スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「WILL」 本多孝好
2012 / 10 / 26 ( Fri ) 15:49:06
本多さん,『MOMENT』のときより
文章が上手くなっているような。。。。

プロの作家さんでも「成長」ってあるんだなと,
何だかちょっと勇気づけられたりしたのでした。

★★★★☆

累計30万部超のベストセラー『MOMENT』の待望の姉妹編。『MOMENT』の主人公・神田の幼馴染の女性、葬儀屋・森野の視点で描かれる本作は、前作のラストから7年後の物語。18歳のときに両親を事故で亡くし、家業の葬儀屋を継いだ森野。29歳になった現在も、古株の竹井と新人の桑田、2人の従業員とともに、寂れた商店街の片隅で店を経営する。アメリカに住む幼馴染の神田とは、時折電話で話をする。かつて甘美な関係を築いた彼との今後については、彼女自身が結論を先送りにしたままだ。日々淡々と、社長としての務めを果たす森野のもとに、仕事で関わった「死者」を媒介にした、数々の不思議な話が持ち込まれてくる――。森野葬儀店に依頼された、高校の同級生・杏奈の父親の葬儀。その直後に安奈のもとに届いた“死者からのメッセージ”。一度家族のもとで執り行われた老人の葬儀を「自分を喪主にしてやり直して欲しい」と要求する女。十数年前に森野の両親が葬儀を行った男性の妻の元に通いつめる“夫の生まれ変わり”の少年――「死者」たちが語ろうとするものは何なのか? それぞれに潜む「真実」を、森野は探っていく…。 (Amazonより)



神田と森野。前作では神田が主人公であったのに対し,今回は森野が主人公です。
前作から7年経過しています。

…という設定の変化は,単に続編という以上のおもしろさがありました。

森野。前作ではいい男っぷり(?)を発揮していましたが,
一歩踏み出す勇気が持てなかったり,過去にとらわれてしまったり,
内面は結構さばけていない。
神田。前作ではどうもふわふわ足元がおぼつかなかったけれど,
7年たった本作では,しっかり人を支える度量の大きさを見せている。

なるほどね~。
他人から見える姿と自己像は,こんなふうに一致しないものなのかもしれないなぁなんて思ったり,
20代の7年間は,結構大きいものなのかもしれないなぁと思ったり。

とある商店街の中にある小さな葬儀屋が舞台なのに,
なぜか漂うスタイリッシュ感。
どこかさらっと乾いた文体のせいか,
時折混ざる「いいこと言うね~」の警句(?)のためか。
流れる空気に生活の匂いがしてきません。
その,私との距離感が,
なかなか心地よかったりもしたのでした。


ラスト。
清々しく心地よく,
パキッとしたラストでした。

私が求めていたものはこれだったのよ!
なのでした。

とっても満足。






スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

本多孝好 TB:0 CM:2 admin page top↑
「プラチナデータ」 東野圭吾
2012 / 10 / 25 ( Thu ) 22:07:42
相変わらず読ませる上手さ。
そして相変わらずの底の浅さ。
東野圭吾さんご自身の心が「これだけは書きたい」と叫ぶものは何だろう。
そんなことを考えました。

★★☆☆☆

国民の遺伝子情報から犯人を特定するDNA操作システム。警察庁特殊解析研究所・神楽龍平が操るこのシステムは、現場の 刑事を驚愕させるほどの正確さを持って次々と犯人を特定していく。検挙率が飛躍的に上がる中、新たな殺人事件が発生。殺さ れたのは、そのシステム開発者である天才数学者・蓼科早樹とその兄・耕作で、神楽の友人でもあった。彼らは、なぜ殺されたの か?現場に残された毛髪を解析した神楽は、特定された犯人データに打ちのめされることになる。犯人の名は、『神楽龍平』――。 追う者から追われる者へ。事件の鍵を握るのは『プラチナデータ』という謎の言葉。そこに隠された陰謀とは。果たして神楽は警察 の包囲網をかわし、真相に辿り着けるのか。(Amazonより)



