スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「戸村飯店青春100連発」 瀬尾まいこ
2011 / 11 / 21 ( Mon ) 16:17:17
どこかで読んだことあるなぁと思っていたら,
ここで第1章だけ読んでいたのね。

いろんな方にオススメされた本ですが,
うん!おもしろかった!

★★★★☆


大阪の下町にある中華料理店・戸村飯店。この店の息子たちは、性格も外見も正反対で仲が悪い。高3の長男・ヘイスケは、昔から要領が良く、頭もいいイケメン。しかし地元の空気が苦手で、高校卒業後は東京の専門学校に通う準備をしていた。一方、高2の次男・コウスケは勉強が苦手。単純でやや短気だが、誰からも愛される明朗快活な野球部員。近所に住む同級生・岡野に思いを寄せながら、卒業後は店を継ぐつもりでいた。
春になり、東京に出てきたヘイスケは、カフェでバイトをしながら新生活をはじめる。一方コウスケは、最後の高校生活を謳歌するため、部活引退後も合唱祭の指揮者に立候補したり、岡野のことを考えたり、忙しい日々を送っていた。ところが冬のある日、コウスケの人生を左右する大問題が現れて……。 (Amazonより)




【こちらの記事も♪】

苗坊の徒然日記



            


関東在住の私の持っている大阪のイメージそのものでした。

大阪の人が読んだら「あるある!」なのか,「誇張しすぎじゃない?」なのか,知りたいところです。

第1章では何を考えているのかよく分からなかったヘイスケですが,
第2章で,生き生きと動き始めます。

ヘイスケとコウスケ。
性格の異なる兄弟2人,どちらも動き始めると,
俄然物語はおもしろくなります。

コウスケの見たヘイスケ像と,ヘイスケ自身のヘイスケ像の違いとか,
その逆とか。
兄弟って,分かっているようで分かっていない。
お互い,自分にないものを持っている相手に対して複雑な思いを
隠し持っていたりしますよね~。
隠してるってところが,また兄弟だなぁと思います。

そんな兄弟がもう少し大きな視点で相手を見ることが出来るようになっていく。

この認識の変化って,一瞬の啓示のようなものであり,
本人が後で思い出そうとしても思い出せないような,
そんなたぐいのことであるように思います。
…成長って,大きくなって初めて成長したことを感じるけれど,
…伸びてる瞬間を見ることはなかなかできないですものね。

この作品は,
そんな一瞬のきらめきを,
リズムよい文体に乗せてうまく描かれていたのではないかしらん。

…ちょっとそんなことを思いました。


この2人のお父さんが,またいいなぁ。
2人をよく見ていらっしゃる。

私が一番好きな場面は,
東京でひとり暮らしを始めたヘイスケのもとに
大阪在住の知り合いの兄さんがやってくるところ。

いや~。笑わせてもらいました。
本読みながらゲラゲラ笑ったの,
久しぶりです。

清々しく爽やか。
そんな読後感を持ちました。

スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

瀬尾まいこ TB:1 CM:6 admin page top↑
<<「神様のカルテ」 夏川草介 * HOME * 「バイバイ,ブラックバード」 伊坂幸太郎>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

こんばんは^^
ヘイスケとコウスケの正反対な性格がよかったですね。
それぞれ悩みを抱えつつ大人になっていく感じが青春だな~と思いました^^
2人は喧嘩しつつも一緒にお店を守っていってほしいなと思いました。
by: 苗坊 * 2011/11/21 17:33 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

苗坊さん,こんばんはっ♪

早速にコメントありがと~\(^o^)/

> ヘイスケとコウスケの正反対な性格がよかったですね。

うんうん。こういう兄弟,結構いそうな気がするよね(*^_^*)
ホント,「青春!」って感じが爽やかでした。

>2人は喧嘩しつつも一緒にお店を守っていってほしいなと思いました。

私は,
まぁ,コウスケは客として出入りしてくれればいいかな…とか思ったけどv-8
by: そら * 2011/11/21 20:55 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、こんにちは!!

そらさんのブログを見て、読んでみました。
初、瀬尾さんでした。

読みやすくて、面白かったです。
やさしい気持ちになれる話ですが、
決してわざとらしかったり嘘臭くはなかったところが良かったです。

こんな息子たちならいいな~と、母親の気持ちで読みました。
by: nao * 2011/12/08 08:01 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆naoさん♪◆

naoさん,こんばんはっ♪

> そらさんのブログを見て、読んでみました。
> 初、瀬尾さんでした。

おーっ♪
そうだったのね\(^o^)/

naoさんにも気に入ってもらえて,
なんかうれしいっ♪

柔らかい感じで,普段の傾向とは違うテイストではあるけれど,
こういうのもたまにはいいよね♪
私も時々読みたいなって思ってます♪

> やさしい気持ちになれる話ですが、
> 決してわざとらしかったり嘘臭くはなかったところが良かったです。

そうそう!
なんか「確かな手触り」というか「空気」というか,
そういうのがあるよね。

> こんな息子たちならいいな~と、母親の気持ちで読みました。


うんうん。まっすぐ育っていて,いいよねっ♪


by: そら * 2011/12/10 18:43 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆ご無沙汰しております◆

「戸村飯店」、良いお話でしたね。
自分で自分の生き方を選ぶ。そんな環境を与えてくれたお父ちゃんとお母ちゃんに「ありがとう」と言いたくなりました。

今年も押し詰まってまいりましたね。
どうぞ良いお年をお迎えください。
また来年もお邪魔させていただきます。
by: もじもじそわそわ * 2011/12/28 20:53 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

もじもじそわそわさん,こんばんはっ♪

今年は遊びに来てくれてありがと~\(^o^)/
来年も,もしよかったら遊びに来てね~♪
待ってるよ(*^_^*)


> 「戸村飯店」、良いお話でしたね。
> 自分で自分の生き方を選ぶ。そんな環境を与えてくれたお父ちゃんとお母ちゃんに「ありがとう」と言いたくなりました。

お父ちゃんとお母ちゃん,いい味出してましたよね~。
こんなふうに子どもを育てたいと思うけど,
ちょっと手遅れかも(^^;)

by: そら * 2011/12/31 01:45 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/1013-65637907
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
戸村飯店青春100連発 瀬尾まいこ
戸村飯店青春100連発クチコミを見る 大阪の下町にある中華料理店・戸村飯店の二人の息子は、性格も見た目もまるで正反対。 東京、大阪と離れてくらす兄弟が再会をきっかけに人生を ... 苗坊の徒然日記【2011/11/21 17:30】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。