葉遣いの古めかしさ。
『秘密の花園』『若草物語』『小公子』etc.etc...私が夢中で読んでいた、あの作品たちと同じ薫りがします。

★★★★☆

1938年、冬のニューヨーク。貧しい青年画家イーベンは、夕暮れの公園で、一人の少女に出会った。数日後に再会したとき、彼女ジェニーはなぜか、数年を経たかのように成長していた。そして、イーベンとジェニーの時を超えた恋が始まる(Amazonより)



冬、霧に煙る街。…もうここから、異国情緒あふれる世界です。
私の今いる現実世界から、すっかりきっぱり離れます。

時空を越えて…というと、壮大なSF小説のようでちょっと言葉が違うのだけれども、時間も空間も、確かに違う世界に連れていかれるこの感じ。
あぁ、私は好きだな~。

そしてその中で息づいているイーベンとジェニーの慎ましやかで一途な情愛が、切なく胸に迫ります。
ジェニーは不思議な少女です。
イーベンの住んでいる時間とは別の時間に住んでいます。
それでも2人はお互いを求め合っている。。。なんか書いていて気恥ずかしいな。。。けれども読んでいて、こそばゆさや気恥ずかしさがなかったのは、そして胸が締め付けられるような心地がしたのは、物語の雰囲気そのものの持つ力だと思います。

「時間」というものは人間にとってとても残酷なものなのだと思いました。


というのは、恩田陸さんのこの作品に対する感想ですが、私は、残酷というより哀切を感じたのでした。
そしてラスト。。。息苦しさを感じながらも多くの余韻を残して、夢から醒めたような気分で本を閉じたのでした。

この作品、今では大友香奈子さんという方の訳のほうが一般的なようです。
難解な言い回しが少なくなって、ジェニーももうちょっと現代的な言葉遣いをしていることだろうと思います。(「○○でなくてよ」なんて言ってないだろうなぁ。)
けれども私は、この古めかしい翻訳で読めたことが、とても幸せに思えたのでした。

【こちらの記事も♪】
ひろの東本西走!?
スポンサーサイト
ロバート・ネイサン TB:1 CM:7 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。