スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「訪問者」 恩田陸
2013 / 03 / 16 ( Sat ) 02:58:08
ええ,最初のシーンで,
「これ,読んだことある」と気づきました。
気がつきましたとも。
でもストーリーは最後までちーっとも思い出せなくて。
だから最後までおもしろく読みました


今見たら,ちゃんと感想書いてますね~。
そうか。以前もちゃんと読み切ったんだ('◇')ゞ

「舞台みたいだな」と感じたのは,以前も同じことを思ったのね(^^;)

でも以前に読んだときには,「もっと空間的な広がりのあるものを読みたかった」と書いていますが,
今回はそんなふうには思わなかったなぁ。

むしろ閉じた空間だからこその濃密感を堪能しました。

恩田さんの作品は,映像として記憶に残るんですねぇ。
女の子が飛び出してくるシーン。
ボートに揺られて一人の女性が佇むシーン。
湖畔に女性が立っているシーン。
大雨の中,窓から侵入者が入ってくるシーン。

あちらこちらに,「あ,これ見たことある」というシーンが散らばっていました。
これってすごいことなんじゃないかしらん。
恩田さんの筆力の高さに改めて気づかされました。

けど。。。。
登場人物がややこしかったなぁ。
特にじいちゃん3人は兄弟なので名前も似ていて,
どうしてもうまく人物像が作れませんでした。
…これ,いっそのこと本当にテレビドラマで演じてもらったほうがわかりやすいかもしれない…なんて思いました。

最初に出てきた記者さんは,「何か裏があったはず」なんて曖昧な記憶をもとに読んでいたものだから,最後まで疑いの目を向けていました。
…なーんだ。大した裏じゃなかったんだ。と思いました。

何だかこの本,やっぱりストーリーは記憶の泥沼の中にズブズブと埋もれてしまいそうだけど(^^;)
うん。でも,それでもいいんだろうな。
また,同じ本で楽しめるし。

読んでいる間の異空間に漂う感じも,
かけがいのない読書の楽しみの一つなんだな,
と再認識したのでした。


スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

恩田陸 TB:0 CM:0 admin page top↑
<<「七夕の国」 岩明均 * HOME * 「ジウ Ⅱ」「ジウ Ⅲ」 誉田哲也>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/1074-794d57fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。