スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「慟哭」 貫井徳郎
2011 / 07 / 27 ( Wed ) 21:07:31
何度も何度も手に取って,そのたびに最初の数ページで挫折していた本です。
このたびめでたく読み通しました。
衝撃的な作品でした。

★★★★☆

連続する幼女誘拐事件の捜査は行きづまり、捜査一課長は世論と警察内部の批判をうけて懊悩する。異例の昇進をした若手キャリアの課長をめぐり、警察内に不協和音が漂う一方、マスコミは彼の私生活に関心をよせる。こうした緊張下で事態は新しい方向へ!幼女殺人や怪しげな宗教の生態、現代の家族を題材に、人間の内奥の痛切な叫びを、鮮やかな構成と筆力で描破した本格長編。 (Amazonより)




この作品,何の先入観もなく読んでほしい作品です。
なのでまだ読んでいらっしゃらない方は,この先の私の感想を読まないことを強くオススメいたします(*^_^*)


【こちらの記事も♪】
苗坊の徒然日記



            



いや~~~~,驚きました。
最初から「彼」はだれなんだと気になってはいたんです。
けれどもまさかそこまでねじっているとは。。。

分かってみると,彼の静かな「慟哭」が胸に突き刺さります。

幼女誘拐事件が題材で,タイトルが「慟哭」。
まだ自分の子どもが小さいうちは,読めなかったのも仕方ないかな…という思いを持ちました。

正確ではないけれど,
「子どもを殺された親は気が狂うしかない」という言葉。

泣き崩れるでもなく,
取り乱すでもなく,
ただ頬をなでるシーン。

自責の念に駆られた父親は,泣き叫ぶこともできず,
静かに狂っていくしかない。

その深い喪失感は,
父親の,特にあまり子どもになつかれていなかった父親のものだろうと感じました。

もし父親の望みが叶ったら。
娘は「パパありがとう」とにっこり笑ってくれるかもしれない。

主人公は,娘の怯えた目を思い出すより,そんな妄想にすがりたかったのかもしれません。

「人は信じたいものを信じる」ものだから。

あまり理解したくはないけれど,
ちょっと分かってしまうところが,
どんより重たい気分を引きずる作品でした。

ラストの言葉,「いいえ,まだです」(これもあやふや)は,
安直な優しさを排除していて,
作者さんの重たいテーマを書く覚悟…みたいなものを感じます。


貫井さんの他の作品も読んでみたいと思いました。

スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

貫井徳郎 TB:2 CM:10 admin page top↑
<<「あした咲く蕾」 朱川湊人 * HOME * 「ジェノサイド」 高野和明>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

こんにちは、すごいお久しぶりでございます(汗)。

私はこの作品5年ほど前に読んでますが、そのとき内容についての感想は書いていないものの、『慟哭を読んだときの衝撃を超えるものは最近読んでいないかも』・・・と書いてました。

そのあと2,3作貫井さんの作品読んだと思いますが、やっぱり重~いテーマだった気が(苦笑)。
最近の作品はどうなんだろう?

最近とみに老眼が進みまして、なかなか本が進みません。
悲しい・・・。
by: こっこ * 2011/07/30 12:10 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こっこさん,お久しぶりっ\(^o^)/

私も,すっかりご無沙汰しました(^^;)

> 私はこの作品5年ほど前に読んでますが、そのとき内容についての感想は書いていないものの、『慟哭を読んだときの衝撃を超えるものは最近読んでいないかも』・・・と書いてました。

うんうん。衝撃的だったよね~。

> そのあと2,3作貫井さんの作品読んだと思いますが、やっぱり重~いテーマだった気が(苦笑)。

そうか。やっぱり重~いのか(^^;)
次は「症候群」シリーズかしらんと思ってるんだけど,
気合い入れて読まなきゃかな~。

> 最近とみに老眼が進みまして

私も,コンタクトしていると読めなくなってきた。
近視の老眼って,一体どこが見えてるの?って感じだわ。
文字が拡大できるipadが気になる今日この頃v-8
by: そら * 2011/07/31 12:24 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

症候群シリーズは貫井節のお決まり物小説見たいな感じです。

時代劇を貫井流アレンジ
重い話を少しばかり本の参加者が持ち上げて
普段よりは重くは感じ無いと思います。

所で本を選ぶ時に偏りを感じた事はありますか?
私は実はそれを感じて居まして
人に教えてもらった物がとても良かったり
そういう体験が多くあります。
by: 三毛猫 * 2011/08/05 11:53 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらちゃん、お久しぶりで~す☆

私も慟哭はかなり前に読んだけど、衝撃的だったもんだから内容珍しく覚えてます。
最近、読んだ記憶はあっても全然内容を思い出せなかったり。面白かったとかつまんなかったとかは覚えてるのに、やっぱり内容が思い出せないっていうことがしばしばです(汗!!)

騙されたわ!まさか彼が・・・!
胸にズシンとくるお話でした。

貫井さん何作か読んでるけど、この慟哭が一番印象的かも。

今ね「永遠の0」を読んでるんだけど、なかなか進まない。
読みかけの本があるのに、また本を買ったらまずいよね(〃´・ω・`)ゞ
さっき、そらちゃんの感想を見たらますます買いたくなった小川さんの「猫を抱いて・・・」です。

久しぶりに遊びにきたもんで、興奮して長文になっちゃった。ゴメンナサイ!
by: デネブ * 2011/08/05 15:13 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

三毛猫さん,こんばんはっ♪

> 症候群シリーズは貫井節のお決まり物小説見たいな感じです。
> 時代劇を貫井流アレンジ
> 重い話を少しばかり本の参加者が持ち上げて
> 普段よりは重くは感じ無いと思います。

なるほど~。
ファンのための作品…みたいなところがある…のかな。
ふみゅ。とりあえずまず一作…って感じでしょうかo(^▽^)o

> 所で本を選ぶ時に偏りを感じた事はありますか?

