スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「黄昏の百合の骨」恩田陸
2006 / 10 / 31 ( Tue ) 10:35:20
麦の海に沈む果実』の続編です。

★★★★☆

水野理瀬の育ての親であるおばあちゃんが事故死した。理瀬は、祖母の遺言に従って、かつて亘や稔と過ごした「百合の館」に戻る。
そこには、梨椰子、梨南子姉妹が住み着いていた。
理瀬にとっておばさんに当たるこの2人。
何かを企んでいるのか、いないのか。
隣の家に住む理瀬の同級生脇坂朋子、慎二姉弟。
慎二は館の秘密を知っているらしい。
朋子の幼なじみ勝村雅雪、朋子に恋してる田丸。
田丸が失踪?
祖母の法要のために帰ってくる亘、稔。
おばあちゃんは、なぜ理瀬に自分の死後半年間は住むように遺言したのか。
「百合の館」に隠された秘密は何?
ジュビターとは?
おばあちゃんは、本当に事故死だったのか?



たくさんの「?」がついて、まるでミステリーみたいです。
まぁ、ミステリーなのかもしれないけれど、読んだ感じは、どこまでも「理瀬のお話」です。

この「百合の館」が、また雰囲気たっぷりのお屋敷で、
何かが起こりそうな予感を覚えます。

この作品、やっぱり『麦の…』を読んでからのほうがいいかもしれない。
読まなくてもストーリーについていけないことはないのだけれど、
理瀬の持っている重たい雰囲気の背景や複雑な家族関係が、多少なりとも理解しやすいかもしれません。
理瀬がときどき思い出す黎二やヨハンも、『麦の…』にしっかり登場します。
『図書室の海』に入っていた『睡蓮』は、理瀬と稔、亘の関係を描いています。これも読むと、今の理瀬と稔、亘の微妙な感じが、より伝わりやすいかも。

理瀬。何も知らなかった無邪気な頃を通り過ぎて、
随分大人になっていました。
まだ高校生なんだけど、もう人生悟ってしまっています。
影のある愁いを帯びた少女です。人生に対する諦念すら感じられます。
善は悪のほんの上澄みに過ぎないなんて、そんなこと言うなよ~と悲しくなるけれど、今までの理瀬に起きた出来事を思うと、仕方ないのかな~なんて。
それに、こんなに悪意漂うお屋敷に住んでいると、善意が信じられなくなってしまうかも。

雅雪、いいですね。
人を見る目がある。
理瀬も、自分のよき理解者と感じていたけれど、
そんな人、滅多にいるものではないですからね。
今後も理瀬の人生にかかわってくれるといいな~なんて思います。

恩田さんのお話は、雰囲気は最高にいいんだけど、ラストが今イチというものも多いのですが、
これはとても余韻があって、好きでした。
意外にも、大きな謎が解決したし。

2人のうち、どちらがこの後絡んでくるのかなぁ。

まだまだ理瀬の物語は続きそうです。
きっとそのうち、続編が出るでしょう(と期待したい♪)
そのときは、理瀬もすっかり大人になって、
ヨハンと結婚していたりして。
理瀬。幸せになってほしいけど、う~ん、理瀬の弾けるように笑った顔って思い浮かばない。。。

【こちらの記事も♪】
苗坊の読書日記
AOCHAN-Blog
続きを読む
スポンサーサイト
恩田陸 TB:1 CM:6 admin page top↑
お食事会♪
2006 / 10 / 31 ( Tue ) 09:56:23
この週末に、福岡に住んでいる両親が、結婚式のために上京しました。
それじゃあ…ということで、私たち一家(除:長女←試験期間中なので、今回はパス。最初は「行く!」と言っていたけど、試験が始まってみたら、ヤバイということに気がついたみたい^^;)それと、私の弟一家(弟と奥さん、小6の女の子)、あとは両親という顔合わせで、お食事会♪となりました。

両親は、まずまず元気そうで、何よりでした。

弟とは何年ぶりに会うのかな~。
特に何を話すということもないんだけどね。
まぁ、がんばってくださいなと思ったのでした。
日々のつれづれ TB:0 CM:2 admin page top↑
「さよならバースディ」荻原浩
2006 / 10 / 27 ( Fri ) 14:43:02
おもしろく、あっという間に読みました。

