スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「凍りのくじら」辻村深月
2007 / 05 / 07 ( Mon ) 16:09:15
何だかどこかで会ったことがあると思ったら、
理帆子ちゃん、昔の私にそっくり(苦笑)

★★★☆☆

藤子・F・不二雄をこよなく愛する、有名カメラマンの父・芦沢光が失踪してから五年。残された病気の母と二人、毀れそうな家族をたったひとりで支えてきた高校生・理帆子の前に、思い掛けず現れた一人の青年・別所あきら。彼の優しさが孤独だった理帆子の心を少しずつ癒していくが、昔の恋人の存在によって事態は思わぬ方向へ進んでしまう…。家族と大切な人との繋がりを鋭い感性で描く“少し不思議”な物語。(Amazonより)



「少し・ナントカ」と人の個性に名前をつける遊びをしている理帆子。
自分の個性は、「少し・不在」
どこにいても、少し冷めた自分を感じている。
そして、周りの人を少し見下すことで、所在なさを埋めている理帆子。
見ていると、ちょっとむずがゆく、恥ずかしく、そしてどこか甘酸っぱい気持ちになります。
大丈夫だよと言ってあげたくなります。

だけどこの作品、私が大丈夫だよと言ってあげなくても、
ちゃんと大丈夫になっていて、読後に暖かいものが残ります。

「少し・不思議」なお話だということをすっかり忘れて読んでいたので、
ラストにやられたなという感じ。
パチンパチンと、読みながら感じていた違和感がすっきりしました。
この感じ、気持ちよくて好き。

ただ、この作品、何というかとても生真面目。
この生真面目さは作者の持ち味だと思うのだけれど、
私にはちょっと息苦しかったかな。
そこが、いい作品だと思うけど、すごく好きにはなれないところなのかもしれません。
う~ん、ちょっと複雑(*^_^*) 

【こちらの記事も♪】
苗坊の読書日記
たこの感想文
粋な提案
本を読む女。改訂版
続きを読む
スポンサーサイト
辻村深月 TB:2 CM:4 admin page top↑
「ぼくのメジャースプーン」辻村深月
2007 / 04 / 13 ( Fri ) 16:33:30
罪と罰。正義。復讐。
考えれば考えるほど袋小路に入ってしまうこれらのことを、
真正面から取り上げた作品です。
あまりにも真正面から取り上げていた作品だけに、
途中は少し疲れましたが、
最後まで目の離せない、真摯で愛の溢れた作品でした。

★★★★☆

「ぼく」は小学四年生。不思議な力を持っている。
忌まわしいあの事件が起きたのは、今から三ヵ月前。
目撃者である、「ぼく」の幼なじみ・ふみちゃんは、ショックのあまりに心が壊れてしまった。
笑わないふみちゃんを助け出したい「ぼく」は、自分と同じ力を持つ「先生」のもとへと通い、犯人に与える罰の重さを計り始める。「ぼく」が最後に選んだ答え、そして正義の行方とは!?(Amazonより一部抜粋。加筆あり)



小学4年生の主人公「ぼく」。
この子、すごいです。すごすぎです。
抽象的言語能力の高さ。思慮の深さ。
とても小学4年生とは思えません。

「条件ゲーム提示能力」と聞いて、ハテナが飛んだ様子もなく、
「Aという条件……Bという結果」という説明を聞いて、自分の具体例を当てはめてみる。そしてその上で質問までしています。

こんな4年生、いないよぉ~と、ちょっと突っ込みたくなります。
が。
小4の子が聞いているんだから…と、せっせと秋山先生の講義を読んでいる自分を発見し、主人公を4年生に据えたのは、こうやって読者が本を放り出さないように、作者が考えた「作戦」なのかなぁなんて勘ぐったりもしました。
もしその辺も狙っていたとしたら、作者はなかなかやるなぁと。

まぁ、あんまり本筋とは関係ない話ですが。。。

作品自体の感想は内容に触れていますので、「つづきをよむ」から。

【こちらの記事も♪】
たこの感想文
AOCHAN-Blog
higeruの大活字読書録
Gotoku*Log
やぎっちょのベストブックde幸せ読書!
続きを読む
辻村深月 TB:4 CM:6 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。