多分この作品,世間的には評判いいんじゃないかと思います。
管理社会,ヒエラルキー,二重人格,ちょっとしたロマンス。
読ませる要素満載です。

私もおもしろく読みました。途中までは。
でも何というか。。。
なんかパンチが足りないなぁ。
そんな印象を持ちました。

最後の一行でパシッと世界を一転させる,
あの東野さんが懐かしい。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

東野圭吾 TB:0 CM:2 admin page top↑
「MOMENT」 本多孝好
2012 / 10 / 24 ( Wed ) 22:06:40
この設定。よくある感動ものかと思ったら,
ひとひねり効いていました。

★★★☆☆

死ぬ前にひとつ願いが叶うとしたら…。病院でバイトをする大学生の「僕」。ある末期患者の願いを叶えた事から、彼の元には患者たちの最後の願いが寄せられるようになる。恋心、家族への愛、死に対する恐怖、そして癒えることのない深い悲しみ。願いに込められた命の真実に彼の心は揺れ動く。ひとは人生の終わりに誰を想い、何を願うのか。そこにある小さいけれど確かな希望―。静かに胸を打つ物語。 (Amazonより)



本多孝好っていう作家さん,前々からお名前は知っていました。
評判いいのも知っていました。

けれども手に取らなかったのは,,,
さらっと美しいってイメージだったもので(^^;)

名前を出すのもどうかと思うけど,
浅倉卓弥さんと似たイメージを抱いていたのでした。
でもってひねくれている私,そーゆーものはあんまりね。。。
だったのでした。

けど,読んでみてよかった。

深い感動はなかったけれど(!)
あー悪くないなと思ったのでした。

『Firefly』が一番好き。
だれかに覚えていてもらいたい。
究極。


テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

本多孝好 TB:1 CM:2 admin page top↑
「ちょいな人々」 荻原浩
2012 / 10 / 21 ( Sun ) 21:54:41
夜寝る前に1話ずつ。
ほどよい長さでありました。

★★★☆☆

隣の庭木を憎む主婦、脱サラした占い師、いじめられっ子と一緒に復讐する相談員など、ちょっと変でちょっと可哀そうな人達のお話
社内女性のほめ言葉に有頂天になる中年課長はじめ、おっちょこちょいだけど愛すべき人たちの破天荒なユーモアワールド(Amazonより)




ちょっとビターな短編集。
「感動」とか「爽やか」みたいな
フレッシュな感じではないけれど,
それがまた,何というか落ち着ける。

そんな感じのお話でした。

この作風,やっぱり奥田英明と似ているなぁなんて思ったけれど,
奥田英明だったらもうちょっと突き抜けるかも。
このバランス感覚は荻原浩なんだろうなぁなんて,
勝手に納得したのでした。


テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

荻原浩 TB:0 CM:0 admin page top↑
「編み地を楽しむリストウォーマー」 林ことみ
2012 / 10 / 11 ( Thu ) 22:54:46
ブックカフェ(?)2冊目。

どれもなかなかかわいくて,
編むのも楽しそうだったので,
1つだけ,編み地を写してきました。

新しい編み地、楽しい編み地はまず、リストウォーマーを編んでみませんか。少しの毛糸ですぐ編み上がる、暖かくて効果的な冬アクセサリーです。著者がこれまで集めた25種類の編み地をカラフルなリストウォーマーでご紹介。 (Amazonより)



ただ今百均毛糸で制作中。

そんなに難しくありません。
これ,いいかも。買っちゃうかも(*^_^*)

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

実用書 TB:0 CM:0 admin page top↑
「着物いろはがるた」 近藤ようこ
2012 / 10 / 10 ( Wed ) 22:54:37
最近,スクーターで30分のところに大きな本屋さんができました。
本屋さんの隣にはコーヒー屋さん。
でもって,未購入の本をコーヒー屋さんに持ち込み可能。
ブックカフェ…ってやつですね。

