FC2ブログ
「トキオ」東野圭吾
2005 / 07 / 22 ( Fri ) 17:09:00
「情けないお父さん」つながりでこの作品を(笑)

2月に読んだ本です。★★★評価は、そのときにつけていた評価です。
この頃、時代物とハードボイルドの世界にどっぷり浸っていたので、なまっちょろい拓実がヌル~く感じたのでした。

★★★☆☆

遺伝的な難病ゆえ、短い生涯を終えようとしているわが子。「『生まれてきてよかったか』と尋ねたかった」とつぶやく妻に、主人公、宮本拓実は語りかける。今から20年以上前に、自分は息子と会っていたのだと…。
定職を持たず、自堕落に生きていた若かりし日の拓実の前に、見知らぬ若者が現れる。トキオと名乗るその青年とともに、拓実は、行方不明となったガールフレンドの捜索に乗り出した。
                (Amazonブックレビューより抜粋)

この若いときの拓実の考え方が子供っぽくて、甘ったれていて、
がる~っとうなりたくなります(笑)

そんな拓実が一回り大きく成長するお話。

そして成長に寄与しているのがトキオ。
このトキオがいいんだわ。
トキオの言葉に、そうだねとうなずき、
トキオは何をする気だろうとドキドキし、
彼の一途さに泣きそうになります。

そしてラスト1行。
構成がパキッときれいに決まった音がしました。(笑)

もう一度読んでみようかな。
スポンサーサイト



東野圭吾 TB:10 CM:18 admin page top↑
* HOME *