スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
「あさイチ」 プレミアムトーク~渡辺和子
2014 / 07 / 29 ( Tue ) 15:35:08
宗教家ってちょっと苦手。
「そんなんできれば苦労しないわ」なきれいごとばかり言うんだもの。

そう思っているけれど、シスター渡辺のおっしゃることは、
何だかとっても素直に心に入ってきた。

この日のトークは彼女の生い立ちであったり、
老いや病をどう受け止めるかという話であったり、
いろんなテーマが散りばめられていたけれど。

「許す」もそのテーマの一つだったと思う。

「相手を許すということは、その人に囚われなくなる、自分が自由になるということ」

「許さない状態は相手と同じレベルに下がっている状態」

「(そう思ってもやっぱり)許せなかったら距離を置く。断捨離ではないけれど」

「That's his problem.」

「親子であっても夫婦であっても別人格」

・・・・意訳、含まれています(笑)
・・・・けれども私、「そうだよなぁ~」と何だかとってもスッキリしました。

「ただいま」と言って「お帰りなさい」と返してくれないと
ちょっと「切れそうになる」とおっしゃるシスター。

ピーマンが嫌いでお肉が好きで、
「パプリカをピーマンじゃないとおっしゃる」
「週(月だったかな?)2、3回しか出していただけない」とさりげなく愚痴るシスター。

若い頃は結構モテてたと何となく匂わすシスター。

ほんわかした雰囲気と上品な言葉づかいで騙されそう(?)になるけれど
言葉の端々にめっっっっちゃ頭のよい方なんだろうなと思わせるシスター。

本当は、そんなにイラッとはしていないのかもしれないし、
ピーマンだってしょうがないと受け入れているのかもしれない。
でもあえてちょっとした心の揺れを「世俗の感覚」として大事にしているような気もして。

すごく魅力的でした。









スポンサーサイト
てれび TB:0 CM:0 admin page top↑
<<「ペテロの葬列」第3回 * HOME * 気になった映画>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/1099-c9799899
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。