スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「雪虫」 堂場瞬一
2008 / 10 / 28 ( Tue ) 13:59:50
初・堂場さんです。
最初で最後になりそうな予感(^^;)

★★☆☆☆

俺は刑事に生まれたんだ。祖父・父を継いで新潟県警捜査一課の刑事となった鳴沢了は、晩秋の湯沢で殺された老女が、かつて宗教教団の教祖で、五十年前に殺人事件に関わったことを突き止めた。了は二つの事件の関連を確信するが、捜査本部長の父はなぜか了を事件から遠ざけるのだった。正義は、そして歳月は、真実を覆い隠すのか? 新警察小説(Amazonより)



鳴沢了,29歳。独身。
刑事を天職としている男。

題名から,もっとおじさんが主人公のちょっと渋めのお話だと思っていたので,
29歳という若さにちょっとびっくり。

全体的に重たいトーンで,若さ弾けるって感じでもなかったけどね。

【こちら記事も】
31ct.読書部屋
梟通信
読書感想文とブツブツバナシ
21st徒然草
itchy1976の日記


続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

堂場瞬一 TB:4 CM:16 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。