スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「食堂かたつむり」 小川糸
2010 / 07 / 31 ( Sat ) 16:09:28
うーーーーん。
素材がゴロンゴロンと生煮えのスープ…って感じ?

素材がゴロンと転がっているので,
逆に言えば,「夏休み読書感想文」にもってこいの作品かも。
ところどころえげつない言葉も出てくるので,
中学生以上対象…かな。

★★☆☆☆

トルコ料理店でのアルバイトを終えて家に戻ると、部屋の中が空っぽになっていた。突然、同棲していた恋人に何もかもを持ち去られ、恋と同時にあまりに多くのものを失った衝撃から、主人公の倫子はさらに声をも失う。たったひとつ手元に残ったのは、祖母から譲り受けたぬか床だけ。山あいのふるさとに戻った倫子は、小さな小さな食堂を始める。一日一組のお客様だけをもてなす、決まったメニューのない食堂。次第に食堂は評判になるが――五感をくすぐる瑞々しく繊細な描写と、力強い物語運びで話題を呼んだデビュー作。(Amazonより)



ついでに小川糸さんについて

小川 糸
1973年生まれ。作詞家・春嵐として音楽制作チームFairlifeに参加(Amazonより)



なるほど~。作詞家さんですか。
ときどき綺麗な文章が出てきます。

【こちらの記事も♪】

苗坊の徒然日記
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

小川糸 TB:1 CM:4 admin page top↑
「月の恋人」 道尾秀介
2010 / 07 / 28 ( Wed ) 18:17:06
キムタクドラマの原作本。
ドラマのほうは何度も見よう試みては,
いつも途中でつまらなくなり,チャンネルを変えてしまいました。
ので,ドラマの全容を知ってるわけではないのですが。
随分といじられてしまったのねぇ。。。
と思ったのでした。

★★☆☆☆

冷徹にビジネスを成功させる青年社長・葉月蓮介が、夜の上海で巡り合った女。ありえない二人の物語は、美貌の中国人モデルや、部下の社員らを巻き込み予測不能の展開に…。旬のエンターテインメント作家がフジテレビ月9ドラマのために書下ろした、話題沸騰の恋愛劇。 (Amazonより)





少なくとも最後まで読めた分,
ドラマより「まし」だったと思うけど,
まぁ,その程度…だったかな。
はい,私は恋愛小説,よく分かりません(^^;)

それにしても。
道尾さん,若いうちから小手先勝負はしないでください…と
言いたくなります。
もっと仕事を選んでください…とも。
ちゃんと,「自分の書きたいもの」を書いてほしいなぁと思うのでした。

「時間が止まって線香花火が飴細工のようにパリパリと砕ける」シーンとか,
「アメンボ」のエピソードとか,
おじいちゃんの木の話とか,
印象深いところはあったのにもかかわらず,
全体的には薄く浅く,何も残らない作品でした。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

道尾秀介 TB:0 CM:10 admin page top↑
「ソルハ」 帚木蓬生
2010 / 07 / 26 ( Mon ) 18:30:18
読み終わった後,この作品に描かれている登場人物の感覚は,どこまでごく一般的な庶民の感覚なのだろうかと,知りたくなります。
いつの間にか「イスラム教」→「テロ」→「理解不能な人びと」
のようなイメージがついていて,
アフガニスタンに限らず,イスラム教文化圏に住む人の感じ方・考え方を実は全然知らない自分に気づきます。

★★★★☆

1996年9月27日、アフガン政権崩壊。タリバンが首都カブールを制圧―生まれたときから戦争が日常の風景だった少女ビビは、初めてタリバンの厳しい監視下に置かれた生活を送ることに。ビビは何を決意し、生きる支えを持ち続けたのか。若い人へ向け、遺言の意を込めて放つ、渾身の一冊。(Amazonより)




「遺言の意」…って。。。帚木さん,どうしたの?




続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

帚木蓬生 TB:0 CM:2 admin page top↑
W杯~決勝
2010 / 07 / 15 ( Thu ) 12:30:50
テンション落ち気味ながらも,
3時半に起きて観戦する私。
息子は前半だけで夢の中(^^;)

スペイン対オランダ 1 : 0
 オランダって,意外とラフプレーが多いのね~
 というのが感想だったりして(^^;)
 「なりふり構わず」のオランダと,
 「きれいな試合をしたい」スペイン。。。ってイメージでした。
 とはいえ,延長でオランダゴール前,
スペインのファウルをとられなかったせい(?)で,
オランダはいいチャンスを作れなかったりもしてたけれど。
  
 私,パスサッカーより,一人のスター選手が華麗なワザを見せるサッカーのほうが,楽しくて好きだわ。。。と勝手なことを思ったのでした。
パスサッカーって,ときどきボールを後ろに下げますよね。
あれって,サッカー通にしてみたら妥当な作戦なんだろうけど,
とってもイラッとするんですよね~。
スペインもオランダも,さすがに延長に入ってからは,
そんなに悠長なことをしてられなくなってきて。
だから延長戦はおもしろかったと思います(*^_^*)

まぁ,とにもかくにも妙な時間のスポーツ観戦も終わったことだし。
健全な生活に戻らなくちゃね…と思ったのでした。
4年後はブラジルでしたっけ?
またまた半日分の時差があるのかな?
…体力つけておこう!
てれび TB:1 CM:4 admin page top↑
W杯~準々決勝と準決勝
2010 / 07 / 08 ( Thu ) 20:02:31
まだまだ続くよ,W杯。
…って,ここ,読書ブログなんだけどね

日本チームが敗退して,
何がよかったかって言えば,
「ゆっくりビデオ観戦できる」ってとこ。
朝のテレビで結果だけ先に知る…ってことほどつまらないことはないけれど,
こちらが気をつけていれば結果を知らずにビデオが観られる

