FC2ブログ
「母恋旅烏」荻原浩
2007 / 01 / 18 ( Thu ) 14:57:00
破天荒なお父さんに翻弄される家族のお話です。
ほとんどの語り部である次男・寛二の幼い口調が、何ともユーモラスに、ほんわかと雰囲気を和らげています。

★★★☆☆

前半はお父さんの興したレンタル家族会社を、家族全員、嫌々ながらも手伝うお話。
後半は、お姉ちゃんが独立し、お兄ちゃんが家を出て、お父さん、お母さん、寛二の3人がお父さんの古巣、大衆演劇一座に加わるお話。

家族はいつまでも家族ではいられない。
子供は大きくなったら独立し、そして再び夫婦2人の生活に戻るもの。
……とは限らない!



人情喜劇のドタバタが基調のこの作品。
1章で意表をつかれたりもしましたが、
全体的な印象は凡打かなぁ。。。
流れが自然すぎて、家族の間の感情の絡みも分かりすぎて、
枠内に収まっているような、そんな印象が残りました。
いえ、おもしろかったんですよ。
きっとこれ、荻原さんが書いたのではなければ、
ユーモアたっぷりで楽しかったです、読後感もよかったです、で終わるような気がします。
何だか荻原さんには、それ以上のものを期待している私。
もっとハチャメチャを!!
な~んて、どっぷり笑いたいだけなんですけどね(*^_^*)
だけど考えてみると、荻原さんの作品って、ちょっと現実ばなれしたところに笑いがあって、だけど現実もしっかりそこにあって…という作品が多いかも。
あらま、もしかして私、読むタイミングをちょっと間違えてしまった???

続きを読む
スポンサーサイト



荻原浩 TB:2 CM:4 admin page top↑
* HOME *