スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「ST為朝伝説殺人ファイル」 今野敏
2009 / 09 / 30 ( Wed ) 13:55:54
さくっと読めます。
でもそれだけです。
久しぶりに,ナンジャラホイの作品でした(*^_^*)

★★☆☆☆

伊豆大島、そして奄美大島でダイビング中の死亡事故が発生。どちらの場所も源為朝伝承の地だった。そこに注目したワイドショー番組が事件を取り上げる。ところが番組スタッフからも死者が出る……。本当に事件は為朝の“呪い”によるものなのか? STは謎を追って現地に飛ぶ。「伝説の旅」シリーズ、始動!
(Amazonより)



「伝説の旅」シリーズですか。。。
このまま突き進んでいくんだろうか。
心配。。。(って余計なお世話だ^^;)

今野さん,がんばれ~\(^o^)/


スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

今野敏 TB:0 CM:0 admin page top↑
「ROMES 06 誘惑の女神」
2009 / 09 / 27 ( Sun ) 14:32:13
「そこそこおもしろかった」くらいのつまらなさ(!)だった『ROMRS 06』の続編です。
この作品,シリーズ化される予感。
どこがどう違うのかよくわかりませんが,
不思議なことに,この作品は「おもしろいっ!」の一言でした\(^o^)/

★★★★☆

西日本国際空港で開催が予定されている『魅惑のジュエリー展』。展示の最大の目玉は、純金の女神像。だが、伝説的なテロリスト、フランチェスコ・アウレリオを名乗る犯罪者の狙いは、女神だけではなかった。標的は、西空を守る世界最先端の施設警備システムROMESと、その天才運用者・成嶋優弥。十余年前、 ROMES開発の裏で起きた裏切りの連鎖が、今回の事件を招いたのか?人ゆえの情と思いがけない行動に、ROMESと成嶋の知が試される―。(Amazonより)




【こちらの記事も♪】
苗坊の徒然日記
新・たこの感想文






続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

五條瑛 TB:2 CM:13 admin page top↑
「ボーダーライン」 真保裕一
2009 / 09 / 22 ( Tue ) 23:22:09
「ママ好みだと思ったから」と,次女が学校図書室で借りてきてくれた本。

あらま,よくわかったね~。

★★★☆☆

ロサンゼルスの日系企業で働く探偵のサム永岡は、一人の若者を探すように命じられた。国境に近い町で見つけた彼は、天使のような笑顔を見せながらいきなり発砲してきた―。人としての境界を越えた者と、そんな息子の罪を贖おうとする父親。ふたりにかかわった永岡もまた、内なるボーダーラインを見つめる…。重層的なテーマが響く傑作長篇。(Amazonより)



なんつーか,ハードボイルドタッチの作品でした。
ちょっと前に読み終わったこの作品。
正直いろいろ忘れてます。


【こちらの記事も♪】
☆田舎の絵の具☆

続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

真保裕一 TB:1 CM:4 admin page top↑
「片眼の猿」 道尾秀介
2009 / 09 / 17 ( Thu ) 09:59:23
だんだん道尾さんに慣れてきている自分を感じました。
叙述トリック,どんと来い!(笑)

★★★★☆

盗聴専門の探偵,それが俺の職業だ。目下の仕事は産業スパイを洗い出すこと。楽器メーカーからの依頼でライバル社の調査を続けるうちに,冬絵の存在を知った。同業者だった彼女をスカウトし,チームプレーで核心に迫ろうとしていた矢先に殺人事件が起きる。俺たちは否応なしに,その渦中に巻き込まれていった。謎,そして…。ソウルと技巧が絶妙なハーモニーを奏でる長編ミステリー(文庫裏表紙より)



スピーディーでライトな感覚の文体
魅力的な登場人物。
考えさせるテーマ。

おもしろかったです。


いつものとおり,忘れん坊の備忘録。
なのでネタバレ…だよなぁ。思いっきり。
スミマセン



続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

道尾秀介 TB:0 CM:0 admin page top↑
「直観でわかる数学」 畑村洋太郎
2009 / 09 / 09 ( Wed ) 18:16:47
タイトル書いて初めて気付いたんですけど,
この本,「直感(何かを瞬間的に心で感じ取ること)」ではなく,「直観(物事の本質や真相を経験や推理の力を借りずにいきなりとらえること)」だったのね。
ATOKに助けられました(*^_^*)

★★★☆☆

サイン・コサインや微分・積分が教科書に現れた時、数学と縁を切ったという人は多いだろう。『失敗学のすすめ』の著者として知られる畑村洋太郎・東京大学名誉教授は、「日常世界の住人には高校数学なんて知ッタコッチャナイ」と言い、身につかない理由は、数学の抽象世界を日常生活に置き換えられないところにあると語る。

モノにするコツは、サイン・コサインならば「見えない直角三角形を周りの物事にあてはめてみる」、微分方程式なら「そのほとんどは解けない。教科書は解ける方程式しか取り上げない事実を知る」など、直観的に腑に落ちるポイントを探し出すことだと言う。「直観」とは本質を見抜く力だ。本書が直感的に数学が分かるようになる虎の巻ではないことを断っておく。(Amazonより)



Amazonの本紹介にも「直観」の説明,ちゃんと書いてあるし

「行列って何だっけ」と,すっかり忘れている人や,
逆に「微分ってこういうもんだよね」と,自分なりにイメージがついている人には向かない本だと思います。

「やれって言われれば演習問題解けるけどさぁ。。。んで,これが何なわけ?」
と思っている人にオススメ…かな。




続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

教育・心理学関係 TB:0 CM:4 admin page top↑
「きものであそぼ」 遠藤瓔子
2009 / 09 / 07 ( Mon ) 11:17:15
平成14年初版のムック(というのでしょうか)。
文章がスパスパと活きがよいです。

TPO別着回しコーディネイト、究極の低予算コーディネイト、「着物のお手入れ」基本講座、オススメの着物ショップ・全国古物市情報など、楽しく着物を着るための情報を満載。ビギナーも、この一冊で着物美人! (Amazonより)



続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

着物関連 TB:0 CM:0 admin page top↑
「ねこのばば」 畠中恵
2009 / 09 / 03 ( Thu ) 21:31:15
しゃばけシリーズ第三弾。
ますます快調!

