スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「あるキング」 伊坂幸太郎
2011 / 04 / 28 ( Thu ) 08:57:15
こういうのを「意欲作」って言うんだろうな。
私にはよく分からないけど。

★★☆☆☆

天才が同時代、同空間に存在する時、周りの人間に何をもたらすのか?野球選手になるべく運命づけられたある天才の物語。
山田王求はプロ野球仙醍キングスの熱烈ファンの両親のもとで、生まれた時から野球選手になるべく育てられ、とてつもない才能と力が備わった凄い選手になった。王求の生まれる瞬間から、幼児期、少年期、青年期のそれぞれのストーリーが、王求の周囲の者によって語られる。わくわくしつつ、ちょっぴり痛い、とっておきの物語。『本とも』好評連載に大幅加筆を加えた、今最も注目される作家の最新作!!

ベストセラー作家・伊坂幸太郎さんの最新刊は、いままでの伊坂作品とはひと味もふた味も違う! 『ゴールデンスランバー』や『終末のフール』のようなテイストとは違いますが、ひとりの天才が生みだされていく過程、主人公を取り巻く周囲の人々の困惑と畏れ――読み進めていくうちにどんどん引き込まれていきます。「他の人にこういう小説を書かれたら悔しい」「こういう作品を読みたかった」と伊坂さんご自身がおっしゃるくらい、思いをこめた作品です。新しい伊坂ワールドをお楽しみください!(by編集担当)(Amazonより)



伊坂さん,「こういう作品を読みたかった」のかぁ。
嗜好が違うんだな。とよ~く分かりました(*^_^*)

【こちらの記事も♪】

苗坊の徒然日記

続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

伊坂幸太郎 TB:1 CM:4 admin page top↑
「永遠のゼロ」 百田尚樹
2011 / 04 / 27 ( Wed ) 14:29:27
次女の本。
おっ!これは講談社文庫じゃないですか♪
ムーミンもらえる第一歩。
ラッキー\(^o^)/

★★★☆☆

「生きて妻のもとへ帰る」
 日本軍敗色濃厚ななか、生への執着を臆面もなく口にし、仲間から「卑怯者」とさげすまれたゼロ戦パイロットがいた……。
 人生の目標を失いかけていた青年・佐伯健太郎とフリーライターの姉・慶子は、太平洋戦争で戦死した祖父・宮部久蔵のことを調べ始める。祖父の話は特攻で死んだこと以外何も残されていなかった。
 元戦友たちの証言から浮かび上がってきた宮部久蔵の姿は健太郎たちの予想もしないものだった。凄腕を持ちながら、同時に異常なまでに死を恐れ、生に執着する戦闘機乗りーーそれが祖父だった。
 「生きて帰る」という妻との約束にこだわり続けた男は、なぜ特攻に志願したのか? 健太郎と慶子はついに六十年の長きにわたって封印されていた驚愕の事実にたどりつく。
はるかなる時を超えて結実した過酷にして清冽なる愛の物語! (Amazonより)



戦争ものは辛いです。



続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

百田尚樹 TB:0 CM:2 admin page top↑
「モンスター」 百田尚樹
2011 / 04 / 24 ( Sun ) 20:44:10
テレビ番組『ビューティコロシアム』を彷彿とさせました。

★★☆☆☆

町でいちばん美しい女は、
かつてバケモノと呼ばれていた。

醜い女が完全なる美を獲得した先にあるのは、
誰もが羨む幸せか、それとも破滅か──。
ベストセラー『ボックス!』『永遠の0』の著者、待望の書き下ろし最新小説!

田舎町で瀟洒なレストランを経営し、町中の男を虜にする絶世の美女・未帆。彼女の顔は、かつて畸形的なまでに醜かった。周囲からバケモノ呼ばわりされ、友達もできない悲惨な日々。そして思い悩んだ末、ある事件を起こしてしまう。追われるように移り住んだ「美女の街」東京。そこで整形手術に目覚めた未帆は、手術を繰り返して完璧な美人に変身を遂げる。そのとき、甦ってきたのは、かつて自分を虐げた町に住むひとりの男に対する、狂おしいまでの情念だった──。 (Amazonより)



んで。
どこが「モンスター」なん???

