スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「あした咲く蕾」 朱川湊人
2011 / 08 / 17 ( Wed ) 17:15:45
昭和な雰囲気満載な短編集でした。
ガツンと強い印象は残りませんが,
優しいお味。

★★★★☆

「赦されること」と「受け入れられること」それがこの世の中で、一番うつくしいことだと思いませんか。世界一、うつくしい物語。 (Amazonより)



好きっ!ってほど積極的なノリではないのだけれど,
「…嫌いじゃないな。。。」という感じ。



            

「あした咲く蕾」が「不思議でほんわか」とおっしゃったのは一個さん。

うん。確かに。

優しい・心温まる・どこか懐かしい
…そんな印象の作品は,反面どこか甘ったるく,鬱陶しく…
ということが多いのですが。
この作品は,ベタベタになりそうな一歩手前で現実世界に留まっている感じがありました。

さじ加減が絶妙です。

何とな~く心寂しいとき,
気づけばそっとそばにいる。。。
そんな感じの作品集でした。

朱川さん。もうちょっといろんな作品を読んでみたい作家さんです。


スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

朱川湊人 TB:0 CM:4 admin page top↑
<<「膠着」 今野敏 * HOME * 「慟哭」 貫井徳郎>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

そらさん、おはようv-411

あ~!朱川さんだ
うんうん、そうそう…

と読んでたら、自分の名前が…
びっくりしましたv-410

私も そらさんの
「ベタベタになりそうな一歩手前で現実世界に留まっている感じ」

という表現は、ぴったりだと思いました。
さすが、そらさんだな~v-345

お砂糖とミルク控えめのミルクティーみたいな朱川さんの作品、私もしばらくはまりそうです。

by: 一個 * 2011/08/18 11:51 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

一個さん,こんにちはっ♪

びっくりさせちゃってごめんね~v-8

いやいや,ホントに「不思議でほんわか」してたね~v-221

>私も そらさんの
「ベタベタになりそうな一歩手前で現実世界に留まっている感じ」
という表現は、ぴったりだと思いました。

そ,そう?
わ~い♪褒められちゃった\(^o^)/

> お砂糖とミルク控えめのミルクティーみたいな朱川さんの作品、私もしばらくはまりそうです。

「お砂糖とミルク控えめのミルクティー」かぁ!
言い得て妙!
うんうん。私もゆっくり長いスパンで読んでいきたいなと思ってます。
朱川作品には「黒・朱川」もあるみたいね。
乙一同様,慎重に選ばなくちゃと思っているので,
一個さんが読まれたら,ぜひどんな感じだったか教えてね~(^o^)/

by: そら * 2011/08/19 12:06 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆こちらに来てから。。。◆

今回江戸モノをさっさと読んでしまったので
主人の本棚の沢木さんの本を読んでます。
やっぱり面白いなぁ~~20代の頃ここまで
とはいかないにしても似たような旅をしていた
からよけいそう感じるのかも。そして今の私と
同じ年代の頃の著書『一号線を北上せよ』
はここ数年で行ったことのある場所か来年は
行こうと思っている場所ばかりでまたまた
面白かったわ。今は南シナ海でぼんやり
海を眺めながら過ごしています。
by: 一陽 * 2011/08/27 12:22 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

一陽ちゃん,こんにちはっ♪

> 主人の本棚の沢木さんの本を読んでます。

ご主人の本だったのね♪
沢木耕太郎,読んだことないんだ。
ず~っと昔,武田鉄矢が絶賛していたような気がする(*^_^*)

> 今は南シナ海でぼんやり
> 海を眺めながら過ごしています。

よい休日を♪
by: そら * 2011/08/29 15:31 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/1002-fcc5bf14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。