FC2ブログ
「どこから行っても遠い町」 川上弘美
2009 / 06 / 14 ( Sun ) 16:13:50
あらあら,気がついたら,随分長い間,放りっぱなしになってましたねぇ(^^;)

んでもって,その間に読んだ本はこれだけです。

なんか過去最高に読んでない。
ま,いっか。

人って,人とつながって生きているのね~と思える作品でした。

★★★★☆

捨てたものではなかったです、あたしの人生――。男二人が奇妙な仲のよさで同居する魚屋の話、真夜中に差し向かいで紅茶をのむ「平凡」な主婦とその姑、両親の不仲をじっとみつめる小学生、裸足で男のもとへ駆けていった魚屋の死んだ女房……東京の小さな町の商店街と、そこをゆきかう人びとの、その平穏な日々にあるあやうさと幸福。川上文学の真髄を示す待望の連作短篇小説集。(Amazonより)




【こちらの記事も♪】
デコ親父はいつも減量中


続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

川上弘美 TB:1 CM:5 admin page top↑
* HOME *