続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

百田尚樹 TB:1 CM:0 admin page top↑
「のぼうの城」 和田竜
2011 / 04 / 23 ( Sat ) 15:09:05
おーっ!埼玉が舞台でしたか(*^_^*)
自宅最寄り駅の先にある地名が出てきて親近感♪

★★★☆☆


時は乱世。天下統一を目指す秀吉の軍勢が唯一、落とせない城があった。武州・忍城。周囲を湖で囲まれ、「浮城」と呼ばれていた。城主・成田長親は、領民から「のぼう様」と呼ばれ、泰然としている男。智も仁も勇もないが、しかし、誰も及ばぬ「人気」があった―。 (Amazonより)



城代って城主…なの?

この作品,映画化されていますが,
「水攻めシーンが時節柄よろしくない」ということで,
来年秋まで公開延期になったのだとか。

来年になればいいのか?ってところがよく分からないけど,
とりあえずは妥当な判断かと。。。



続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

和田竜 TB:0 CM:0 admin page top↑
本☆記事一覧(工事中^^;)
2011 / 04 / 23 ( Sat ) 14:39:17
…気を取り直して。。。

私,平成5年からブログを始めているんですね~。
結構長いな。

完成まで日にちがかかりそうだから、
途中経過も公開しちゃいます。

お目汚しですが(^^;)

(4.27記)やっとカ行だ\(^o^)/

(4.29記)突然メンテナンス時間になった。また21冊分消えた。

(5.5記)家にはだ~れもいません。読む本もありません。なんか虚しく単純作業に没頭します(*^_^*)



続きを読む
本☆記事一覧♪ TB:0 CM:2 admin page top↑
がーん('◇')ゞ
2011 / 04 / 23 ( Sat ) 14:04:58
よりにもよって,一番消えてほしくない
「本記事一覧」が消えてしまった('◇')ゞ

…また作り直すか。。。

…やっかいだなぁ。。。。(-.-)
ひとりごと TB:0 CM:0 admin page top↑
「よつばと!」1~10 あずま きよひこ
2011 / 04 / 22 ( Fri ) 20:09:36
10冊まとめ読みです(*^_^*)

★★★★☆

いつでも今日が,いちばん楽しい日

■ちょっとかわった女の子「よつば」と、とーちゃんと、まわりの人たちとのなにげない日常を描いたマンガです。だいたい1日1話のペースで物語はゆっくりと進んでいきます。
■セミをとったり、プールに行ったり、花火をしたり、寝たり、泣いたり、笑ったり。よつばの新鮮な毎日を、ご一緒にお楽しみください。
■夏休み初日から始まった物語も、5巻でようやく夏が終わりました。6巻目からは新しい季節のお話になります。まだまだ先は長いです。
                 (多分公式HP…より)



よつばもかわいいけど,
とーちゃんがとってもいい!

「お茶碗割ったのは別にいい。
窓ガラス割ったのも
コーヒーこぼしたのも
別にいい」

「…またおさらわっちゃっても?」

「別にいい。
失敗するのはよつばの仕事だ」

「ぱそこんこわしても?」

「…パソコンはかんべんしてくれ。
でも,嘘はつくな。な?」



とーちゃんは,3回目で怒鳴ることなくしっかり叱る。
いいな。



マンガ TB:0 CM:0 admin page top↑
「水滸伝」十九~旌旗の章 北方謙三
2011 / 04 / 22 ( Fri ) 00:03:50
戦いすんで日が暮れて

強者どもが夢の跡

な最終巻。

★★★★☆

最終決戦の秋が訪れる。童貫はその存在の全てを懸けて総攻撃を仕掛けてきた。梁山泊は宋江自らが出陣して迎え撃つ。一方、流花寨にも趙安が進攻し、花栄が死力を尽くし防戦していた。壮絶な闘いによって同志が次々と戦死していく中、遂に童貫の首を取る好機が訪れる。史進と楊令は、童貫に向かって流星の如く駈けた。この国に光は射すのか。漢たちの志は民を救えるのか。北方水滸、永遠の最終巻。 (Amazonより)