ということで,準々決勝。
ここまで勝ち上がってきたチーム同士の試合は,
スピードもあり,おもしろいです。
…って,サッカー大好き♪ってほどでもない私は,
初めて見る選手たちが多いんだけど(^^;)

オランダ対ブラジル 2:1
 ブラジル,オウンゴールからリズムが狂っちゃったみたいで。。。
 なんか最後のほうなんか,すごーくイラついてましたねぇ,ブラジル選手。
 いい感じで始まってたんだから,がんばれ~\(^o^)/と応援しました。
 息子が「判官贔屓」という言葉を覚えました。

ウルグアイ対ガーナ 1:1
 ガーナの試合運びって,何というか…泥臭い?…そんな感じがいい感じ。
 ということで,ここでもガーナを応援してたら。。。。
 まさかまさかの反則でしたね~(-.-)
 その後,ゴールを決められなかったガーナの選手,かわいそうでした。

アルゼンチン対ドイツ 0:4
 アルゼンチンが勝つだろう…と,何の根拠もなく思っていたけれど。
 うわさに聞いてた「メッシの華麗なゴール」が見られなくて,残念。
 ドイツは強かったなぁ。。。
 なんか,どっしりしてた。
 ドイツの黒いユニフォームに,蛍光黄色のスパイクを履いたポドルスキー選手。
 長女が「ミッキーマウスみたい♪」と言い出したので,
 何だかすごーく気になっ て(*^_^*) 
 うちでは,「ミッキー」と呼んで,応援してました。
 このミッキー,クローゼにいいパスを出して,得点に結びつきました。
 すごいっ!\(^o^)/
 でも。。。。まさかこんなに点差がつくとは思いませんでした。
 マラドーナ監督,とっても怒っているだろうと思ったら,意気消沈してました。
 …ちょっとかわいそう。。。とか思ってしまいました。

パラグアイ対スペイン 0:1
 この試合…見た…と思うんだけど。。。。
 なーんか印象に残ってません(^^;)
 
で,早速始まった準決勝。

 ドイツ対スペイン

 ウルグアイ対オランダ

ドイツは準々決勝で見たときの「強い!」って感じが消えていて。
どうしちゃったんだろう???って感じでした。
どうしちゃったんでしょうね~~~~。
なにげにミッキーを応援してたのに(^^;)

オランダ,勝ちましたが。
なんか,あんまりおもしろくなかった…ような気が…(^^;)
いや,半分寝てたからかも。。。

ふーみゅ。
決勝はスペインとオランダかぁ。
…正直,テンション下がってます(^^;)

てれび TB:0 CM:0 admin page top↑
W杯~パラグアイ戦
2010 / 07 / 01 ( Thu ) 23:14:37
パラグアイってどこ?
だったんだけど,今はちゃーんと分かってます。
アルゼンチンとブラジルに挟まれた国なんだね。
うーーーん。強そう('◇')ゞ

ということで始まった決勝トーナメント,パラグアイ戦。

前半,最初からシュートを仕掛けていったりして,
なかなかアグレッシブに動いていた…と思います。

松井のシュートと本田のシュート,入らなかったけど気迫がこもってた。
すごく惜しかった。
  どーでもいいけど。
  本田が外したとき,「もうっ!」という口の動きをしていた。
  この人,デンマーク戦でのフリーキックのときも,
  最初は「もっと」「もっと」と下がるように指示を出していて,
  なかなか伝わらなかったのに苛つくように,
  「下がれ!」と言ってましたね~。
  口の動きがよく分かる選手です。

でも,惜しかったシュートはパラグアイのほうが断然多くて。
何度も何度も中澤・闘莉王に助けられたり,いいところに長友がいたり,川島のファインセーブがあったり。ゴールの枠にも嫌われていた。

途中出場の中村憲剛,うまかった。
同じく途中出場の玉田とも,いい形になったりもした。

目の離せない試合展開だった。
なんかもう。
一生懸命,力の限り。
力一杯走り,力一杯守り,1点入れようと頑張ってる…っていうのが,
ホントによく伝わってくる試合だった。

試合を通じて,解説者がいろんなことを言ってたけど。
これ以上のことはできないってくらい,
選手達は頑張ってた…んじゃないかな。
 
PK戦までもつれ込んで,
チームの結束力の強さっていうのが,
傍目からもよく分かった。
すごく「いいチーム」だなと思った。

…終わってしばらく,言葉が見つかりませんでした。

…なんか,いいものを見せてもらった…みたいな。。。
これが「感動」っていうヤツなのかな。
「感動」っていうと,微妙に何かが違うような気がするんだけど。

普通,負け試合を見たときに感じるであろう,
「やっぱり弱いよね(-.-)」みたいにふがいない思いとか,
「何であそこで…」みたいな悔しい気持ちとか,
「勝ち試合を見て,スカッとしたかったのに~」というイラッとした気分とか,
そんなものが全然なく。

だけど,目を赤くしている選手達が喜ぶ姿を見たかったと思ったり。

このチームの試合,もう見れないんだなぁという寂しさがあったり。

これでこのチームも解散して,選手たちは自分のチームに戻ったり,違う道を探し始めたり。そうやって現実に戻っていくんだなぁとか思ってしまった。
「ドリームチーム」っていう言い方があるけれど。
それは,ちょっと違う意味合いではあるけれど。
今回の日本の4試合。
ひとときの夢…それもとびっきりステキな夢…を見てたような気がしました。

さて。
私も現実に戻って。
明日もお弁当作りますか。
と思ったのでした。

監督,スタッフ,選手の方々,皆さんお疲れさまでした。
それぞれの舞台での,さらなる飛躍を願っています!

てれび TB:0 CM:8 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。