スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「きもの読本」 中原淳一
2012 / 11 / 29 ( Thu ) 22:02:58
「中原淳一」って,戦前に流行っていた(らしい)少女小説の匂いがします。

お洒落でかわいい「きもの乙女」の絵が満載された、淳一ファン待望の一冊! 美しい着つけのためのアドバイスや髪型のアレンジの仕方、きものの文様の解説などのエッセイを収録。(Amazonより)


私,レトロな着物が好き…ということもないので,
ふんだんな挿絵には,「ふーん」くらいの印象ですが。

着物のよさに始まって,
ヘアメイクの仕方から,着付けの極意(?)まで,
懇切丁寧に書かれていて,
なかなか充実していました。

実は私,このエッセイを読んでいて,軽く動揺したことが。

本文中,ぐだぐだに着物を着付けてきた女性の着付けを直してあげたというくだりがありまして。
しかも肌着から!

奥さんでも恋人でもなさそうな,
着付けをイチからやり直してもらった女性。
「私のところによく訪ねてくる,働く若い女性のグループ」の1人だとか。

…えっ!中原淳一って女性だったの?と思ってしまった私。
どうやられっきとした男性らしい(^^;)

中原淳一ってどんな方だったのかしらん。

今で言うとIKKOさんみたいな感じ?
それでも肌着からはナシだよなぁ。。。。

なんて,ヘンな方向に妄想が膨らんだのでした。

その後の
「とにかくきものは,ピチッと,そしてきっちり着てやろうと心得てください。そして何度も何度も自分で着ているうちに,自分にどんな着付けが似合うかを自然に覚えてしまうのです」
が霞んでしまったのでした。…あはは!



スポンサーサイト
着物関連 TB:0 CM:2 admin page top↑
<<「運を育てる」 米長邦雄 * HOME * 「日本人の知らない日本語」 >>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆あはは◆

それは確かに衝撃ですよね~動揺するのも納得です。
おばちゃんの感覚だと、男性の前で帯を解く時点でもうダメッ!って感じf^_^;
「長襦袢は下着じゃない。シャツのようなもの」と言われても、長着を脱ぐなんて!まして肌着なんてあり得なーい\(◎o◎)/

他の(たぶんもっと肝心な)箇所が霞んでしまうの、わかります…
by: 露草 * 2012/11/30 12:35 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆露草さん,こんにちはっ♪◆

> 「長襦袢は下着じゃない。シャツのようなもの」と言われても、長着を脱ぐなんて!まして肌着なんてあり得なーい\(◎o◎)/

ですよね~~~!
よかったよかった,同じ感覚の方がいらして(*^_^*)

庭先で行水とか,混浴風呂とか,そーゆー感覚が残っているのか?
とも思いましたが,
そこまで古いお話でもなさそうだし。
若いお嬢さんなので,もしかしたら
パパッと脱いじゃうのが「格好いい」って感じだったのかなぁ。
やっぱり中原さんだったらOKな雰囲気だったのかなぁ。

いろいろ思いを巡らせました(*^_^*)

…だからここ,そんなに立ち止まるところじゃないってばv-8

by: そら * 2012/11/30 17:26 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/1060-ab7b3851
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。