読み終わって二,三日,凹んでました。

ラストは大方知っていたけど。

それでもやっぱり…ね。

そして,「楊令伝」を読みたくなった私は,
北方さんに上手く乗せられたクチかしらん(笑)


続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

北方謙三 TB:0 CM:0 admin page top↑
「水滸伝」十八~乾坤の章 北方謙三
2011 / 04 / 19 ( Tue ) 22:06:19
この辺,ホントに一気読みでした。

★★★★☆

童貫軍の猛攻撃が始まった。呼延灼は秘策をもってそれを迎え撃つ。梁山湖では李俊ひきいる水軍が、巨大な海鰍船と対峙していた。梁山泊に上陸される危険を背負いながら、幾百の船群に挑む。一方、二竜山も陥落の危機を迎えていた。趙安の進攻を一年以上耐え抜いた秦明は、総攻撃を決意する。楊春、解宝が出撃、そして、青面獣の名を継ぐ楊令が初めて騎馬隊の指揮を取る。北方水滸、死戦の十八巻。 (Amazonより)



楊令。いい青年に育ちましたね~。
今後の活躍が楽しみです。

秦明。最後まで軍人でした。
あまりに「らしい」。

「頼むから,乗って逃げてくれ。生涯に一度ぐらい,女を助けた男になりたい」
「俺は,女の命を救いたいのだ。女の命も救えない男に俺をしないでくれ」

林冲。。。。
強さの裏にある弱さに人間味を感じます。

でもなぁ。
まさかなぁ。

な巻でした。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

北方謙三 TB:0 CM:0 admin page top↑
「水滸伝」十七~朱雀の章 北方謙三
2011 / 04 / 17 ( Sun ) 20:28:46

童貫と〓美(ほうび)が、怒涛の猛攻を開始した。董平率いる双頭山が総力を挙げて迎え撃つが、次々と同志は討たれていく。更なる禁軍の進攻を止めるため、侯健は偽の講話案を進めていた。巧みに高〓(こうきゅう)を信じさせるが、そこには思わぬ落とし穴が待ち受けている。一方、致死軍と高廉の軍の決戦が間近に迫っていた。闇の中で、両者は息を潜め、刃を交える時を待っている。北方水滸、悲泣の十七巻。 (Amazonより)



なんか政治色も濃くなってきた梁山泊。
廬俊儀のちょっと早い死。
…うーむ。組織が大きくなると,なんか一筋縄ではいかなくなるのね~。

チョロチョロしてた楊令が,いよいよ前面に出てきます。

魯達の病死。

「戦でもなく,敵と戦ってでもなく」

人がバタバタ死ぬこの作品の中で,
魯達をどう殺すか…って北方さんも考えたんだろうなと思いました。

「静謐の中での死」

でしたか。。。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

北方謙三 TB:0 CM:0 admin page top↑
「水滸伝」十六~馳驟の章 北方謙三
2011 / 04 / 15 ( Fri ) 22:46:55
闇の戦いの巻…ですかね~。
高潔な裴宣が。。。。

★★★★☆

「人には、志というものがあると知ったのだ。それは、躰を流れる血ではなく、心を流れる血だとな」
史文恭、闇から再来し、夢を奪う。

梁山泊は戦によって、潰滅寸前にまで追い込まれていた。回復の時を稼ぐため、侯健と戴宗が偽の講和案を持って高きゅうに近づく。また、晁蓋を殺した史文恭が再び動き出した。名を変え、商人になりすまし、次なる標的のそばで暗殺の機を待ち続けている。それに対し、公孫勝は袁明の首を狙っていた。堅牢な守りをかいくぐり、いま、致死軍が青蓮寺を急襲する。北方水滸、暗闘の十六巻。 (Amazonより)



史文恭。
壊れっぷりが不気味でした。

王英の浮気発覚。
バカだね~(^^;)

母大虫と母夜叉の酒盛り。
切ないんだけどたくましく。
女は強い!

