スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
流れた本
2009 / 07 / 27 ( Mon ) 22:21:41
実は私,両目とも結膜炎にかかってしまい,ずーっと本が読めませんでした。
今もまだ目がかすんでいるので,活字を追うのはちと辛い。

ということで,図書館で借りていたのに,期限が切れてそのまま返した本たちは。

『オリンピックの身代金』奥田英朗
『小生物語』乙一
『天空の蜂』東野圭吾
『死とどう向き合うか』アルフォンス・デーケン
『人生の暗号』村上和雄
『種をまく子供たち』佐藤律子編

あはは
珍しく真面目な本を頼んだのがいけなかったのだろうか(^^;)
『オリンピック…』は,半年以上は待ったのにぃ。。。
とってもとっても心残りでした。

…この際,買うか???
スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

読書メモ TB:0 CM:4 admin page top↑
「おまけのこ」 畠中恵
2009 / 07 / 25 ( Sat ) 23:51:23
『しゃばけ』シリーズ第4弾。
第3弾の『ねこのばば』は貸し出し中だったため,
こちらから読みました。
ぬしさまへ』同様,優しい読後感の作品でした。

★★★★☆

摩訶不思議な妖怪に守られながら、今日も元気に(?)寝込んでいる日本橋大店の若だんな・一太郎に持ち込まれるは、訳ありの頼み事やらお江戸を騒がす難事件。親友・栄吉との大喧嘩あり、「屏風のぞき」の人生相談あり、小さな一太郎の大冒険ありと、今回も面白さてんこ盛り。お待ちかね、大好評「しゃばけ」シリーズ第四弾!身体は弱いが知恵に溢れる若だんなと、頼れるわりにちょっとトボケた妖たちの愉快な人情妖怪推理帖。(Amazonより)



うん,このシリーズ,好きだわ。


続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

畠中恵 TB:0 CM:0 admin page top↑
『金春屋ゴメス』  西条奈加
2009 / 07 / 24 ( Fri ) 15:09:16
と~ってもスローペース更新が続いています(>_<)

この作品はお友達のぷらんちゃんオススメの本。
江戸時代のお話かと思いきや!

★★★★☆

300倍の難関を潜り抜け、日本から江戸国へ入国を果たした大学生の辰次郎。連れは、元外資系金融勤務の時代劇オタク松吉(NY出身・24 歳)&28ケ国を渡り歩いた海外旅行マニアの奈美(25歳)。身請け先は、容貌魁偉、冷酷無比、極悪非道、厚顔無恥、大盗賊も思わずびびる「金春屋ゴメス」こと長崎奉行馬込播磨守だった!ゴメスは、辰次郎に致死率100%の疫病「鬼赤痢」の謎を追えと命じる―。第17回日本ファンタジーノベル大賞・大賞受賞作。(Amazonより)



ファンタジーノベル大賞ですかぁ。
確か賞金がいいのよね♪
『しゃばけ』も優秀賞だったそうな。
この賞,おもしろいかも♪

【こちらの記事も♪】
新・たこの感想文




続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

西条奈加 TB:1 CM:2 admin page top↑
「ぬしさまへ」 畠中恵
2009 / 07 / 01 ( Wed ) 22:40:05
ほっこりとおもしろかったです。

★★★★☆

きょうも元気に(?)寝込んでいる、若だんな一太郎の周囲には妖怪がいっぱい。おまけに難事件もめいっぱい。幼なじみの栄吉の饅頭を食べたご隠居が死んでしまったり、新品の布団から泣き声が聞こえたり…。でも、こんなときこそ冴える若だんなの名推理。ちょっとトボケた妖怪たちも手下となって大活躍。ついでに手代の仁吉の意外な想い人まで発覚して、シリーズ第二弾、ますます快調。(Amazonより)




第一弾『しゃばけ』を読んだのは,いつのことだったのでしょう。
よく覚えていないけど,長編だった『しゃばけ』より,短編集のこちらのほうが,
ずっとおもしろかった…ような気がします。


…どーでもいいけど,私,ここまで下書き書いたのが6月17日。
おーーーーい,放ったらかしにしないでくれ~~~(^^;)


続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

畠中恵 TB:2 CM:8 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。