スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「ジェノサイド」 高野和明
2011 / 07 / 24 ( Sun ) 16:44:00
とても完成度の高い作品だった気がします。
圧倒されました。


★★★★★

急死したはずの父親から送られてきた一通のメール。それがすべての発端だった。創薬化学を専攻する大学院生・古賀研人は、その不可解な遺書を手掛かりに、隠されていた私設実験室に辿り着く。ウイルス学者だった父は、そこで何を研究しようとしていたのか。同じ頃、特殊部隊出身の傭兵、ジョナサン・イエーガーは、難病に冒された息子の治療費を稼ぐため、ある極秘の依頼を引き受けた。暗殺任務と思しき詳細不明の作戦。事前に明かされたのは、「人類全体に奉仕する仕事」ということだけだった。イエーガーは暗殺チームの一員となり、戦争状態にあるコンゴのジャングル地帯に潜入するが…。 (Amazonより)



ここ最近,私がつらつらと考え続けている「ヒトの本来的な性格」や「ヒトの限界」を真正面から取り上げた作品でした。
あまりにタイミングがよすぎて,ちょっとコワイくらいでした。

            


場面転換の早さ,それに伴うスピード感。
血肉が通っている登場人物。
最近の高野さんの作品はスピリチュアルな優しい雰囲気が多かったようにも思いますが,私の好きな高野さんが戻ってきたような気がしました。

さて作品は。

創薬。
傭兵。
家族愛や隣人愛。
民族紛争。虐殺。
少年兵。
核兵器のボタン。
ホモサピエンスの残虐性。
人類滅亡の可能性。
次世代人類の能力。

多くのことが描き込まれています。
それでも風呂敷を広げすぎた感もなく,
すべてがきっちりまとまる構成力。
どの切り口も深く鋭く,ぐいぐいと引き込まれます。

傭兵イエーガーの息子の病気,肺胞上皮細胞硬化症も,
人類滅亡について考察したハインズマン・レポートも,
高野さんの創作だとか。
いかにも「ありそう」なリアリティにあふれていました。

リアリティといえば次世代人類。
 第4次元の理解
 複雑な全体をとっさに把握すること
 第六感の獲得
 無限に発展した道徳意識の保有
 我々の悟性には不可解な精神的特質の所有

…3個目以降,具体的に思い浮かべることは出来ませんが。

最近,虚数だの何だのヘンな方向に走っていた私も,
確かに,第4次元の理解や複雑系の理解が可能な頭脳こそが
次世代なんだろうなと納得できました。

現世代人類が数の抽象化(1個と1人は同じ「1」)を簡単に理解できるように,
次世代人類は現世代人類の中でも天才的に頭のよい人たちが考えた虚数の世界を,いとも簡単に理解できたりするんだろうな。
光は波であり同時に粒である…なんてこと,当たり前のことのように実感できて,
素数の並び方もごく当然のことのように理解できて。

1段階進化した人類の能力の位置づけが,
私にはストンと納得できるものになっていたことに,
何だかちょっとゾクッとしました。

(新生人類から見た)現生人類とは,同種間の殺し合いに明け暮れ,地球環境そのものを破戒するだけの技術力を持つに至った,危険極まりない下等動物なのだ。



というハインズマン・レポートは,悲しいけれど的を射ていると思います。
異質なものを徹底的に排除する方向に走ることは,
ヒトの本質的な性なのかもしれません。

けれども作者さんは,そこで悲観することなく,

進化した存在からすれば,人間は哀れみを誘うほどのちっぽけな知力しか持っていないのかも知れない。あるいは,眉をひそめさせるほどの野卑な心しか具えていないのかも知れない。しかし,それだけが自分たちに与えられたすべてー生物進化の途上で獲得した精一杯の能力なのだ。せいぜい頑張って,この不完全な脳に磨きをかけ,あらゆる困難に立ち向かっていくしかないのだ。



