FC2ブログ
「クリスマス・ストーリーズ」アンソロジー
2007 / 01 / 06 ( Sat ) 14:33:34
クリスマスの時期に読んだ本です。
緑と赤のキラキラ装丁で、クリスマスにぴったり!という雰囲気だったのですが、
う~ん、私の思ってた「心温まる優しい物語」とは違っていたかも。
定番のような「クリスマス」物語は書きたくない!みたいな作家さんたちの意地(?)だったのかもしれません。
ちょっと大人の、ビターなクリスマス・ストーリーズ…だったかな。

★☆☆☆☆

『セブンティーン』奥田英郎
 17歳になる娘が、クリスマスイブにお泊まり。心配もあるけれど、みんな1度は通る道。お母さん由美子の心の揺れを描いた作品。

私にもお年頃の娘がいるから、由美子の心配する気持ちも、まだ早いと思う気持ちも、今日止めてもその気になればいつでもできると諦める気持ちも、後悔しないでほしいと願う気持ちも、分かります。
夫に相談しようなんてさらさら思わないその気持ちも。
分かるだけに、おもしろみのないお話でした。
地味、地味、地味。。。(-_-)

『クラスメイト』角田光代
結婚5年目にして、夫の浮気が原因で離婚に至った夫婦。
私たちが高校生だったら、こんなことも甘い思い出に変わるのにね。

『私が私であるために』大崎善生
私は夜行列車に乗る。初めての恋人との初めての別れ。
不倫関係にあったその男との別れを背負って、夜行列車に乗る。

『雪の夜に帰る』島本理生
東京からパスで1時間半。長距離というより中距離恋愛の私たち。
少しずつ倦怠期。
積もり重なった気遣いの中で、なにか大切なものが埋もれていくような気分。
だけどやっぱり。帰ろう。

『ふたりのルール』盛田隆二
園田花織、経理部勤務。クリスマス・イブの夜、営業の小林君と飲みに行った。
だけど私は不倫中。せっかく作った手料理も、ドタキャンされて、だめになる。でも。。。

『ハッピー・クリスマス、ヨーコ』蓮見圭一
とーちゃん、かーちゃんとのなりそめを話すの巻。

地味だと思った奥田さんの作品以外、もう私、感想すらありません(^^;)
やっぱ、恋愛小説ってど~もダメだわ。
基本、興味ないのかも。人様の恋愛(-_-)

【こちらの記事も♪】
My Favorite Books
粋な提案
スポンサーサイト



アンソロジー TB:2 CM:4 admin page top↑
* HOME *