スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「水滸伝」十二~炳乎の章 北方謙三
2011 / 03 / 28 ( Mon ) 20:00:18
グロイっ(-_-)

★★★☆☆

青蓮寺は執拗に闇塩の道の探索を続け、ついに盧俊義の捕縛に成功した。過酷な拷問を受ける盧俊義を救うため、燕青は飛竜軍とともに救出へ向かう。一方、北京大名府に残る闇塩の道の証拠を回収すべく、宋江自らが梁山泊全軍を率いて出動する。それに対して青蓮寺は、雄州の関勝将軍に出陣の命を出した。宣賛と策を練り、梁山泊の盲点を見極めた関勝が静かに進軍する。北方水滸、極限の第十二巻。(Amazonより)



でも我慢して(?)読めば,
最後は爽やかなラストが待っています。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

北方謙三 TB:0 CM:0 admin page top↑
「水滸伝」十一~天地の章 北方謙三
2011 / 03 / 27 ( Sun ) 18:01:46
思い切った展開です。

★★★★☆

梁山泊の頭領の対立が深刻化していた。兵力をもっと蓄えたい宋江。今すぐ攻勢に転じるべきだと主張する晁蓋。しかし、青蓮寺は密かに暗殺の魔手を伸ばしていた。刺客の史文恭は、梁山泊軍にひとり潜入し、静かにその機を待ち続ける。滾る血を抑えきれない晁蓋は、自ら本隊を率いて、双頭山に進攻してきた官軍を一蹴し、さらに平原の城郭を落とした。北方水滸、危急の十一巻。(Amazonより)



ここは一気読みでしょう♪
結構山場…かも。
続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

北方謙三 TB:0 CM:0 admin page top↑
「水滸伝」十~濁流の章
2011 / 03 / 27 ( Sun ) 18:00:10
どんどん増していくスピード感。

★★★★☆

官はついに地方軍の切り札・代州の呼延灼将軍に出撃命令を下した。呼延灼は、一度だけなら必ず勝てると童貫に宣言し、韓滔らとともに、戦の準備を着々と進めていく。凌振の大砲をはじめとして、恐るべき秘策を呼延灼は仕込んでいた。一方、梁山泊は晁蓋自らが本隊を指揮し、万全の布陣で戦に臨む。精強な軍同士の衝突が、静かに始まろうとしていた。北方水滸、血戦の第十巻。(Amazonより)



呼延灼メインの巻。
おもしろかった\(^o^)/

続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

北方謙三 TB:0 CM:0 admin page top↑
「水滸伝」九~嵐翠の章
2011 / 03 / 27 ( Sun ) 17:58:09
またまた読み始めました『水滸伝』

★★★★☆

死んだはずの妻、張藍が生きている。その報を受けた林冲は、勝利を目前にしながら戦を放棄し、ひとり救出へと向かう。一方、呉用は攻守の要として、梁山泊の南西に「流花寨」を建設すると決断した。しかし、新寨に楊〓(せん)率いる三万の禁軍が迫る。周囲の反対を押し切って、晁蓋自らが迎撃に向かうが、禁軍の進攻には青蓮寺の巧みな戦略がこめられていた。北方水滸、激震の第九巻。(Amazonより)




なんかおもしろいです。
思わず11巻まで一気読みしてしまいました。

けど,以前に投げ出したのも分かるような気がする。
先まで読んで気がついたのだけど,
この巻,ちょっと中だるみというか,地味な巻です。

続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

北方謙三 TB:0 CM:0 admin page top↑
「卵のふわふわ」 宇江佐真理
2011 / 03 / 25 ( Fri ) 07:55:47
一陽ちゃんオススメの本。

★★★☆☆

のぶちゃん、何かうまいもん作っておくれよ―。夫との心のすれ違いに悩むのぶをいつも扶けてくれるのは、喰い道楽で心優しい舅、忠右衛門だった。はかない「淡雪豆腐」、蓋を開けりゃ、埒もないことの方が多い「黄身返し卵」。忠右衛門の「喰い物覚え帖」は、江戸を彩る食べ物と、温かい人の心を映し出す。(Amazonより)



タイトルほど脳天気なお話ではありません。

けれどもどこか上品な,上質なお話だったという印象を持ちました。

続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

宇江佐真理 TB:0 CM:0 admin page top↑
TV「桜からの手紙」
2011 / 03 / 08 ( Tue ) 21:07:30
AKB48のドラマです。

…いや。私だって,そんな今どきアイドルドラマ,見たいと思ってたわけじゃないんですけどね(^^;)

このドラマ,最後まで見ると,まぁ。。。。。。。。。
って感じでもあったのだけど。

最近,人への言葉掛けが難しいなと思うことがあったりして。

そんな中,上川隆也演ずる前田先生の言葉掛けが,
「何だかいいな」と思ったのでした。

その子が「こういう方向に行けばいいな」と思ってる。
だけど「こうしなさい」と直接指示せず,その子の判断に委ねてる。

…こういう言葉って,なかなか難しい。

短い言葉で伝えるのって,なおさら難しい。。。

「ふむ。。。」と思って見たのでした(*^_^*)





てれび TB:0 CM:20 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。