スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「ナミヤ雑貨店の奇蹟」 東野圭吾
2013 / 01 / 29 ( Tue ) 20:10:47
またまた読んだ本がたまってきました(^^;)
まずは,直近に読んだ本から。

★★★★☆

夢をとるか、愛をとるか。現実をとるか、理想をとるか。人情をとるか、道理をとるか。家族をとるか、将来をとるか。野望をとるか、幸せをとるか。あらゆる悩みの相談に乗る、不思議な雑貨店。しかしその正体は…。物語が完結するとき、人知を超えた真実が明らかになる。 (Amazonより)



失礼ながら,「東野さん,こういうものも書けるんだ」と思いました。

推理小説ではありません。
ちょっとSFチックなファンタジーかなぁ。

ハートフルな物語で,
ラストの落ちもなかなかでした。

【こちらの記事も♪】
苗坊の徒然日記




            


このお話,あっちやこっちが繋がっています。
こういう類のお話は,「安直じゃない?」…な印象を持ちがちな私ですが。
この作品は,そうだよなぁ~。。。「風が吹いたら桶屋が儲かる」じゃないけれど,みーんなどこかで繋がっているんだよなぁと,なんか素直に思えました。

人には見えない大きな「繋がり」を感じさせたお話でした。

ストーリー的には,ちょっとややこしいながらも,単純に言うと「ナミヤ雑貨店の人がお悩み相談に乗る」お話です。

お悩み相談ではないけれど,電話ボランティアをしている私。
いろいろ教えられるところが多かったです。
共感できないことには「共感できない」と言うことも,
ある意味大事なことだよなぁ。。。。なんて。
つまり,「私」と「あなた」,どちらも本気のキャッチボールなんだよね~なんて。
ナミヤさん(本家)の真摯な態度に胸打たれました。


人と人との繋がりが切れるのは,何か具体的な理由があるからじゃない。いや,見かけ上はあるとしても,それは既に心が切れてしまったから生じたことで,後からこじつけた言い訳みたいなものではないのか。。なぜなら心が離れていなければ,繋がりが切れそうな事態が起きた時,誰かが修復しようとするはずだからだ。それをしないのは,すでに繋がりが切れているからなのだ。



一筆啓上……(中略)……まだ女学生であった貴方の心を惑わし,あろうことか,ご家族の皆さんと離ればなれの人生を歩ませようとしたこと,振り返れば大悪事であったと思います



とっても個人的なことなので,ここでは割愛させていただきますが。
最近の私には,一番心に響く言葉でした。







スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

東野圭吾 TB:2 CM:4 admin page top↑
<<「ボクは坊さん。」 白川密成 * HOME * 「日本人のしらない日本語 2」>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

こんばんは^^
面白かったですよねー。
この本を読んでいたら同じ東野さんの「トキオ」を思い出しました。ファンタジーテイストが懐かしかったです。
短編集がいろんなところでリンクしていて、上手いなぁと思いました。人は繋がっているんですよね。
ナミヤさんがとても素敵な方でした。
泥棒3人衆も^^きっと大丈夫だと思いました。
by: 苗坊 * 2013/01/29 20:29 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆苗坊さん♪◆

コメント早っ!
びっくりしましたo(^▽^)o
ありがとね~\(^o^)/

>「トキオ」を思い出しました。

あーそうだ!なんか既視感があったのだけど,
確かに「トキオ」のSFテイストでしたね~♪

うんうん。東野さん,やっぱ上手いね(*^_^*)
そう思えた作品って久しぶりだったので,
ちょっとうれしかったです。

>ナミヤさんがとても素敵な方でした。
泥棒3人衆も^^きっと大丈夫だと思いました。

ナミヤさん,すごく好きでした。
泣きそうになるくらい,いい人だよね。
泥棒3人衆,私も大丈夫だと思います(^-^)v
そういうふうに読者に思わせる終わり方,
とってもよかったと思います♪




by: そら * 2013/01/29 20:51 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

そらさん、こんにちは(^^)

いい話ですよね!
東野さんには批判的な感想を持ってしまうことが多い私にも、
物語の世界にすっと入ることができました。

『イルマーレ』と『生協の白石さん』のパクリ・・・?とは、ちょっと思いましたが、
でも、東野さんらしい味付けで、
若者に希望を与えるラストで、良かったと思います。

無理にトリックに凝ったり、下手なおしゃれをしないで、
こういう優しい作品を書き続けていって欲しいです。
by: nao * 2013/02/01 15:10 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆naoさん,こんばんはっ♪◆

> いい話ですよね!
> 東野さんには批判的な感想を持ってしまうことが多い私にも、
> 物語の世界にすっと入ることができました。

うんうん!
この作品は,私も批判的にならず(!)
とっても素直に読めました♪

>
> 『イルマーレ』と『生協の白石さん』のパクリ・・・?とは、ちょっと思いましたが、

私も,東野さん,『生協の白石さん』を読まれたんだろうなと思いました(*^_^*)

> 無理にトリックに凝ったり、下手なおしゃれをしないで、
> こういう優しい作品を書き続けていって欲しいです。

あと,ヘンに社会派を狙わないで…ねv-8

by: そら * 2013/02/03 23:05 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/1069-207e568d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ナミヤ雑貨店の奇蹟 東野圭吾
ナミヤ雑貨店の奇蹟著者:東野 圭吾角川書店(角川グループパブリッシング)(2012-03-28)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る オススメ! 夢をとるか、愛をとるか。現実をとるか、理想をとる ... 苗坊の徒然日記【2013/01/29 20:25】
『ナミヤ雑貨店の奇蹟』 東野圭吾
嫁さんが図書館で借りてきていた「東野圭吾」のファンタジー作品『ナミヤ雑貨店の奇蹟』を読みました。 [ナミヤ雑貨店の奇蹟] 「東野圭吾」作品は『ちゃれんじ?』以来なので、約2ヶ... じゅうのblog【2013/03/06 21:51】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。