スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「川の光」松浦寿輝
2007 / 11 / 01 ( Thu ) 09:32:11
梟さんのところで気になった作品です。
最初はとっつきにくかったけど、ドキドキハラハラ。
おもしろかった\(^o^)/

★★★★☆

チッチとタータはねずみの兄弟。
お父さんと一緒に川のほとりに住んでいる。
ある日、川で工事が始まった。
「川の光を求めて!」
タータたちの冒険が始まる。



とっつきにくかったのには、2つ理由があります。
1つは、文章がとても文学的なこと。
何だか翻訳本を読んでいるみたいで、こういう高貴な文章は、
私、ちょっと苦手(-_-)

でも、話が進むにしたがって、
スピード感が出てきて、どんどん読みやすくなっていきました!

もう1つの理由は、名前。
ねずみのチッチにタータ。
猫のブルー。
ほかにもいろいろ。
すご~く擬人化された描写が、最初は何だか気恥ずかしくて。


タータの冒険には、まぁ、いろいろと意味づけがあるんだろうなぁと思います。
だけど私はそんなことより、タータたちの冒険に釘付け。
ドキドキハラハラの連続でした。
次から次へと襲いかかる難題。
最後の最後まで気が抜けない展開。
思いがけない手助け。

おもしろかったなぁ。

しばらくタータたちの世界に浸っていたくなりました。

挿絵も、いつかどこかで見たような、柔らかいタッチのかわいい絵。
裏表紙の地図も大好き。

最終章の変にくどい哲学的な文章は、私は要らないと思います。
さらっとスルーしてしまいました。
作者にしてみれば、ここが一番力の入ったところなのかもしれないけれど。
作者さん、ごめんなさいなのでした。

【こちらの記事も♪】
梟通信
粋な提案
スポンサーサイト
松浦寿輝 TB:3 CM:6 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。