スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「愚行録」 貫井徳郎
2012 / 02 / 09 ( Thu ) 09:29:30
貫井さん特集,続きます(^^;)

★★★★☆

一家を惨殺した≪怪物≫はどこに潜んでいたのか? さまざまな証言を通して浮かび上がる家族の肖像、そして人間たちの愚行のカタログ。痛切にして哀切な、『慟哭』『プリズム』を凌駕する著者の真骨頂的作品、ついに登場! (Amazonより)



愚行のカタログですか。
そうだったのか。

いろいろと推理(?)しながら読んだのだけど,
またまた,やられた~だったのでした。

続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

貫井徳郎 TB:0 CM:0 admin page top↑
「プリズム」 貫井徳郎
2012 / 02 / 07 ( Tue ) 14:46:57
めちゃおもしろかった!
貫井さんの作品は「読みにくい」という先入観があったけど,
これはとても読みやすく,
けれどもなかなかやりおるな…って感じだったのでした。


★★★★☆

小学校の女性教師が自宅で死体となって発見された。彼女の同僚が容疑者として浮かび上がり、事件は容易に解決を迎えるかと思われたが……。万華鏡の如く変化する事件の様相、幾重にも繰り返される推理の構築と崩壊。究極の推理ゲームの果てに広がる瞠目の地平とは?『慟哭』の作者が本格ミステリの極限に挑んで話題を呼んだ衝撃の問題作。(Amazonより)





貫井さん,次女が嵌っているようなので,
しばらく作品が読めそうです(*^_^*)

↓の感想,最初からネタバレです。
これから「プリズム」読む人は,絶対読まないでくださいね。

続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

貫井徳郎 TB:1 CM:4 admin page top↑
「用もないのに」 奥田英朗
2012 / 02 / 06 ( Mon ) 14:46:31
軽い本ばかり読んでいた1月。。。
はい。
なかなか読書モードになりませんでした

これは奥田さんのエッセー。
野球好きの方で,北京オリンピックの日本野球チームにちょっと違和感があった方には,とてもおもしろいのではないかしらん。
結構ぐさぐさ書いてます。

★★★☆☆

ニューヨーク、北京、そのへん。ものぐさ作家がお出かけすれば、なぜかいつも珍道中。 (Amazonより)



全然どーでもいいことだけど。
ブルーハーツのボーカルの人が
奥田さんに認められたみたくて,
なんかちょっとうれしかったりしたのでした。
…ファンってわけじゃないんだけど

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

奥田英朗 TB:0 CM:0 admin page top↑
「ガリレオの苦悩」 東野圭吾
2012 / 02 / 05 ( Sun ) 17:55:09
あれ?「東野さんはもう読まない」とか言ってなかったっけ???
と自分で突っ込んでみた私。

短編集で読みやすかったです。

でもそれだけ…って感じが残念(^^;)

★★★☆☆


「悪魔の手」と名乗る者から、警察と湯川に挑戦状が届く。事故に見せかけて殺人を犯しているという彼に、天才科学者・湯川が立ち向かう 。 (Amazonより)



読んですぐに忘れちゃう…そんな感じ。
読んでる間はおもしろかったんだけどね。

短編ってそういうもんかもしれないなぁと思ったのでした。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

東野圭吾 TB:0 CM:5 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。