と若き科学者・研人に語らせることによって,
ひと筋の光明を示しています。

…私は正直なところ,新生人類が地球を支配したほうが,
ジョン・レノンの夢想した世界になるのではないかと思えて仕方ないのだけれど。

でもまぁ現実は,そんなに都合よく新生人類が現れるわけでもなく。
私たちが自分たちのこととして,ヒトの能力の限界や残虐性を謙虚に受け止め,その上でより質のよいヒトになるべく何とか頑張っていくしかないんだろうな。研人のように。
…頑張るって,何を頑張ればいいのかわからないけど。


作品中,韓国人の気質として「情(ジョン)」が紹介されていました。
日本語の情(ジョウ)とは違うもの。
「人と人とを結びつけてしまう強い力だよ。僕たちは,一度でも関わった相手とは,好き嫌いとは関係なく「ジョン」で結びついてしまうんだ」
「「ジョン」は厄介でもあるんだ。どんなに嫌な相手とも「ジョン」で繋がってしまうから。つまり僕たちは,他人を百パーセント拒絶することができないんだ」
「日本よりも韓国のほうが,人と人との距離が近いような気がする」
という韓国人留学生・正勲の話は,分かったような分からないような…でした。

正勲の言うように,「言葉っていうのは,言葉が指しているものを知っていないと理解できない」ものであり,
研人の考えたように,「分からない人には,いくら説明しても分かってもらえない。それが,その人の理解できる世界の限界」なのでしょうね。

少しでも理解できる世界を広げるためには,
多くのものを見聞きし,先入観に惑わされずに感じることが必要なんだろうなと,
それが,ヒトの苦手とする「(住む世界の違う者に対する)他者理解」につながるのかもしれないなと思ったのでした。
…ちょっと作品から離れた感想ではありますが。

ともあれこの作品では,
偶然とはいえ,
「エイラ」「ニュートン」「豆腐小僧」の集大成としてドンピシャの,
なかなか得難い読書体験ができたのでした。




スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

高野和明 TB:2 CM:8 admin page top↑
<<「慟哭」 貫井徳郎 * HOME * 「ニュートン 2008.12号~虚数 なるほどよくわかる」>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

面白そうですね。予約してみようかな。
数学の話って面白いけれど落語で0×1は0、それなのに0×6も0なの?という会話があって考え込んでしまいましたよ。
by: 佐平次 * 2011/07/25 09:50 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

梟佐平次さん,こんばんはっ♪

> 面白そうですね。予約してみようかな。

うんうん♪面白かったですよ~\(^o^)/

>0×1は0、それなのに0×6も0なの?という会話

えっとこれは…。
「6人でバーベキューをしました。
サザエとあわびを取り皿に1個ずつ入れました。
でもはまぐりが採れなかったので,
どの取り皿にもはまぐりは1個も入っていませんでした。
6皿全部の取り皿に乗っているはまぐりの数は幾つですか」
って文章題にすると,分かりやすいのではないかしらん。
はまぐりはどの取り皿にも0個なので,
何皿掛けても答えは0個…と(*^_^*)

バーベキュー,楽しそうで何よりでした\(^o^)/
by: そら * 2011/07/25 19:29 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

ご教示感謝です。
0×6じゃなくて6×0にしたらそのたとえはどうなるんでしょう。「6っこ全部に乗ってるサザエはいくつでしょう?」になるのですか^^。
本、予約しました。
by: 佐平次 * 2011/07/27 10:04 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

梟佐平次さん,こんにちはっ♪

「ご教示」だなんてと~んでもない(^^;)

> 0×6じゃなくて6×0にしたらそのたとえはどうなるんでしょう。「6っこ全部に乗ってるサザエはいくつでしょう?」になるのですか^^。

うーんと。それだと
「1皿に1個ずつ入れたサザエは,6皿全部で幾つでしょう」だから,
「1×6=6」になるんかな。
「バーベキューが終わる頃,はまぐり屋さんがはまぐりを売りに来ました。はまぐりは1袋に6個ずつ入っていて,とてもおいしそうです。
けれどもみんな,もうお腹いっぱいなので,1袋も買いませんでした。
買ったはまぐりは何個ですか」
とか。
6個入りの袋を1袋も買わなかった(0袋)ので,
6×0=0個と。

…ど~かしらん?
 




> 本、予約しました。
by: そら * 2011/07/27 15:10 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、おはようございます☆

読みました~~めちゃくちゃ面白かったです。
ここ数年読んだ本の中で、ダントツでした!!

