FC2ブログ
「まひるの月を追いかけて」恩田陸
2007 / 05 / 12 ( Sat ) 15:00:52
いかにも恩田さんの好みそうなロードムービー風の作品。
「まひるの月」のような淡いトーンに仕上がっています。

★★★★☆

静は、今まで2回しか会ったことのない女性と一緒に奈良に旅する。
旅の目的は渡部研吾。
舞台の主役はだれ?



少しずつ、少しずつそれぞれの関係が明らかになっていき、
確定したかと思うと、また揺れ動く。
靄のかかったような関係性と人物像が、
なるほど「まひるの月」なのです。

関係性がいとも簡単にひっくり返る。
だから次の章を読まずにはいられなくなる。
この作品、「オール読物」に不定期に連載していたそうですが、
連載当時は、さぞかし続きが気になっただろうなぁと思います。

描かれているものは喪失、依存、親子関係。

奈良ののどかで大らかな風景が、
その生々しさをオブラートに包むように、
作品全体を包み込んでいます。

唐突な旅の始まりと、予期しない旅の終着点。
そこで交わされる会話は、深くなるかと思えば、するりとかわされ、
油断していると思わぬ深みに出くわす。
旅で見えてきたのは、ほかならぬ自分自身。
そして、旅は終わっても人生が終わらないのと同じように、
旅が終わっても物語は終わらない。この不完全。

私は、自分が観客として確かにそこに参加していたことに満ち足りたものを感じ、
そして日常に戻ったのでした。

【こちらの記事も♪】
たこの感想文
苗坊の読書日記
ご本といえばblog


続きを読む
スポンサーサイト



恩田陸 TB:2 CM:4 admin page top↑
* HOME *