FC2ブログ
「鳥人計画」東野圭吾
2007 / 01 / 16 ( Tue ) 14:30:28
スキージャンプ界のお話です。
ジャンプ競技って、
札幌オリンピックでの金・銀・銅3冠達成とか、
原田の会心のジャンプとぐちゃぐちゃ涙とか、
印象に残っている場面はあるのですが、オリンピックのときぐらいしか見ないので、ついつい忘れている競技ですね。考えてみれば。。。

1989年発表の作品です。
その頃のジャンプ界はニッカネン一色で、日本勢は不振にあえいでいた時代だったとか。
そんな時代を背景に、成り立っている作品です。

★★★☆☆

天才ジャンパー楡井が毒殺された。犯人にあてられた自首を勧める手紙。そして、警察に届いた密告状。
犯人はなぜ楡井を殺したのか。
そこに隠された計画とは。
そして、驚きの真実。。。。



物語最初の段階で殺される楡井。
けれども、死後に語られる彼の人となりがとても印象的です。
緊張やプレッシャーとは無縁の精神構造。
難しいことは考えないヤツ。ただ飛ぶことを純粋に楽しんでいるヤツ。
天才ジャンパー楡井の日常がユニークで、なるほど天才って常人と違うわ。。。と思わせる人物造型です。
どこか往年の長嶋茂雄に似ているかも。
もし楡井がもっと長生きしていたら、きっと国民的ヒーローになっただろうな~なんて思います。(周りの人は大変だろうけど^_^;)

『放課後』で用いられた図よりも詳細なグラフや模式図が説明の途中に入り、ちょっと本格っぽい雰囲気を醸し出しています。
東野さん、自分の得意分野をフルに利用したんだろうなぁなんて、そんなどうでもいいことを思います。

ただ、この20年間のコンピューター技術の思いも掛けないほどの飛躍的発展が、この作品に古さを与えてしまっているのが難点です。
作品の要である『鳥人計画』…これって、今どきの先進国では、副作用もない形で取り入れられているんだろうなぁ。。。。
なのですぐに計画の察しがつき、ちょっと興が削がれてしまったのでした。
残念。

それにしても杉江夕子。。。。まぁ、父泰介が悪いとは思うけど、何だかなぁ。同情できないなぁ。。。。

【こちらの記事も♪】
やぎっちょのベストブック
スポンサーサイト



東野圭吾 TB:2 CM:8 admin page top↑
* HOME *