★★★★☆

霊長類研究センター。
ここにはボノボ(ピグミーチンバンジー)のバースディが飼われていた。
バースディに言語習得をさせるプロジェクト、バースディ・プロジェクトは、主人公田中真を初めとした研究員の熱心なかかわりの中、順調に進んでいた。
田中真と、同じ研究スタッフの藤本由紀とは、ごく自然に、けれども密かにつき合っている仲。
真の人生最良の日の次の朝に、最悪のことが起こった。。。。



【こちらの記事も♪】
読書感想文とブツブツバナシ
たこの感想文
higeruの大活字読書録
itchy1976の日記

続きを読む
荻原浩 TB:3 CM:8 admin page top↑
図書館本&購入本♪
2006 / 10 / 25 ( Wed ) 22:09:58
土曜日に図書館に行きました。
で、そこで借りた図書館本♪

『さよならバースディ』荻原浩(延長)
『ギャングスター・レッスン』垣根涼介
『黄昏の百合の骨』恩田陸

『ギャング…』は、またしても次女に先を越されてしまった('◇')ゞ
ので、これは2週間以内に読めないかな~。。。
また、延長かな~。。。

今日、ふらっと立ち寄った本屋さんで買った本♪

『聖なる黒夜』上 柴田よしき

ひゃ~、とうとう文庫化です♪
RIKOにも、ハナちゃんシリーズにも登場してた、あの山内練のお話です。
山内練と麻生の話、すっごく気になっているんですよね。
きっと限りなくアブナイ系のお話だよね。
覚悟して読まなきゃ。
ちょっとドキドキ。
早く読みたいな~\(^o^)/

今、『さよならバースディ』を読み終わって、
『黄昏の…』を読んでる途中です
読書メモ TB:0 CM:2 admin page top↑
「ドミノ」恩田陸
2006 / 10 / 24 ( Tue ) 18:24:13
登場人物は27人と1匹!
だけど、巻頭につけられた人物紹介を1回も見返すことなく読み進められます。
これは、すぐに登場人物がごっちゃになってしまう私が言うんだから間違いない!
それだけでも大した作品です(*^_^*)

★★★☆☆

恩田さんの筆力に、まず驚かされます。
あっちの出来事とこっちの出来事がぶつかって、絡み合って、飛び出して、そっちの出来事にぶつかって…、そんな繰り返しなんだけど。
だからポンポン人も変わるし、出来事も変わっていくんだけど。
場面が変わるごとに、雰囲気も変わる。
登場人物一人ひとりの顔が見えてくる。
なので、一見ごちゃごちゃっとしているストーリーも、難なく読める、この作品。

ちょっとね、見直してしまいました、恩田陸。

作品自体の感想はと問われれば、
私は、「つ、疲れた。。。」という印象。

う~ん、これがおもしろいのかどうかもよく分かりません。
この作品、「おもしろいよ」と何人もの方がオススメくださっている作品ですが、おもしろい…こともなかったかなぁ。

くすっとはしたけれど、あんまり笑えなかったし。

まぁ、私、人が多いと人酔いしてしまうたちなので、
ちょっと人酔い状態だったかな。

東京駅の雑踏で、目が回らない方にオススメかも。
あ、あと、ワイドショーの早口に、ついていける人にオススメかも。

私の体内テンポには、ちょい早過ぎた作品でした。

私は文庫で読んだのですが、解説を米原万里さんが書いています。
こんなところでお会いできて、ちょっと得した気分でした。
もちろん、解説もなかなかよかったですよ。
作品の魅力をあますところなく書き、それでいて余計なことは喋らない。
きちんと作品に沿った解説。
久々に、読んでテンションの下がらない解説でした。

【こちらの記事も♪】
まろ茶らいふる
higeruの大活字読書録
恩田陸 TB:2 CM:5 admin page top↑
「逃亡者 木島丈一郎」と「容疑者 室井慎次」
2006 / 10 / 23 ( Mon ) 22:07:29
ビデオで「交渉人真下正義」を見たときに、木島刑事のお話も見たい!と思ったのですが、
やっぱりあったんですねぇ。
「逃亡者…」はテレビで放映されたようですが、知らなかったわ~。

「逃亡者 木島丈一郎」木島刑事、子供を連れて逃げるの巻です。
ロードムービー風といった味付けです。
テレビドラマならではの安直なストーリー展開が、何だかこの方の雰囲気と合っていたような…(*^_^*)
木島刑事と小6の少年が、気がつけばいつも手をつないでいたのが、
とても印象的でした。

