FC2ブログ
「聖母の深き淵」柴田よしき
2005 / 07 / 20 ( Wed ) 07:29:53
「RIKO」シリーズ第2弾。
第1弾、「RIKO-永遠の女神」を読んでから早2カ月。
そろそろ毒気も抜けたので、RIKOに会いに行きました。

★★★★☆

この作品では、RIKOは一児の母となっています。
子供を預けながら働く未婚の母、RIKOは、前作のあまりに女性を前面に出していたRIKOとは少し印象が違います。

…と思いながら読んでいたのですが、やっぱりRIKOはRIKO、だったかな。
何でそこまでギリギリのつき合いになるのかな~とも思うのですが、
彼女はこうなんだよなぁと、その不器用さに胸が痛くなりながら、思いました。

夜泣きをする子供、眠れない母親、明日の仕事を言いつのり協力してくれない父親。

この構図、今も昔も変わらないですね。

「どうしてあなたは…あなたの手で真人ちゃんを育てる手伝いをしようとしなかったの。一日や二日、眠らなくたってよかったじゃないの。」
というRIKOの言葉に、よく言ったと喝采を送った女性も多いと思います。

私もまた、そういうときもあったな~とほろ苦く思い出しました。

「母であればだれでもが内側に抱いている底なしの闇」
結構分かってしまう自分にどこかゾクッとしました。

続きを読む
スポンサーサイト



柴田よしき TB:0 CM:4 admin page top↑
* HOME *