FC2ブログ
「あるキング」 伊坂幸太郎
2011 / 04 / 28 ( Thu ) 08:57:15
こういうのを「意欲作」って言うんだろうな。
私にはよく分からないけど。

★★☆☆☆

天才が同時代、同空間に存在する時、周りの人間に何をもたらすのか?野球選手になるべく運命づけられたある天才の物語。
山田王求はプロ野球仙醍キングスの熱烈ファンの両親のもとで、生まれた時から野球選手になるべく育てられ、とてつもない才能と力が備わった凄い選手になった。王求の生まれる瞬間から、幼児期、少年期、青年期のそれぞれのストーリーが、王求の周囲の者によって語られる。わくわくしつつ、ちょっぴり痛い、とっておきの物語。『本とも』好評連載に大幅加筆を加えた、今最も注目される作家の最新作!!

ベストセラー作家・伊坂幸太郎さんの最新刊は、いままでの伊坂作品とはひと味もふた味も違う! 『ゴールデンスランバー』や『終末のフール』のようなテイストとは違いますが、ひとりの天才が生みだされていく過程、主人公を取り巻く周囲の人々の困惑と畏れ――読み進めていくうちにどんどん引き込まれていきます。「他の人にこういう小説を書かれたら悔しい」「こういう作品を読みたかった」と伊坂さんご自身がおっしゃるくらい、思いをこめた作品です。新しい伊坂ワールドをお楽しみください!(by編集担当)(Amazonより)



伊坂さん,「こういう作品を読みたかった」のかぁ。
嗜好が違うんだな。とよ~く分かりました(*^_^*)

【こちらの記事も♪】

苗坊の徒然日記

続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

伊坂幸太郎 TB:1 CM:4 admin page top↑
* HOME *