「容疑者 室井慎次」こちらは映画になったほう。ふ~む、何だかテレビドラマよりも映画のほうが、どうしても見る目が厳しくなってきます。
だってお金払って見るものとして作っているんだものねぇ。
そこはやっぱり、きっちり作ってもらいたいという要望が。。。
警察内部も、拝島弁護士事務所も、何だかとってもゴージャスですねぇ。ここまでリアル感に欠ける「舞台装置」になってしまうと、お話自体もまるで演劇空間のような感じがします。
これって、ノンフィクションを印象づけるためのものなのかなぁ。
警察庁と警視庁とか、やけにリアルにこだわったところと、
何だか乖離しているような気がしました。
室井管理官のお話だから、巨悪に立ち向かうエリート官僚のお話かと思っていたら、ラスト、結構ずっこけたような気がします。
真実、真実とうるさかったので、どんな真実が出てくるかと、結構楽しみにしてたのになぁ(^^;)
これかよ~って感じです。
相川翔のひと言、「こんなつまんないことに振りまわされていたのかよぉ」(うろ覚え^^;)が、とっても気持ちを代弁してました。
「交渉人…」のときにも思ったけれど、相対する犯人に魅力がないと、作品としての魅力も今イチ。。。。
ま、無口な室井慎次の過去が分かっただけでも、この映画はヨシなのかな、とも思います。
それを目的に作られた映画なのかな(*^_^*)

来週は弁護士灰島の回だそうで。
灰島ってとっても嫌なヤツだけど、ちょっと前にマスコミで騒がれていましたねぇ、こういう頭でっかちで、幼稚で、金のためだけに動いているヤツ。
この人には、最後まで改心しないで突っ走ってほしいなぁ。
だってこういう人に改心されると、とっても安っぽく見えるんだもの(^^;)
てれび TB:2 CM:7 admin page top↑
「家守綺譚」梨木香歩
2006 / 10 / 20 ( Fri ) 14:27:15
眠りにつく前に読み聞かせてもらいたい本。
穏やかな時間が流れます。

★★★★☆

日常にこぼれ出る豊穣な気配。
花は人を恋い、水は友を招く。
それは、ついこのあいだ、ほんの百年すこし前の物語。
                  (文庫帯より)



物語の語り手は、若き物書き、綿貫征四郎。
なので、朗読の声は絶対に男の人。
渋くて落ち着いていて、日本語がきれいに聞き取れる人。
ということで、ご登場願ったのが城達也。
脳内劇場で繰り広げられる城達也の朗読は、夢とうつつをさまよって、
河童や小鬼の住む世界にふわりと連れていってくれたのでした。

私も河童や小鬼に会いたい。サルスベリと話したい。
私が見えないだけなのか、それとも河童も小鬼も桜鬼も人を化かす狸も、みんないなくなってしまったのか。
どちらなんだろうなぁと思いながら、
巻末の征四郎の随筆『やぶがらしの記』(漢字が出てこない)を読みます。

畢竟自分の中にある以上のもの、または自分の中にある以下のものは、見えぬ仕組みなのだ。

そうか、私には見えないだけで、きっとどこかにいるんだね。
何だか胸の奥がポッと暖かくなりました。

【こちらの記事も♪】
もみじの本屋
ぱんどら日記
苗坊の読書日記
梨木香歩 TB:4 CM:12 admin page top↑
「メタボラ」299~316覚書
2006 / 10 / 18 ( Wed ) 12:22:22
まぁ、予想どおりというか何というか。。。
ここでは香月雄太くん、ひたすら劣悪な労働環境に絶望しています。

続きを読む
メタボラ覚書 TB:0 CM:17 admin page top↑
「蒲公英草紙」恩田陸
2006 / 10 / 17 ( Tue ) 10:53:15
常野物語、第2弾。
私は第3弾の『エンド・ゲーム』のほうを先に読んだのだけど、
『エンド・ゲーム』より、常野一族の息吹を感じられた物語でした。

ゆったりと穏やかで、高貴な空気に包まれた作品です。

★★★★☆

時は日清戦争後。福島に近いとある農村地帯。
ここは、古くから槇村家を中心に、暮らしていた集落だった。
主人公峰子は、病弱な槇村家の娘、聡子の話し相手としてお屋敷に出入りする。
聡子は、美しく聡明で、だれからも愛されていた。
ある日、お屋敷に春田一家がやってくる。
春田葉太郎、奥さん、峰子の2つ年上の紀代子、1つ年下の光比古。
彼らは常野の人であり、
しまい、響かせることが仕事だった。
春田一家を迎え入れたお屋敷に、ゆったりと時間が流れる。
そして雨。。。。



