FC2ブログ
「隠蔽捜査」今野敏
2007 / 07 / 30 ( Mon ) 18:04:08
おもしろかった!
何事も、突き抜ければ痛快。

★★★★☆

竜崎伸也、四十六歳、東大卒。警察庁長官官房総務課長。連続殺人事件のマスコミ対策に追われる竜崎は、衝撃の真相に気づいた。そんな折、竜崎は息子の犯罪行為を知る―。互いに自らの正義を主張するキャリアとキャリアの対立。組織としての警察庁のとるべき真の危機管理とは。



この竜崎伸也は、ガチガチのエリートってこういう人なんだろうなぁというイメージ像を具現化している人です。
当然、何、こいつ?みたいな人。(笑)
だけど、この人、筋が通っているんですよね、この人なりに。
ノーブレス・オブリージュっていうんですか。
そんな言葉を思い出します。

そんな竜崎でも、自分の息子のことになると、悩むし揺れる。
その中で、竜崎なりに決断を下すに至る経緯が、結構読ませます。
ちょっとね、竜崎のことをいいなと思っている自分がいました。
うん。これだけ本気で「公僕」に徹している人、1人ぐらいいてもいいよね。
こういう人がいる限り、国も安泰なんじゃないかなぁなんて。
自分が信じた道を行けることも、また幸せの形なんじゃないかなぁなんて。
いや、奥さんには絶対なりたくないけど。
「家庭のことはおまえに任せる。おれは国のことを考える」ってさぁ(-_-)


第2弾に『果断』があるようです。
さくさく予約しました\(^o^)/

【こちらの記事も♪】
Gotak*Log
higeruの大活字読書録
生きることにも心急き、感ずることも急がるる
スポンサーサイト



今野敏 TB:2 CM:6 admin page top↑
* HOME *