FC2ブログ
「チルドレン」伊坂幸太郎
2006 / 12 / 05 ( Tue ) 13:45:54
陣内、ユニークです。
この人を見てると飽きないでしょうね。

★★★★☆

短編集のふりをした長編小説だそうです。
だけど、読んでみたらやっぱり連続短編小説です(^^;)
軽妙で、だけど心に響く言葉がたくさんあって、
好きだな~、この作品。

『チルドレン』で陣内が熱く語ります。
「少年と向かい合うのに、心理学も社会学もないっつうの。あいつらは統計じゃないし、数学でも化学式でもない。だろ?…それなのに調査官が、『ああ、こいつはこういう家庭環境のパターンね』『これは以前扱った非行と同じケースだね』なんて型にはめたら、愉快なわけないさ。バレンタインデーで周りの男と同じチョコをもらうのと同じだよ。好きな子からもらって、喜んで開けたら、みんながもらっている義理チョコと一緒だった、というのと、同じくらい悲劇だよ。悲劇は不要だ。調査官は、担当する少年が『他の誰にも似ていない、世界で一人きりの奴』だと思って、向かい合わないと駄目なんだよ」
「向かい合う」というのはそういうことだと思います。
いじめ問題を議論している有識者にすごく違和感を感じている私には、ストンと胸に落ちた言葉でした。
いじめを定義することから始めることに、どんな意味があるんだろうとか、いじめと一括りにして分かった気でいても何も分からないんじゃないかとか、救うなんてエラそうなこと、一体だれができるのかとか、思います。
演繹法ではなく帰納法で、考えないといけないんじゃないかなぁ。(演繹法と帰納法、なんか違うかも。まぁ雰囲気です^^;)
マニュアルがあればいいってもんじゃない。
空疎な、誰に向けて書いたか分からないお願いのお手紙1つ書けばいいってもんじゃない。
いじめられた子に逃げ場があればいいってもんじゃない。
いじめた子を社会奉仕させればいいってもんじゃない。
子供の世界に大人が監視の目を光らせていればいいってもんじゃない。
1人の血の通った人間に、その子の生きてる世界に、向き合うのが最初の一歩なんじゃないかなぁと思うのです。
まぁ陣内の場合、その10分後には、
「いいんだよ、こんなのは。適当でいいんだ。少年なんてさ、みんなやることは一緒。ワンパターンなんだよ」などとほざくのですが(^^;)
そこが、何か心軽くなったりもするのですが。
あんまり深く思い詰めても、お互い息苦しいんですよね。

【こちらの記事も♪】
AOCHAN-Blog
苗坊の読書日記
読書感想文とブツブツバナシ
たこの感想文
生きることにも心急き、感ずることも急がるる
続きを読む
スポンサーサイト



伊坂幸太郎 TB:5 CM:8 admin page top↑
* HOME *