【こちらの記事も♪】
苗坊の読書日記
読書感想文とブツブツバナシ
粋な提案


続きを読む
恩田陸 TB:3 CM:6 admin page top↑
「エンド・ゲーム」恩田陸
2006 / 10 / 16 ( Mon ) 07:42:08
光の帝国』、『蒲公英草紙』に続く常野物語第3弾です。

深い。

★★★★☆

『光の帝国』に収録されていた『オセロ・ゲーム』の続編。
実は私、毎度のことながら、『オセロ・ゲーム』のあらすじを忘れてました。
なので『エンド・ゲーム』を読んでる途中で、あわてて読み返してみました。
…薄い印象。うん、ま、忘れるだろうな。
『オセロ・ゲーム』は、恩田さん特有の予告編みたいな作品でした。

で、『エンド・ゲーム』

拝島瑛子・時子母子は父親の失踪後、「あれ」を「裏返す」闘いを繰り返していた。
恐怖と緊張の毎日。
そんな中、瑛子が意識を失った。
途方に暮れる時子。
もしものときに連絡するようにと、いつも冷蔵庫に貼ってあった電話番号に電話する。
電話はコトノ薬局につながった。
コトノ薬局から紹介されたのは「洗濯屋」火浦。
そして時子は…。



【こちらの記事も♪】
苗坊の読書日記
まろ茶らいふる
続きを読む
恩田陸 TB:1 CM:4 admin page top↑
映画「連理の枝」
2006 / 10 / 13 ( Fri ) 17:14:21
長女と次女が借りてきたDVD。
せっかくだから(?)私も観ました。

突っ込みどころ満載の映画でした(爆)

とんでもなくネタバレです(^^;)
続きを読む
映画 TB:0 CM:0 admin page top↑
「ぶたぶたの休日」矢崎存美
2006 / 10 / 12 ( Thu ) 14:27:07
ぶたぶた』から約1年。
私はあなたにお会いしたかったです。
今回もとても心がほっこり温かくなりました。
ぶたぶたさん、大好きだわ♪

★★★★★

『約束の未来』
『評判のいい定食屋』
『女優志願』
を挟んで、『お父さんの休日』が4話入っています。

占いの弟子(?)のぶたぶた。
定食屋のシェフのぶたぶた。
そして刑事のぶたぶた。

もうぶたぶたさん、何をしていてもいいっ♪
何だろう、1つ1つのしぐさがとっても幸せ。
ひと言ひと言がとっても好き。

私も山崎ぶたぶたさんの奥さんになりたいのでした。

【こちらにもぶたぶたさんのファンが♪】
My Favorite Books
矢崎存美 TB:0 CM:10 admin page top↑
曼珠沙華
2006 / 10 / 12 ( Thu ) 11:48:24
私は彼岸花が嫌い。
彼岸花の花の色は血の色だから。

私には3人の子供がいる。高2長女、中3次女、小6長男。
だけど本当はもう1人、長女と次女の間に子供がいた。子供って言えるのかな~。分かんないけど。
その子はお腹の中で死んじゃった。
まだ胎児とも呼ばれない時期だった。
確率的に育たない種もある…産婦人科での説明は、私にはすんなり受け入れられた。
今回のことは人智を越えたことだったのだと納得できた。
育たなかった子は自然に流れてしまうことが多いのだけど、
それでもお腹にとどまっている「稽留流産」の状態は、
人工的に流産させなければいけない…らしい。
まぁ要するに中絶と同じ手術やね。

なので私は手術を受けた。

手術中、夢を見た。
血の池地獄に私がどっぷり浸かっているの。
私はただ恐くて、だれかに助けてほしくて、でも意識のどこかで、この中に赤ちゃんがいるんだと知っていた。
私は1人で血の池から引っ張り出された。
ホッとしたとき、赤ちゃんの泣き声がどこかで聞こえたような気がした。

目が醒めて号泣した。自分で、何で泣いてるのか分からなかった。
悲しい気持ちはどこを探してもないはずのに。

翌日、1人でタクシーに乗って家に帰った。
道端のあちこちに彼岸花が咲いていた。
彼岸花の赤が胸を抉るようにぐさりと痛くて、私、きっと一生彼岸花がキライ、とそのとき思った。

