FC2ブログ
「水滸伝」十五~折戟の章
2011 / 04 / 14 ( Thu ) 23:49:40
宣賛,やりおります(*^_^*)


★★★★☆

「私は、もっと闘える。闘うべきなのだ。先に死んだ者たちのためにもな」
花栄の矢、神の速さとなりて敵陣を翔る。

どの寨が崩れても、梁山泊は潰滅する。極限状況の中、各寨は必死の防戦をしていた。特に激しい攻撃に晒された流花寨は、花栄らが死を覚悟して闘い続ける。しかし、官の水軍の進攻が始まり、それも限界が近づいていた。一方、宣賛は起死回生の策を考え出す。密かに李応や索超、扈三娘を北京大名府に急行させた。梁山泊の命運を握る作戦が今、静かに始まる。北方水滸、危局の十五巻。(Amazonより)



扈三娘と王英かぁ。
いいんだけどね。
扈三娘,クールすぎないか?
それとも扈三娘,「女だてらに」な兵士のくせに,
「結婚はお仕事」感覚の昔ながらの女性…ってことかしらん(^^;)
スポンサーサイト



テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

北方謙三 TB:0 CM:3 admin page top↑
* HOME *