FC2ブログ
「永遠の出口」森絵都
2005 / 07 / 14 ( Thu ) 13:07:49
「永遠」という言葉に弱かった小学生、岸本紀子。
見届けることのできなかったものを嘆いていたこどもの頃。
そして、この世が見届けることのできないものに溢れていることに気づき始めた思春期の頃。
「永遠に~できない」ものの多さに気がついて、いろんなものをあきらめた末にたどり着く「大人の入口」あるいは「永遠の出口」。
岸本紀子の小学4年生から高校卒業までの心の記録。

★★☆☆☆

この作品、主人公のリリカルな感性に、懐かしく自分をオーバーラップさせてなんぼのものだと思うのですが。。。
私、それに失敗しました。

もしこの主人公に少しでも共感できたら、この作品は本当に宝石箱のように輝いて見えたと思うのです。
女の子の思春期の揺れを丁寧に、真正面から、そして淡々と描いていると思います。

何でピタッとこないのかな~。残念だわ。

この作品の主人公、岸本紀子が私よりもうちょっと若い世代だからかな。

う~ん、時代が10年ずれているからというよりも、この子の感受性が私のそれとどこか違う。。ような気がする。。。
どこがどうと表現するのは難しいけれど。

例えば小学6年生の紀子ちゃんは、別れを「何の混じりけもないさびしさだけに砕けて散りそうだった」と感じていたけど、私はそういう強い感覚は、もっと大人になってやっと持てた気がします。

ジブリの「千と千尋の神隠し」という映画があります。
ラストで千尋と川の神様ハクは、「じゃ、またね」「また会おうね」と言ってサラッと別れます。
彼女たちはこの別れの瞬間が、永遠の別れの瞬間であることがピンときていないのです。
分かってるけど分かってないみたいな。
昨日に続く今日みたいに、今日に続く明日を感じているのです。
私、このシーンで涙が止まりませんでした。子供の別れってこうだよな~と思うと切なくて。

ま、1つ挙げればそんなずれ。

でもすごく分かると思ったのが、デートのときにはトイレを探すというエピソード。
デート中にトイレに行きたいという一言が言えないなんて今では信じられないけれど、そんなこともあったな~。
スポンサーサイト



森絵都 TB:3 CM:10 admin page top↑
* HOME *