アイスコーヒー1杯で,
本2冊読んできました。

その1冊目。

着物のお話、あれやこれやいたしましょう。初体験から20年、着物放浪を続ける著者が集めた気になる話、集大成!楽しく読んでためになる、書下ろし漫画エッセイ。 (Amazonより)



うん。読んだんだよ。確かに。

ちゃんと読んだはずなのに。

…なんかすっかり抜けてます(^^;)

一番最後に着物スタイリストの大久保信子さんのことが書いてあって,
あー,私もこの方の着付け本持ってる♪と思った…のは覚えています。

はい,それだけです。

私の記憶力って一体。。。。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

着物関連 TB:0 CM:0 admin page top↑
プチかわいい!ボールペンイラストレッスン帖
2012 / 10 / 04 ( Thu ) 23:46:37
最近文通相手ができました(笑)
何かかわいい絵が書けると楽しかろうと思って、
買ってみました。

本屋さんに行くと、この手の本がたくさんあります。
どれもこれも似通ったイラストで、
どこがどう違うのか、よく分かりません。

で、その中でこの本を選んだのは、
イラストに書き順が書いてある、
超初心者向けだったから。

ただ、買うときから思っていたことですが。
本の約半分を占める書き込み練習用のページは
必要ないんじゃないかなぁ。
半分のページ数で半額だったら、
もっと嬉しかったんだけどね

身近な文房具のボールペンで、誰もが簡単にかわいいイラストが描けるようになるポイントを、テーマごとにわかりやすくレッスンしていく本です。
花や洋服、野菜、果物、インテリア、動物、乗りもの、人物など、女性が描いてみたいと思う人気のモチーフを、描き方のポイントをイラストの実例を入れて解説しています。
また、左ページには、なぞって練習できるイラストや、描き込み練習ができるページを豊富に入れて、イラストを見ながら真似をして描けるよう、実用性を重視したページ構成で展開します。
手紙やメッセージカード、手帳やカレンダーなどにもすぐに使えるイラストのアイデア図案集も入れて、楽しみながら手軽にイラストが描けるようになります。 (Amazonより)




続きを読む

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

実用書 TB:0 CM:2 admin page top↑
「キッチンぶたぶた」 矢崎存美
2012 / 10 / 02 ( Tue ) 22:33:56
ぶたぶたさんはいい!
いつ読んでも心和みます。

★★★★☆

高校三年生の由良は、幼い頃から心臓が悪く、入退院を繰り返している。いつになったら普通の暮らしができるんだろう…。ある日、「体に悪いもの」を食べに病室を抜け出した由良。そこで出会ったのは、小さな体でフライパンを振る不思議な生き物(?)の姿だった(「初めてのお一人様」。)心優しき料理人・ぶたぶたが、周囲の人々に温かな波紋を拡げてゆく四つの物語。 (Amazonより)



もう大好きっ♪

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

矢崎存美 TB:0 CM:2 admin page top↑
「女教皇ヨハンナ」上下 ドナ・W・クロス
2012 / 10 / 01 ( Mon ) 22:29:28
父が「おもしろかったよ」と話してくれた作品。
確かにとってもおもしろかった!
上巻1日,下巻1日で読み切りました。
ひさびさ,どっぷり浸かりました。

ヨーロッパの「暗黒時代」を舞台にした,
上質のエンターテイメント。

★★★★☆

九世紀に実在した史上唯一の女性教皇。だがその名は歴史から抹消され、伝説だけが残った──。男装に身を包んだ伝説のヒロインの数奇な生涯を描く、傑作歴史小説。 (Amazonより)



ヨハンナの最期。最後まで自身の性別から逃れられなかったことが,
とっても皮肉に思えました。

9世紀のヨーロッパが舞台となった作品を今まで読んだことがなかったので,
価値観,考え方,感じ方,いろいろなものが新鮮でした。

ある意味,退化した時代だったのかもしれない…などと思ったのでした。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

ドナ・W・クロス TB:0 CM:2 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。