毎年彼岸花を目にすると、やっぱりあの赤が胸を抉ってね。

…そんな話を次女にしたのが今年の冬。1月25日でした。
何でそんな話になったのかな。
ただ、「ママ、彼岸花キライなんだ~」「何で?」という会話の流れだったように思うけど。

次女は、「そうなんだぁ。」という反応だった。
私も、「そうなんだよぉ~」と片づけものを始めた。
こんな話も娘とできるようになったんだなぁなんて、
ちょっと娘の成長なんかを思いながら。

しばらくして、2階に上がっていた次女がまた私のところに舞い戻ってきて、「はい」と手紙を手渡した。

「ままへ
あのですね、私は思った事があるのです。口がうまくまわらなそうだから手紙にします。
ままの流産の話を聞いててね、花を見ると(何の花だっけ)血を思い出すって言ったでしょ。私は、これからも思い出して欲しいのです。
きれいだねってその花を見るより、すごく嫌な思いで涙が出そう(?)
になったほうがいいと思うのです。
それは、一緒に住む事も話す事もできなかったけど、3か月間(?)だけだったけどままの子の存在を忘れては欲しくないからなのです。
なんだか文がおかしいです。でも何か思ったから書いてみた(≧∀≦)♪」

…泣けて泣けて泣けて泣けて。
…泣けて泣けて泣けて泣けて。
久しぶりに、涙が止まらないほど泣きました。

彼岸花
彼岸花

今年の彼岸花は風に揺られて気持ちよさそう。
お日さまにあたって、ふんわりと気持ちよさそう。

彼岸花
彼岸花

彼岸花に「元気?」って聞いたら、はにかんだように笑ってた。
ひとりごと TB:0 CM:8 admin page top↑
「今夜は眠れない」宮部みゆき
2006 / 10 / 11 ( Wed ) 20:42:56
文庫で読みました。
ページ下にパラパラマンガがついてます。
ページ上も余白です。
つまりとっても字数が少ないです。
読みやすいです。

★★★☆☆

中1の男の子が主人公。
お母さんに、過去の親切の恩を報いたいということで、
5億円の遺産が転がり込みます。
お父さんはどうやら浮気をしているらしい。
けれどそんな家族の微妙な雰囲気には関係なく、
僕たちはマスコミのえじきになります。
お父さんとお母さんの諍い。
僕は本当にお父さんの子供なの。
僕は真相を知るべく、探偵ごっこを始めます。



と、まぁこんなお話。
「僕」が貸別荘に着いたあたりから、あぁ、これって推理小説だったんだっけと思い出しました。
私はてっきり、施設がもっとアヤシイ団体で、寄附を要求してきているのかと思いましたよ。…う~ん、私って汚れたヤツかも。

本当に軽く読めるお話。
さらっとしていて、でも家族の絆なんかも意識していて。
「ちょっといい話」なのではないのかな。

でもお母さん。
人の心は試すものではないと私は思うよ。

【こちらの記事も♪】
苗坊の読書日記
読書感想文とブツブツバナシ
ひろの東本西走!?
宮部みゆき TB:2 CM:8 admin page top↑
「龍の契り」服部真澄
2006 / 10 / 10 ( Tue ) 09:02:12
読むのに時間がかかった作品。
なのに読み終わったら、まずまずおもしろかったんじゃないかな、と思えるから不思議。

★★★☆☆

読むのに時間がかかったのは、ひとえに私の単純な頭のせいである…と思います。
場面転換が早いわ、登場人物は多いわ…で、あちこちで軽く混乱。
この、「軽く」というところがミソで、すごく混乱して、何が何だか分からなくなってしまっていたら、きっと放り出していたと思うのですが、多少なりとも理解はできるので、先が気になる。
そんなこんなで、やっとこさっとこ引っ張っていってもらったのでした。

スパイものですからね、こっちの策略、あっちの思惑、あっちで乱れ、こっちで絡み、というダイナミズムが醍醐味であるのでしょう。
その点で、この作品はよく描けているのだろうと思います。(断定できない私^^;)

