FC2ブログ
祝1か月♪
2006 / 11 / 27 ( Mon ) 15:27:16
1か月前のこと。
だんなから帰るコールがあって、「今日はちゃんと起きて待っていてね」とのこと。
おみやげがあるんだって。
何かな?起きてなきゃダメってことは、生ものかな。

ドッドッドッという音とともに帰ってきただんな。
なんと、原チャリ買ってきましたぁ

最近バイクの免許を取り、そのおもしろさに目覚めただんな。
自分だけじゃ悪いとでも思ったのかな。
私も小型自動二輪の免許を持ってたことを、今更のように思い出したのかな。
楽だから、これに乗りなよって、簡単に言うけどさぁ。。。
ちょうど愛用自転車もパンクしてしまって、
「これ、直すより買ったほうが安上がりですよ」と言われたばかりなんだけどさぁ。

次の日、近所の小学校の駐車場を借りて、ポコポコ走らせてみます。
こ、こ、こわい
20キロも出さなかったけど、自転車より速くて恐いぞ。。。

だけど、とりあえず自転車もないし、「乗らなきゃ慣れないよ」というのももっともだし、で、小学校行くのも、買い物するのも、ポポポポ原チャリで。
ついでに2駅先のカテキョのおうちも原チャリで。

うはは!これ、とっても楽♪
案外簡単♪
ヘルメットをいちいちかぶらなくちゃいけないところがめんどいけど。
自転車では一方通行標識なんて無視していたから、あちこち通れない道があるって知らなかったけど。

以来、しっかり私の足になったのでした。

雨の日にはちゃんとカバーかけたりしてね。

土曜日には、30キロ離れた次女の学校まで、ポポポポ走らせてきました。
あちこち迷子になったから、すご~く時間がかかったし、
寒くて大変だったけど、(だから結局懇談会には30分遅刻したけど^^;)
おもしろかったぁ\(^o^)/
農道とか山道とか、なんかくねくねしてるところが楽しいの。

今まで、ヤバッと思ったことは、2回。
小学校からの帰り道、ちょっと頭の中がヒートアップしていたので、コロッとヘルメットをかぶり忘れて、ノーヘルのまま家まで乗って帰ってしまったこと。
もう1回は、お買い物のとき、キーを抜き忘れて、つけたままスーパーに入ってしまったこと。
自転車なんて、ホント乗り捨てかいと思うぐらい気を遣ってなかったから、お買い物で鍵なんて掛けてなかったものな~。
気をつけましょ。(でもだんなにはナイショ)

事故なく乗れますように♪
これから寒くなるから、防寒グッズのチェックに余念のない私です(*^_^*)
スポンサーサイト



日々のつれづれ TB:0 CM:10 admin page top↑
「メリーゴーランド」荻原浩
2006 / 11 / 27 ( Mon ) 12:09:48
おもしろかった!
痛快なストーリー展開、個性的な脇役陣、ほろ苦い現実なんかを織り交ぜて、暖かい読後感が残ります。

★★★★☆

こ、この俺が、超赤字テーマパークを立て直す?!――地方都市の村興しに翻弄される公務員の、可笑しくてやがて哀しき奮闘を描く「宮仕え小説」の傑作!(Amazonより)



「宮仕え小説」…う~ん。まぁ、主人公が地方公務員であることや、公務員ならではのお仕事作法など、随所に「宮仕え」らしさが溢れてはいるのですが、基本、子供に誇れる仕事をしようと頑張るお父さんのお話です。そういう意味で、この作品、「お父さん奮闘記」という感じかな。
随所にはさまれている、啓一の、息子哲平の妄想作文(?)が、啓一の頑張る源なんだよね。
その、気概の小ささというか、大志を抱いていないところが、「サラリーマン」のイメージをそのまま絵にかいたような人物です。
なのに、そんな人が不可思議なお役所仕事を飛び出して、あくの強い人たちを束ねて頑張るお話だもの。
読んでいる私も、啓一、頑張れと応援したくなってきます。

いくらなんでもそこまで、と、普通なら鼻白む物語展開も、
テンポのよさに引きずられて、逆に爽快。いいじゃない、こんなことがあったってと思ってしまう。

けれども、この作品のよいところは、そこで終わらないところです。
硬直した組織の上意下達のシステムが、最後までがっちり描かれています。
こんな中で働いていれば、やる気だってなくなるだろうな~なんて。
ちょっと社会派目線にもなります。
でも、あくまでもちょっとだけ。

小難しいこともいろいろあるけど、
ここにある幸せが一番なんだと感じているであろう啓一が、とても清々しかったのでした。

それにしても。
お役所仕事ってホントにこんな感じなのかな。
以前、公共施設に入れる監視装置のプログラムを作るお仕事をしていたことがありました。
地名は旧字体でなくてはならないだの、
グラフの枠は二重線が決まりだの、
上長確認印欄をもう1つ分増やせだの、
装置自体の使い勝手をさておいて、何だかど~でもいいことで、何度もやり直しさせられたことなんかをちょっと思い出したのでした(^^;)

【こちらの記事も♪】
読書感想文とブツブツバナシ
たこの感想文
higeruの大活字読書録
AOCHAN-Blog
31ct.読書部屋
映画な日々。読書な日々。
itchy1976の日記
ご本といえばblog



荻原浩 TB:7 CM:8 admin page top↑
* HOME *