スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「膠着」 今野敏
2011 / 08 / 19 ( Fri ) 12:58:30
軽いサラリーマンものです。
新人くんに対する応援歌でもあります。
何度も奥田英朗さんの本じゃないよねと確かめてしまいました(笑)

★★★☆☆

起死回生の新開発製品は、「くっつかない接着剤」だった!! 新人営業マン丸橋啓太は何とか商品化すべく知恵を振り絞るが……。吉川英治文学新人賞受賞作家による書き下ろし作品。(Amazonより)



最後,もうちょっとあっと言わせてほしかったなぁというのが
正直な感想だったりします。

            


だって。

膠着した会議の果てに,
きっと新人君が一発かましてくれるんだろうとわくわくしていたら。

シリコングリスですかぁ。。。

シリコングリスって,
約30年前,私が学生だった頃にも
実験室に無造作に置いてあった代物で。

たとえていえば,
「虫さされにキンカン」みたいなイメージでして。

今さら開発しました!って言われても。。。
みたいな感じが否めません(^^;)

んでもって,
自作パソコンを作るときに使うことを想定しているわけだよね。

研究室に売り込むとか,
パソコン工場に売り込むとか,
そういうことじゃなく。

付箋みたいに日常的に使う文房具ということでもなく。

…私の偏った商品知識のせいかもしれないけれど,
目新しさのない製品で,しかもかなりニッチな気がしてしまい,
登場人物と一緒にすごい!やったね!という爽快な気分にはなれなくて。

何となく拍子抜け。

とても残念な作品でした。

こういう一発逆転系の作品は,作家さんの斬新なアイディアがとても大事なのね~と改めて思ったのでした。

ま,そんなアイディアがひらめいたら,
本なんか書いてないで企業に売り込んだほうが儲かるかもしれないですが。

「何をひらめくの?」なラスト前まではなかなか楽しく読めました。
通勤電車の中でさくっと読んで,
今日も一日がんばろう!
…そんな気分になる作品じゃないかと思います。

スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

今野敏 TB:0 CM:0 admin page top↑
<<「心は孤独な数学者」 藤原正彦 * HOME * 「あした咲く蕾」 朱川湊人>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/1003-9abf66a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。