FC2ブログ
「りかさん」「からくりからくさ」梨木香歩
2005 / 09 / 08 ( Thu ) 10:30:55
久しぶりに以前読んだ本のご紹介。
去年の冬は梨木さんの作品に出会った冬でした。
私の大切な本になっています。

★★★★★

りかちゃん人形がほしいとおばあちゃんにおねだりして、
届いたお人形は市松人形のりかさんでした。
不思議な人形、りかさんと小学生のようこちゃんのお話、
「りかさん」

蓉子さんが大人になって、
亡くなったおばあちゃんの家で3人の下宿人と日々を送る
「からくりからくさ」

そこで生まれた赤ちゃんをめぐるお話、「ミケルの庭」
これは文庫本の「りかさん」に収録されています。

「りかさん」→「からくりからくさ」→「ミケルの庭」の続き物です。

こっちの作品があっちの作品の伏線になり、
あっちの作品がこっちの作品につながっている。

全編通じて、蓉子の穏やかな包み込むような性格が反映されて、
暖かく優しいトーンになっています。

「りかさん」
私は3編の中では蓉子がまだ小学生だったときの「りかさん」が一番好き。
蓉子が日米親善使節団としてやってきたお人形、アビゲイルを抱く場面。
蓉子が染色に目覚める場面。
激しく心が揺さぶられ、そして気持ちが潤います。

「からくりからくさ」
かなり複雑な作品です。
3代も前の因縁、マグマのような人間の業、民族意識、芸術性と日常性、心の葛藤なんかが、
うねうねとのたくっていて、
そこに蓉子の繊細な感受性や穏やかに流れる生活が滋味あふれる色彩となって絡み合っているよう。

この作品はまあ、すっきりさっぱりとは分からないのが持ち味なのではないかしら。

こんなところにこんな模様が、と見るたびに新しい発見のあるタペストリーみたいに、
自分の心持ち次第でいろんな色が見えてくる作品のように思えます。

最初のうちはこの複雑さに辟易していたけれど、
そのうち全体が見通せなくても気にならなくなってくる、
また読み返したい不思議な本でした。

「ミケルの庭」を読んでる最中、
ああそういえばと、「りかさん」でりかさんが背負った使命が「からくりからくさ」で果たされたことに気が付きました。
気が付いたら涙が出てきました。
スポンサーサイト



梨木香歩 TB:3 CM:8 admin page top↑
<<「西の魔女が死んだ」梨木香歩 * HOME * ホンジュラス戦>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ◆◆

こんにちは。
りかさんがイチバンお勧めなんですね。
また機会があったら読んでみたいです♪
by: ゆうちゃん♪ * 2005/09/10 13:41 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

ゆうちゃん♪こんばんは♪

>りかさんがイチバンお勧めなんですね。

この3編の中ではね。
梨木さんの作品の中では、「エンジェルエンジェルエンジェル」
が一番好きです。
よいよv-238
by: そら * 2005/09/10 23:28 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

はじめまして。
わたしも、つい最近、『りかさん』と『からくりからくさ』を読んで、たいへん気に入りました。
『からくりからくさ』は縺れた糸が解けていくのか、さらに縺れて行くのか、よくわからないところがありますよね。ひさしぶりに登場人物の相関図をつくって読んだ小説です。(ま、そんなややこしい話じゃないけど)
by: かわうそ亭 * 2005/09/15 16:10 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

かわうそ亭さん、はじめまして♪
コメントありがとうございました♪

>登場人物の相関図をつくって読んだ小説

私も作ったような気がします。。。
実物がないので、作ろうと思っただけなのか、ちょっと定かじゃないんですけど(^^;)

途中で分からなくなってきますよね。
十分ややこしいのではないかな~。

また、何年後かに読み返してみたいな~と思った本です。
もしよかったら、またお越しくださいね♪
by: そら * 2005/09/15 17:17 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

今度は私がTBできなくなりました。「沼地のある・・」を読んでいるところです。夏目漱石とは違うということも良く分かりました。漱石の記憶が間違っていたのです。
by: saheizi-inokori * 2005/09/20 14:47 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

saheizi-inokoriさん、こんにちは♪

あらま、saheizi-inokoriの記事も迷子ですか?
今頃どこで遊んでいるんでしょうねぇv-290

「沼地のある森を抜けて」。
いかがですか?
読み終わったらぜひぜひ感想をお聞かせください♪
楽しみにしてますねv-353
by: そら * 2005/09/20 16:27 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆読むには読んだのですが・・◆

TBに書いたとおり、まとめにクロウします。面白いのです。夢中になって読みましたが、混沌とした感動?
by: saheizi-inokori * 2005/09/24 07:37 * URL [ *編集] * page top↑
  ◆◆

saheizi-inokori さん、こんにちはっ♪

「沼地の…」、

>混沌とした感動?

うわっ♪またまた「複雑なのがいいところ」な梨木ワールドなのですねv-290

無理にまとめず、ゆっくりじっくり味わってください。
私も読みた~いe-266
by: そら * 2005/09/24 13:35 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/tb.php/111-a95641af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
秋田神宮寺の旅  梨木香歩「からくりからくさ」と
残暑たけなわの東京を抜け出て東北路を”こまち”で北上。まぶしい日差しをさえぎるためにシエードをおろして「からくりからくさ」の、りかさんを取り巻く4人の女性の”結界”世の中が凄い勢いでかわっていく、というより攪拌されていくようでめまいがとまらない、けれどあ 梟通信~ホンの戯言【2005/09/16 10:32】
「シンデレラマン」は分かりやすいのだが 今度の梨木さんむづかしいよ
映画「シンデレラマン」は俺好み。涙腺緩む。スポーツを扱うとアメリカ映画は強い。日本映画でこれはというスポーツ映画あるかな。ボクシングを扱った感動の物語と言えばつい「ミリオンダラー・ベイビー」と比較したくなるが、俺なんかは「シンデレラマン」の方が分かりやす 梟通信~ホンの戯言【2005/09/24 07:38】
『りかさん』
『りかさん』 (新潮文庫)著:梨木香歩主人公のようこはリカちゃん人形が欲しかったのだ。そしておばあちゃんに頼んだが、送られてきたのは真っ黒の髪の市松人形だった。そう、 もみじの本屋【2006/01/12 22:36】
* HOME *