スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「時空の旅人」 上・中・下 眉村卓
2011 / 10 / 03 ( Mon ) 16:45:24
1980年代のジュブナイルSF小説。
とても懐かしい匂いがしました。

★★★☆☆

洋心学園の生徒・信夫、真一と哲子、国語教師の北勉は、学校から帰るためスクールバスの発車を待っていた。と、そこへ不思議な姿をした少年が乗り込んできてバスを発進させてしまう。未来からやって来たと言うその少年アギノ・ジロは、バスをタイム・マシンとして戦国時代へと向かうというのだ。五人を乗せたバスは、まずは終戦直後の日本へ到着したのだが…そこにはすでに時間航行管理局の追っ手が迫っていた!歴史冒険SF開幕。(Amazonより)



3分冊ですが,さくさくっと読めました。
ざ・SF。




             

少年ドラマシリーズに中学生日記を混ぜたような雰囲気でした。

骨子はSFなんだけど,
登場人物の話し合いシーンが「学級会(見本)」って感じ。

一人で決めようとしない。
みんなが一人1回は必ず意見を出す。
一つの方向に空気が向く。
反対意見が激突することなく決定される。

80年代は,こういう話し合いが教育的に尊ばれていたのかもしれないなぁと思ったのでした。
そういえば,私が小4の頃,学級会にお偉いさんたちが見学に来るということで,担任の先生が脚本つくったことがありましたっけ。何回か練習させられて。
当日,みんなシナリオどおりに発言していて,
だれも違うことを言い出さないんだ。。。と妙に感心したことがありました。
私は。。。
私も多分,ちゃんと(!)一言セリフ,言えたんじゃないかなと思います。
怒られた記憶,ないし。
妙なことを思い出しました(^^;)

まぁ,そんなことはどうでもよくて。

自然発生的にリーダーが生まれ,その決断に皆が従う…というスタイルには,当時,古くささがつきまとっていたのかもしれませんね~。
そういう教育がどう花咲いたのかはよく分かりませんが。

タイムマシーンはなぜ動く。
時間軸はどうなっている。

これに対して,(未来から来た)時間管理官は「よく分からない」と答えます。
なんかちょっと笑えました。
私もパソコンの中身をよく知らずに使っているし。
普及するってそういうことかもしれないなぁ。

SF的な大命題をさらっとクリアしていて,
「さすが眉村さん!」と思ったのでした。
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

眉村卓 TB:0 CM:4 admin page top↑
<<「麒麟の翼」 東野圭吾 * HOME * 2001年夏ドラマ>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

まさか、レビューしていただけるとは思わなかったので、(無理矢理読ませたものとして)恐縮です(^^ゞ

>これに対して,(未来から来た)時間管理官は
>「よく分からない」と答えます。
言い切っちゃったですよね。私もそこが新鮮でした。それが仁と違うところなのかな(^^ゞ

学級会みたいな議論…っていうのは、全く違和感なく読んでいたので、指摘されて気がつきました。確かにリーダーいませんよね。

 紹介した私以上に読み込んでくださってありがとうございました。
by: nagayume * 2011/10/04 12:36 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

nagayumeさん,こんばんはっ♪

いやいや。
読んだ本は書いとかないと,忘れちゃうしv-8
それに,私もちょっと興味があったし(*^_^*)

この本,仁の話からご紹介いただいたのよね。
そこ,書くのコロッと忘れてました(^^;)

> >これに対して,(未来から来た)時間管理官は
> >「よく分からない」と答えます。
> 言い切っちゃったですよね。私もそこが新鮮でした。それが仁と違うところなのかな(^^ゞ

新鮮で,そして妙な説得力がありましたよね~(*^_^*)
例えば半導体がどうして電気を通すのか…なんて,
高校の化学で習った気がするけどすっかり忘れていて,
それでも普段,全然困ることなく使っている。
同じように,時間をさかのぼれるようになった時代の人間は,
なぜ時間をさかのぼれるのかすべてを説明できるほど原理を知っていなくても
タイムマシーンを使いこなせる。
すんごく納得しちゃった(*^_^*)

ただね。
タイムマシーンとかパラレルワールドとかの場合,
ゆっくりかみ砕いて講義されてもきっと理解できないだろうなぁと思うのよ。
分子だの原子だのそんなちっちゃな世界には,
可視レベルで生きている私たちの常識が通用しないルールがあるっぽく,
そこは実感・納得できない部分なんじゃないかなぁと。
「仁」で「分かんないのがふつーじゃない?」というようなことを言ったのは,
そんな気持ちがあったから…だったのでした。

> 学級会みたいな議論…っていうのは、全く違和感なく読んでいたので、指摘されて気がつきました。確かにリーダーいませんよね。

ね。
みんなで決めることがいいことだ…って精神に溢れてましたよね(*^_^*)
悪いことじゃないだろうけど,
そんなに悠長なこと言っていて大丈夫なの?ってシーンもあったりして。
(結果,大丈夫だったけど^^)
ちょっとおもしろかったです♪

眉村さん,すんごく久しぶりで懐かしかったです♪
さらっと読んでしまったけど(^^;)

これに懲りず,またおもしろそうな本があったらご紹介くださいね~(^o^)/
by: そら * 2011/10/04 20:59 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

懐かしっ!

たしか中学生ぐらいの時に読んだ記憶が。(まさに中学生日記!)アニメ化もされてた筈。

この時代はSFジュブナイルが全盛で、御三家さん、新井素子さん、眉村さん、平井さん、夢枕さん、菊池さんなどを好んで読んでました。残念なことに、今ではすっかりSFって廃れちゃいましたよね。

いや、それにしても懐かしい。いい機会だから「妻に捧げた1778話」読んでみようかな?
by: Koo± * 2012/04/05 15:49 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆koo±さん♪◆

> 懐かしっ!

中学生かぁ。
どんな子だったのかしらね~(*^_^*)

> この時代はSFジュブナイルが全盛で、御三家さん、新井素子さん、眉村さん、平井さん、夢枕さん、菊池さんなどを好んで読んでました。残念なことに、今ではすっかりSFって廃れちゃいましたよね。

平井さんの狼男,私も懐かしいわ~。
なんかどんどんシリアスになっていって,
この方だいじょーぶかしらんと思った記憶が(^^;)

> いい機会だから「妻に捧げた1778話」読んでみようかな?

毎日1話ずつ見せた…ってやつね。
読んだら感想教えてね~(^o^)/

by: そら * 2012/04/06 19:43 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/1008-25cd305a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。