あります!
実は私,ブログを始めたのもそのため…ってところがありまして。
偏りすぎて,もうだれの作品を読んだらいいか分からなくなってしまった…という(^^;)

> 人に教えてもらった物がとても良かったり

こういうこと,よくありますね~。
あと,「いいよ」というものを読んでみると,やっぱりよかったり(*^_^*)
人様がオススメしたくなる作品って,それなりに「何か」があるような気がします(^-^)v

三毛猫さんの最近のオススメは何ですか?
もしよかったら,教えてくださいね~(^o^)/
by: そら * 2011/08/06 22:21 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

お~っ!!!
でねちゃん,お久しぶり~~~\(^o^)/

> 私も慟哭はかなり前に読んだけど、衝撃的だったもんだから内容珍しく覚えてます。

うんうん!でねちゃんも,それくらい衝撃的だったのね♪
私も多分,結構後になっても覚えている…ような気がする(*^_^*)

> 騙されたわ!まさか彼が・・・!
> 胸にズシンとくるお話でした。

ですね~。
私も,「彼が…!」って分かった後にズシンと来ました。

> 今ね「永遠の0」を読んでるんだけど、なかなか進まない。

あはは!
「永遠のゼロ」かぁ。。。この本,次女も何度も挫折してる(^^;)
私も…あんまおもしろくなかったv-8
…無理して読むほどでもないのでは???なんて思ってしまうけど。。。
…世間的には感動した人が多いようではあるんだよね~(*^_^*)
…「おじいちゃんもの」って点で,でねちゃん向きな気もしなくもないが。。。

> 久しぶりに遊びにきたもんで、興奮して長文になっちゃった。ゴメンナサイ!

また,いつでも遊びにきてね~(^o^)/
(これだからブログはやめられないわ~♪)
by: そら * 2011/08/06 22:32 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

こんばんは^^お久しぶりです~
貫井さんの作品って面白いんですけど内容が重かったり長かったりして^^;なかなか読もうと言う決心が付かなかったりします。
なのでお気持ちは分かります~
確かにお子さんが小さいときには読めないですよね。被害者側にも加害者側にも立てるというか気持ちが痛いほどわかりますもんね・・・。

貫井さんの作品は皆さんおっしゃるように症候群シリーズはオススメです。暗くて長いですけど^^;
あと最近「明日の空」と言う本を出されたのですが、珍しく短くて珍しく学園ものです^m^
でも、最後まで読むと貫井さんの作品だなぁと思います。
by: 苗坊 * 2011/08/12 23:41 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

オススメは
ジョディー・ピコーさんの私の中のあなた
坂東眞砂子さんの死国、狗神、蛇神
今邑彩さんの蛇神4部作

信仰、宗教系や社会派系、ホラーを良く読んでます。
今の時期タイミングがいいかなー。
by: 三毛猫 * 2011/08/13 11:04 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

苗坊さん,こんにちはっ♪

お返事がすっかり遅くなってしまいました。
ごめんなさいm(_ _)m

> お気持ちは分かります~
> 確かにお子さんが小さいときには読めないですよね。

分かってもらえてうれしいよぉ~(*^_^*)

> 貫井さんの作品は皆さんおっしゃるように症候群シリーズはオススメです。暗くて長いですけど^^;

あら,暗くて長いの?
う~みゅ。。。。

> あと最近「明日の空」と言う本を出されたのですが、珍しく短くて珍しく学園ものです^m^

こっちを図書館で予約しましたよ♪
オススメありがと~\(^o^)/

> でも、最後まで読むと貫井さんの作品だなぁと思います。

これを肝に銘じておこうv-8

by: そら * 2011/08/16 18:17 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

三毛猫さん,こんにちはっ♪

たくさんオススメありがと~\(^o^)/

> ジョディー・ピコーさんの私の中のあなた

新井素子にも「私の中のあなた」って本があったなぁ…なんて,
どーでもいいことを思い出しましたv-8

> 信仰、宗教系や社会派系、ホラーを良く読んでます。

ホントに。
お盆の時期にはぴったりかと(^^;)
坂東さんの本,そういえば気になっていたんでした。
すっかり忘れていたけれど,
今度読んでみようかなと思います♪(今はコワイから後でね^^)

いろいろとありがとでした\(^o^)/
by: そら * 2011/08/16 18:23 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/1001-710649e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
『慟哭』
貫井徳郎 『慟哭』(創元推理文庫)、読了。 一気に読み上げました。 いろんな方のblogでこの作品が上げられているのを見て、 この作家と作品を初めて認識したのですが、 読んでみて、その人気のほどが... 観・読・聴・験 備忘録【2011/07/30 11:03】
慟哭 貫井徳郎
慟哭 オススメ! 佐伯は捜査一課長のキャリア組である。 30歳で年上の部下を従えている。 それを面白くないと思う人は大勢いた。 連続幼女誘拐殺人事件の捜査を現在担当しており ... 苗坊の徒然日記【2011/08/12 23:34】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。