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

北方謙三 TB:0 CM:0 admin page top↑
「水滸伝」十五~折戟の章
2011 / 04 / 14 ( Thu ) 23:49:40
宣賛,やりおります(*^_^*)


★★★★☆

「私は、もっと闘える。闘うべきなのだ。先に死んだ者たちのためにもな」
花栄の矢、神の速さとなりて敵陣を翔る。

どの寨が崩れても、梁山泊は潰滅する。極限状況の中、各寨は必死の防戦をしていた。特に激しい攻撃に晒された流花寨は、花栄らが死を覚悟して闘い続ける。しかし、官の水軍の進攻が始まり、それも限界が近づいていた。一方、宣賛は起死回生の策を考え出す。密かに李応や索超、扈三娘を北京大名府に急行させた。梁山泊の命運を握る作戦が今、静かに始まる。北方水滸、危局の十五巻。(Amazonより)



扈三娘と王英かぁ。
いいんだけどね。
扈三娘,クールすぎないか?
それとも扈三娘,「女だてらに」な兵士のくせに,
「結婚はお仕事」感覚の昔ながらの女性…ってことかしらん(^^;)

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

北方謙三 TB:0 CM:3 admin page top↑
「水滸伝」十四~爪牙の章 北方謙三
2011 / 04 / 13 ( Wed ) 20:54:26
どど~んと19巻まで一気読み(^^;)
毎日感想書けるかな?

★★★★☆

梁山泊は、威勝の田虎の叛乱が青蓮寺の策略だと看破した。近くの石梯山に魯達や鄒淵らを派遣し、切り崩しを図る。しかし、田虎に雇われた張清が、精強な傭兵部隊を率いて立ちはだかった。一方、官は梁山泊の完全殲滅を決意する。禁軍・地方軍・水軍あわせて20万の軍兵を投入してきた。兵力で圧倒的に劣る梁山泊に対し、空前の規模の攻撃がついに始まる。北方水滸、焦眉の14巻。(Amazonより)



文官・裴宣と孫二娘。よかったね。
「慈しんでやれ」と言った宋江が,ちょっといい人に見えました(笑)

これからどうなる!?の14巻でした。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

北方謙三 TB:0 CM:0 admin page top↑
「水滸伝」十三~白虎の章
2011 / 04 / 05 ( Tue ) 16:58:50
今まで文庫本で読んでいましたが,
ここから先はハードカバーです。
先に読み,私に全巻を譲ってくれた父,
文庫本になるのが待ちきれなくなったのでしょう。
分かるわ~。

★★★★☆

官は十万以上の兵で、梁山泊への進攻を開始した。流花寨には趙安の軍が押し寄せ、呼延灼、関勝、穆弘がそれを迎え撃つ。呉用は流花寨の防衛に執心するが、官の狙いは別の所にあった。董万の大軍が息を潜め、急襲の秋を待っている。一方、孔明と童猛は官の造船所の襲撃を計画した。強固な防備の中、百名の寡兵で潜入を試みる。そして、ついに董万が疾風の如く動き出した。北方水滸、決死の十三巻。(Amazonより)




「戦いは会議室で起きているんじゃない!
現場で起きているんだ!」

の不満がふつふつ…の巻。
いつでもどこでも,
現場と会議室では齟齬が起きるものらしい。



続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

北方謙三 TB:0 CM:0 admin page top↑
「エイジ」 重松清
2011 / 04 / 04 ( Mon ) 14:00:38
いつもは漫画しか読まない息子(16歳)が珍しく読んでいた作品です。
…よく聞くと,学校の宿題(課題図書)だったそうですが(^^;)

★★★☆☆

ぼくの名はエイジ。東京郊外・桜ヶ丘ニュータウンにある中学の二年生。その夏、町には連続通り魔事件が発生して、犯行は次第にエスカレートし、ついに捕まった犯人は、同級生だった―。その日から、何かがわからなくなった。ぼくもいつか「キレて」しまうんだろうか?…家族や友だち、好きになった女子への思いに揺られながら成長する少年のリアルな日常。山本周五郎賞受賞作。(Amazonより)



「エイジ」という少年が,
すぐそこにいるかのような作品でした。

(4/4 追記あり)
続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

重松清 TB:0 CM:0 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。