FC2ブログ
七子と七生
2005 / 08 / 16 ( Tue ) 16:16:21
何日か前に放映された「七子と七生」をビデオで観ました。
涙涙…でした。

ドラマの中で、小学生の七生が、
自分が愛人の子だということや母親が男を刺して拘置所にいることを、
「それってぼくに関係ないことでしょ。ぼくが考えてもしょうがないじゃん」と言っていました。
自分の力及ばないことをあれこれ憂えても、また悩んでみても仕方ない。
こんなふうにスパッと割り切れたらいいのになと、ちょっと目を開かされた思いがしました。

七子役の蒼井優ちゃんが好演していました。

ラストの七生くんが泣くシーン、子供はこうやって泣くんだよな、だけど5年生はこんなに開けっぴろげに泣かないぞと思いつつ、トトロでメイちゃんがお母さんを捜して泣くシーンを思い出しました。
これだけ手放しに泣く子を久しぶりに見た気がします。

この作品の原作は瀬尾まい子さんの「卵の緒」に入っているようです。
瀬尾まい子さんって何となく手に取るのを避けていた作家さんですが、
読んでみようかなと思いました。
スポンサーサイト



てれび TB:0 CM:2 admin page top↑
* HOME *