FC2ブログ
「ウランバーナの森」
2005 / 11 / 13 ( Sun ) 02:55:17
ジョン・レノンがオノ・ヨーコと息子ショーンとともに軽井沢に避暑に来ていた「充電期」を下敷きにした作品です。
ジョンへの思いが込められた作者デビュー作。

★★★★☆

その夏、精気のポップスター、ジョンは軽井沢で過ごした。家族との素敵な避暑がひどい便秘でぶち壊し。病院通いをはじめたジョンの元へ、過去からの亡霊が次々と訪れた。(文庫裏表紙より抜粋)

この作品は、「不適切な」親に育てられた子供の、心の彷徨と受容の物語のように思えました。
私にとって、とてもタイムリーなお話。
ジョンは母親を許せなくて、それでも母親に謝ってほしくて、
そして…というお話です。

大人になるということは、運命にやさしくなれるということ。
家政婦のタオさんが言います。
運命に優しくなれる。。。
子供は親を選べない。
それを恨む時期を過ぎ、ありのままを受け入れられるようになる。
そして自分が生まれてきたことを喜ぶことができるようになる。
ここまでの過程は、けれども大人になればだれもがたどることのできるものではありません。
運命に優しくなれない大人もたくさんいて、それぞれに苦しい思いをしているのだと思います。
ジョンがすべてを丸ごと受容する機会を得たことに心打たれますし、
あの子にも、この子にも、そういう奇蹟が起きますようにと願わずにはいられませんでした。


それにしても作品中のジョン、彼の気持ちを大きく憂鬱にしているのが、「今日も便秘だ」というものなのです。
なので尾籠な話が延々と続きます。
この辺を下品ととるか、ユーモアととるか、読者によるかもしれません。
私は、結構さらっと読めましたけど。
かのジョン・レノンのイメージとはかけ離れていて、けれども人間くさくて、ちょっと親しみが持てたりしました。
出てくる精神科医は伊良部先生ではなかったけれど、
伊良部先生がジョンを診ていたら、どんなふうにジョンと接しただろうと、興味がむくむく湧いてきました。

作中、心に届いた言葉の数々はこちら↓
続きを読む
スポンサーサイト



奥田英朗 TB:3 CM:11 admin page top↑
* HOME *