FC2ブログ
「K・Nの悲劇」
2005 / 10 / 24 ( Mon ) 09:52:38
ホラーとしてはあまり恐くなかったような。
起承転結のはっきりとした本でした。

★★★☆☆

夏樹修平と果波は新婚夫婦。修平の書いた本がヒットして、
憧れの高層マンションに居を構える。
幸せな新婚生活の中、果波は妊娠する。出産したら経済的にマンション暮らしは望めない。修平は中絶を促し、果波もそれに同意する。
その後、果波に異変が起こる。。。。

果波の同級生、中村久美の悲劇的な最期が夏樹夫婦に絡み、
果波は憑依状態になります。
憑依は怪奇か精神の病か。
産婦人科から精神科に転向した磯貝医師が修平とともに果波の治療に当たります。

ラストまでスラスラと読め、読後感も悪くはなく、
作者の言いたいこともはっきりと伝わる作品だとは思うのですが。

何というか、膜1枚向こうで起こっているドラマのように、
さまざまな感情の波が私にまで伝わってこないもどかしさがありました。

特に果波。彼女の身体感覚がどうも伝わってこない感じ。
例えば、、、
果波が妊娠を告げたとき、修平は複雑な表情を見せる場面があります。
そのとき、果波は、「子供の頃、鉄棒に真正面から鼻先を打ち付けたような痛み」を感じます。
まぁ、人それぞれですからね。そう感じる人もいるかな~と思います。
だけど私は、こういう場面でそれはちょっと違うかな~と自分の感覚に照らして、違和感を感じてしまうのです。

あるいは、、、
果波が今の状態をどう感じているか、本当はどうしたいのか、
その辺の葛藤があまりにも弱々しく、まるで人ごとのように見えたり。

そういうしっくりこない感じが全編に漂っていて、
違和感がうっすらと積もっていったように思います。

核になる人物が果波ではなく、夫の修平であり、精神科医の磯貝であるところからくる弱さ、なのかな。

それとも作品全体が、憑依は怪奇か精神の病かという命題にとらわれすぎていたのかな。

すごくいい題材でおもしろかっただけに、作者は妊娠や中絶を”頭”で理解しているんじゃないかな~という感じが透けて見えて、ちょっと残念な作品でした。
スポンサーサイト



高野和明 TB:3 CM:12 admin page top↑
模様替え
2005 / 10 / 24 ( Mon ) 09:28:45
秋も深まってきましたね。
今日の空のようにちょっと軽やかにしたくなって、
またまた模様替えをしてみました。
ちっちゃなことでめげてないで、
すっきり爽やかに真っすぐに過ごしたいな~と思っています。
日々のつれづれ TB:0 CM:13 admin page top↑
* HOME *