そらさん仰るとおり、色々な内容を取り上げながら、とても上手にまとめていたと思います。

森絵都さんが『風に舞い上がるビーニールシート』で直木賞をとった際、選考委員の誰かが、
「取材した内容を取捨選択せず全部詰め込もうとした作品」的な批判をしていましたが、
(→私も同感だったので、ちょっと笑った)
『ジェノサイド』に関しては、そんな批判は起こらないのでは?と思いました。

創薬のエピソードは難しくて斜め読みでしたが、
新薬開発に莫大な費用がかかるとか、産業スパイが暗躍するとか、漠然と知っていたハナシが、納得できるくらい、「大変さ」がつたわってきて、とても興味深かったです。

最後の方は、「それでいいの?アメリカ!詰めが甘いんじゃない!?」と、感じるところも無きにしもあらずですが、
「良い人が死んじゃう話」が苦手な私にはヨカッタです(笑)

ヒューマニストの高野さんは、もっともっと活躍して欲しい作家なので、この作品、売れて欲しいです。
by: nao * 2011/08/14 06:03 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

naoさん,こんにちはっ♪

ちょっと前(随分前か?^^;)に秋田で大きな地震があったけれど,
お元気そうでよかったよ\(^o^)/

> 読みました~~めちゃくちゃ面白かったです。
> ここ数年読んだ本の中で、ダントツでした!!

だよねっ♪
めちゃくちゃ面白いよねっ(^-^)v

> 森絵都さんが『風に舞い上がるビーニールシート』で直木賞をとった際、選考委員の誰かが、
> 「取材した内容を取捨選択せず全部詰め込もうとした作品」的な批判をしていましたが、
> (→私も同感だったので、ちょっと笑った)
> 『ジェノサイド』に関しては、そんな批判は起こらないのでは?と思いました。

うんうん!
詰め込んだっていう不自然さが,読んでいて感じられなかったと思います♪

> 最後の方は、「それでいいの?アメリカ!詰めが甘いんじゃない!?」と、感じるところも無きにしもあらずですが、

あはは!
いいのいいのv-8

私も,高野さんにはこういうハードボイルドちっくな方向で活躍してほしいなぁと思います。
なのでこの本,売れるといいね♪
(と言いながら,図書館で借りたそらでした^^)


by: そら * 2011/08/16 18:34 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんばんは。
本当に、素晴らしい作品ですよね。

創薬、進化、人類の残虐性……一見、無関係なパーツを組み合わせて、これだけ壮大な物語にしてしまう、というのに素直に脱帽です。
しかも、絶望的なところも想像させながら、希望を持たせる高野さんの温かさも◎でした。
ハイズマンレポートから始まってどんどんと引き込んで、分量があるのに一気読みでした。
by: たこやき * 2011/10/19 20:37 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

たこやきさん,おはよっ♪

> 創薬、進化、人類の残虐性……一見、無関係なパーツを組み合わせて、これだけ壮大な物語にしてしまう、というのに素直に脱帽です。
> しかも、絶望的なところも想像させながら、希望を持たせる高野さんの温かさも◎でした。

うんっ!
私もこの作品は◎…だと思う!
スピリチュアルからおかえりなさい♪と大歓迎したくなる作品でした(=^▽^=)

by: そら * 2011/10/22 08:40 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/1000-17e26f25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
(書評)ジェノサイド
著者:高野和明 ジェノサイド(2011/03/30)高野 和明商品詳細を見る 治安の悪化するイラクの地で活動する傭兵のイエーガー。難病を抱え、間もなくその生命を終えようとする息子の治療費が欲しい彼に、極... 新・たこの感想文【2011/10/19 20:28】
隠されている現代を思う 高野和明「ジェノサイド」
北朝鮮の内情が乏しい情報なりにくりかえし報道される。 死の影におびえる子供たちの映像が胸をうつ。 ふだんは知識として感情の奥にしまいこまれていた、できれば意識しないで済ませようとしていた実態だ。 先日読んだ「毛沢東の大飢饉」に似た、人災ともいえる飢餓か... 梟通信~ホンの戯言【2012/02/15 10:08】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。