★★★☆☆

え!? 身体が弱くて、繊細で、正義感いっぱいの、あの若だんながグレちゃった?

犬神や白沢、屏風のぞきに鳴家など、摩訶不思議な妖怪に守られながら、今日も元気に(?)寝込んでいる日本橋大店の若旦那・一太郎に持ち込まれるは、お江戸を騒がす難事件の数々――。ドキドキ、しんみり、ほんわか、ハラハラ。愛嬌たっぷり、愉快で不思議な人情妖怪推理帖。ファン待望の「しゃばけ」シリーズ第三弾!(Amazonより)



「茶巾たまご」「花かんざし」「ねこのばば」「産土」「たまやたまや」の5編が収められた短編集。


続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

畠中恵 TB:0 CM:0 admin page top↑
「秋の花」 北村薫
2009 / 09 / 02 ( Wed ) 14:59:52
ちえぞうさん,オススメの1冊。

推理小説でありながら,
人ひとりの命にとても丁寧な作品でした。

★★★★☆

幼なじみの真理子と利恵を待ち受けていた苛酷な運命――それは文化祭準備中の事故と処理された一女子高生の墜落死だった。真理子は召され、心友を喪った利恵は抜け殻と化したように憔悴していく。ふたりの先輩である〈私〉は、事件の核心に迫ろうとするが……。生と死を見つめ、春桜亭円紫師匠の誘掖を得て、〈私〉はまた一歩成長する。(Amazonより)



「眠りました」
ラストの一言に,胸を締めつけられます。。。


続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

北村薫 TB:0 CM:4 admin page top↑
5月~8月に読んだ本
2009 / 09 / 01 ( Tue ) 18:40:30
9月ですね~。
長い夏休みも終わりましたね~。

5月から読んだ本リストすら作っていなかった私。
更新もさぼりまくりな日々が続いています。
それでも見捨てず,遊びに来てくださっているあなた。
ホントに感謝です。ありがとです\(^o^)/

では,5月に読んだ本から。
正直言って,過去の話だ。。。

【小川洋子】猫を抱いて象と泳ぐ
【恩田陸】ブラザー・サン シスター・ムーン
【帚木蓬生】エンブリオ 上・下
【ささやななえ・椎名篤子】新・凍りついた瞳
【鳥羽亜弓】浴衣の次に着るきもの

全部で6冊。あはは(^^;)

続いて6月に読んだ本

【川上弘美】どこから行っても遠い町
【平野啓一郎】決壊 上・下

ということで,全部で3冊。ははははは(^^;)

7月に読んだ本
【西条加奈】金春屋ゴメス
【畠中恵】ぬしさまへ
      おまけのこ

同じく3冊。…いや,もう誤魔化すまい(^^;)

8月に読んだ本

【北森鴻】メビウス・レター
【道尾秀介】シャドウ
【大場つぐみ・小畑健】DEATH NOTE #6~#10
            DEATH NOTE #11,#12,#3~#5
【通崎睦美】天使突抜一丁目

マンガで冊数稼いでます(^^;)

なかなか本が読めませんが,
それでもお気に入りの作家さん発見!
畠中恵さんと道尾秀介さんは,これからも読んでいこうと思います♪
9月は読書の秋…になるといいな(*^_^*)

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

月別・読了本 TB:0 CM:4 admin page top↑
「天使突抜一丁目」 通崎睦美
2009 / 09 / 01 ( Tue ) 12:53:42
とうとう作ってしまいました。
「着物関連」カテゴリー(^^;)

アンティーク着物の着こなしで人気のマリンバ奏者・通崎睦美。斬新な音のアーティストがつづる、「普段の京都」の美的生活エッセイ集。 (Amazonより)



着物着て,帽子かぶって,自転車乗ってる表紙がなかなかユニークです。

天使突抜(てんしつきぬけ)というのは京都に本当にある地名だそうで,
そこで育った作者さんの着物や京都やあれやこれやのエッセイです。

着物で自転車に乗って,裾,はだけないのかね~と思っていたら,本の中程にしっかりはだけた写真も載ってました。
これぞ突き抜け。かわいいなぁと,ちょっと微笑ましかったです。

マリンバって,あのプルプル震える楽器だね…と思っていたら,
それはマンドリン。
マリンバは,ホロホロ震える木琴のでっかいやつでした。
ああいう楽器も小さい頃から習っている子がいるんですねぇ。
ピアノを習わせるより,モノになる率が高いかも?

好きなものを好きと言っている,ただそれだけのエッセイです。
だからみんなも…とか,
あちらさんは大変よね~とか,
あちらもいいけど,こちらもよいよ~とか,
そんなこと言っていないエッセイです。
読んでいて,気持ちがよかったです。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

着物関連 TB:0 CM:0 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。