途中、ダナ、危うし!の場面があったり、
アディールの女優魂炸裂の脱出劇があったり、
パスワードを盗み出す、なるほどの手口があったり、
追っ手の迫る緊迫場面があったり、
1つ1つの場面がときどきおもしろかったことも、
読む気を削がれなかった理由の1つであると思います。
(ときどき…というところもまたミソで、ときどきだから、一気読みにはつながらないということもあったかも)

沢木の同期であり、最大のライバルが「あの方」という設定も、なかなかおもしろかったです。(登場シーンがあるのかなぁと少し期待してたので、ネタ程度で終わったことがちょっと残念。)

ラオの妖しい雰囲気も魅力的でした。

だけど、何と言ってもチャーリーにびっくり。
ここまでスコーンと落とされると、逆に気持ちのよいものです。
見抜いた沢木も、切れ者という設定の割には人がいいというか、何だか抜けたところがあるというか、坊ちゃんタイプのようなイメージを持っていたのですが、結構やるじゃん!と見直しました。

沢木と西条の考え方、ダナとアディールの雰囲気など、ちょっとかぶるところがあって、人物の深みという点で軽さを感じる。
内面描写や人物背景がほとんどなく、会話によってそれぞれの信義やよって立つところが描かれているせいか、伝わる思いに重さを感じない。
など、「大きく心を揺さぶられる」ところまではいかなかった作品ですが、これはこれで、エンターテイメントとしてあり、なのかなあとも思います。
デビュー作でこれだけの鋭い切り口、壮大なスケール、独自のアジア観。
なかなかのものではないのかな。

次作『鷲の驕り』。
チラッと見たら、私がとても欲しかった人物紹介表も載ってます。これは少し楽かも\(^o^)/
楽しみです。
服部真澄 TB:2 CM:2 admin page top↑
さて、読書の秋
2006 / 10 / 07 ( Sat ) 17:26:14
やってきました読書の秋~♪
なのに私は読む本がない~♪
本はあるけど、読む気になれな~い♪

ということで、久しぶりに図書館で借りてきました。

『ぶたぶたの休日』矢崎存美
『さよならバースディ』荻原浩
『エンド・ゲーム』恩田陸

ついでに本屋さんでも買いました。

『ドミノ』恩田陸

『家守奇譚』が欲しかったんだけど、まだ出てないみたい。残念。

でも、しばらくは楽しめそう\(^o^)/
読書メモ TB:0 CM:16 admin page top↑
今日は十五夜
2006 / 10 / 06 ( Fri ) 21:22:40
…のはずなんだけど、朝から土砂降りです。
低気圧のせいか、寒気のせいか、朝からぐだぐだです。

『龍の契り』読み終わりました♪
感想はまた後で。
チャーリーにびっくり!とだけ書いておこう。
日々のつれづれ TB:0 CM:8 admin page top↑
9月に読んだ本&ブログ案内図
2006 / 10 / 04 ( Wed ) 21:17:55
10月に入りました♪
9月は『照柿』がメインでした(*^_^*)
ハードカバーも文庫版も読めた…ということが、何となく自己満足♪

9月に読んだ本はこちら↓

【小川洋子】ミーナの行進
【垣根涼介】ヒートアイランド
【高野薫】照柿(ハードカバー版)
     照柿 上・下(文庫版)

それにしても少ないなぁ。。。(*^_^*)
読書の秋はいずこへ????

「日だまりで読書」に生息してる感想文はこちら↓

月別・読了本 TB:0 CM:4 admin page top↑
「龍の契り」まだ途中 服部真澄
2006 / 10 / 02 ( Mon ) 16:15:31
服部真澄のデビュー作『龍の契り』を読んでます。
長編国際謀略サスペンスなんだって。

はっきり言ってとても読みにくい。
もう5日ぐらい読んでる気がするんだけど、まだ3分の2まで。
う~ん、話自体はおもしろい気もするんだけど、何せ出てくる登場人物がたくさんいて、場面ごとに主要人物がコロコロ代わる。。。
テレビで映画を観ている気分に似ています。
なんかね、感情移入できずにあらすじだけを追ってる感じ。

あと3分の1。全部の登場人物が香港に集結して、ドキドキハラハラの策略合戦があったら一生懸命読んじゃうんだけどな~。
私の興味は、香港の中国返還阻止文書の行方より、その内容より、沢木がダナとくっつくか…だけになってきた。。。。

ここまで来たから全部読もう…という気はあるけれど、
挫折の予感もしている今日この頃
その他の作家 TB:0 CM:2 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。